『マカロニほうれん荘』 飛び抜けて早かった炸裂するギャグセンス
2017年10月26日 更新

『マカロニほうれん荘』 飛び抜けて早かった炸裂するギャグセンス

1970年代後半の「少年チャンピオン」最盛期に登場した、時代に先駆けすぎたスラップスティックなギャグマンガ。「消えたマンガ家」でも有名なこの作品をご紹介!

45,240 view

少年チャンピオン最盛期に、こんなギャグマンガがあった

『マカロニほうれん荘』(マカロニほうれんそう)は、鴨川つばめによるギャグ漫画作品。「週刊少年チャンピオン」(秋田書店)において1977年から1979年まで連載された。
秋田書店のこの背表紙。なつかしい!

秋田書店のこの背表紙。なつかしい!

1970年前半の少年チャンピオンは「少年マガジン」「少年サンデー」「少年ジャンプ」の3大週刊少年マンガ雑誌の後発誌でした。
伝説の編集者といわれる壁村耐三のもと、全作品に対し原則読み切り、各回にクライマックスをつくるという方針で誌面をつくり、
虫プロ倒産で半分死に体だった手塚治虫を復活させ、
1977年には200万部を売り上げ、それまで業界トップのジャンプを抜くまでに至ります。
秋田書店【週刊 少年チャンピオン 1978年(昭和53...

秋田書店【週刊 少年チャンピオン 1978年(昭和53年)33号】

表紙に並んでいる題名だけ見ても豪華ですねえ
当時の少年チャンピオンの連載陣は
「ブラック・ジャック」手塚治虫
「がきデカ」山上たつひこ
「ドカベン」水島新司
「750ライダー」石井いさみ
「エコエコアザラク」古賀新一
「月とスッポン」柳沢きみお
といった豪華なもので、
そこの一角に「マカロニほうれん荘」はありました。強烈に。

作者の鴨川つばめ もとはジャンプでデビューの人

1975年『週刊少年ジャンプ』(集英社)において、月例の新人漫画賞であるヤングジャンプ賞(現在のJUMP新世界漫画賞)受賞作品『ドラゴン危機一髪』でデビュー。その後数本の読み切り作品を執筆後、『月刊少年チャンピオン』(秋田書店)に移り『プルプルぷろぺら』を連載開始。
1977年、『プルプルぷろぺら』に変わって『ドラネコロック』を、また、『週刊少年チャンピオン』にギャグ漫画『マカロニほうれん荘』を連載開始。一躍人気漫画家となり、この時期の日本ギャグ漫画界の頂点を極めるほどの活躍を見せる。
1977年4月の週刊少年チャンピオン増刊号に
「呪われた夜」という読みきりが掲載されましたが
そこに、のちの「マカロニほうれん荘」のキャラは揃っていました。

「呪われた夜」を連載という形で掲載することを
少年チャンピオン編集部のほとんどが反対したが、
編集長の壁村氏が「かわいいから」という理由でごり押しした
というエピソードがあるそうです。
大泉 こういうものすごく先端的な、当時で言えばロックの良さなんかを感じているし、いろんな意味でタブーを打ち破ってきた漫画だったと思うし、当然編集サイドからの苦情とかも。
鴨川 いやぁ、本当に壁村さんが編集長だったからこそ、あの連載も実現したわけですし。他の人だったら・・・・・・、うん、あの作品もなかったと思います。あの人が独断で決めたわけですから、あの連載は。周りは全部「やめとけ」っていう。編集部、全員反対だったんです。
出典 消えたマンガ家―ダウナー系の巻 (新潮OH!文庫) 大泉実成著 2000.12

あらすじは・・・ほぼ、ない(笑

主人公の沖田そうじは、都内の高校「ピーマン学園」に入学した1年生。その入学式の日、校庭で同学園のOBらしき2人組を目撃する。式が終了して教室に入ると、なぜかさっきの2人組が教室の中にいた。実は2人は同学園の究極の落ちこぼれ、落第生として学園内で知らない者はいない金藤日陽と膝方歳三であった。
マカロニほうれん荘のwikipediaには、ストーリーとしてもう少し書き足してあります。
その2人組はそうじの住まう「ほうれん荘」の住人だったという落ちですが
それとて連載第一回の内容のみ。
つまりそれ以降はストーリーがありません。
ピーマン学園とかほうれん荘周辺でのドタバタが毎回毎回くりひろげられます。

ちなみになんでピーマンかと言うと
当時「話がピーマン」「頭がピーマン」という言葉がはやっていたんですね
(ピーマン→中身がすかすか)。

とんでもないキャラ立ち「トシちゃん」と「きんどーさん」

この二人、主人公じゃありません(笑)
トシちゃん:膝方歳三(ひざかたとしぞう) 高校1年生25歳
トシちゃんかんげきーーーっ

このひし形の口がトシちゃん
ピーマン学園落第10回生で25歳。名前は新選組副長土方歳三に因む。父は宇宙人、母はオーストラリア大ミミズ(作中で膝方が見せる写真にはカンガルーが映っている)。背が高く、常に身につけているサングラスと口ひげがトレードマークで、サングラスを外したときの素顔はきんどーさんですら知らない。「カマキリ拳法」(モチーフは蟷螂拳)を基本とする武道全般を嗜み、超人的な身体能力を誇る。(コミックス2巻では百歩神拳まで披露している)きんどーさん曰く、全運動部のOBとのこと。普段はクールな二枚目だが、おどけると口が菱形になる。
ちなみに、トシちゃんのビジュアルはブライアン・フェリーがモデルのようです。

「七味とうがらし」というペンネームで絵本も書いてます。
トシちゃんの大脳の周りを一定の周期でまわる小脳が
軌道上のある位置に来た時に脳細胞に変化が起こって
「七味とうがらし」という絵本作家に変身するという。
絵本作家の時のトシちゃんは至極まとも。
サングラスはなしで、前髪をおろしてアンニュイな感じです。
当然「ちょーーーーー」とかも言わない(笑
ブライアン・フェリーはこんなひと

ブライアン・フェリーはこんなひと

かっこええ。
1980年代前後に活躍したイギリスのロックミュージシャンですね。
きんどーさん:金藤日陽(きんどーにちよう) 高校1年生40歳
75 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン!四大少年漫画雑誌の歩み。

ジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオン!四大少年漫画雑誌の歩み。

四大少年漫画雑誌といえばジャンプ、マガジン、サンデー、チャンピオンという認識で共通しているかと思います。多くの人にとっては「ジャンプ最強」だったと思いますが、年代によってメインで読んでいた雑誌が違うかもしれませんね。四大少年漫画雑誌の歩みについて。
青春の握り拳 | 3,602 view
「スケバン刑事」の和田慎二の傑作選「あさぎ色の伝説 試衛館の鷹」が発売!彼の遺した名作を振り返る。

「スケバン刑事」の和田慎二の傑作選「あさぎ色の伝説 試衛館の鷹」が発売!彼の遺した名作を振り返る。

「スケバン刑事」などの代表作を持つ漫画家・和田慎二の傑作選「あさぎ色の伝説 試衛館の鷹」が、秋田書店より現在好評発売中です。
隣人速報 | 376 view
【70年代】音楽クイズ!フォークからロック、アイドルまで!

【70年代】音楽クイズ!フォークからロック、アイドルまで!

ミドルエッジがおくる懐かしの70年代に関する音楽クイズ!全10問の三択形式クイズに皆さんも是非挑戦して下さい!!
メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

メガドライブミニ発売記念!?収録されるゲームのキャラを「編みぐるみ」にする人が出現!!

9月19日に発売が決定した「メガドライブミニ」。このたび、メガドライブミニに収録されるゲームに登場するするキャラを「編みぐるみ」にしている人がいると、SNSを中心に話題となっています。
隣人速報 | 430 view
有名漫画家も認める諸星大二郎の初の連載漫画「妖怪ハンター」という凄い漫画があるのだ。

有名漫画家も認める諸星大二郎の初の連載漫画「妖怪ハンター」という凄い漫画があるのだ。

1974年から始まった諸星大二郎の「妖怪ハンター」シリーズは、日本を舞台に歴史書や昔話、古史古伝などを題材とした伝奇漫画です。今もなお続く、このシリーズを紹介したいと思います。
こういち | 2,647 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト