きっとアニメより「ハード」なSF〜 漫画「ミクロイドS」
2016年12月4日 更新

きっとアニメより「ハード」なSF〜 漫画「ミクロイドS」

同名のアニメを原作の手塚治虫自ら漫画化した「ミクロイドS」。アニメ版は未観の筆者ではありますが、漫画版の方がずっとハードで、手塚氏のメッセージが直截に出ているのではないかと思います。ぜひご一読を^^

20,230 view
 (1611204)

第1巻、表紙

戦闘服のヤンマ(左)と
アゲハ(右)

きっとアニメより「ハード」な漫画化

『ミクロイドS』(ミクロイドエス)は、企画:東映動画・NET、原作:手塚治虫のアニメーション作品[1]。原作者である手塚の手によって公式に漫画化もされている。
アニメ版と同時企画の漫画版が、週刊少年チャンピオン(秋田書店)に1973年3月26日号から同年9月3日号まで連載され、少年チャンピオン・コミックス全3巻として単行本化された。
へえ、、アニメ版の企画が先で、原作者自らの漫画化だったんですね、、
幼すぎたか田舎で放送がなかったか、筆者にはアニメ版の記憶はありません。放送の後年、コミックスで読んだくちです。

ちなみに、
連載開始当初は、手塚が提案した『ミクロイド』にアニメ製作会社が『Z』を付けた『ミクロイドZ』というタイトルが使用されていた。しかし、アニメ版のスポンサーがセイコー(当時:服部時計店)に決まると、「Z」はライバル企業のシチズン時計株式会社(CITIZEN)を連想させるという理由から、セイコー(SEIKO)の「S」に変更された[2]。
とのこと、、^^;
 (1611227)

ほんとだ、、「Z」ですね^^;
ところで、原作本人による漫画化ですけど、どうもおハナシはぜんぜん違うようですね、、
当時とはいえ、TVアニメ版で漫画版のあの「ハード」さが放送されたとはとても思えないですね、、
それほど漫画版は、少年誌掲載とは思えないほど「ハード」でした。どう「ハード」だったか、、まずは描写、雰囲気のハードさ、、

導入から、ハード

上に挙げた扉絵以上に吹き荒ぶ砂漠を三人が歩いています。ヤンマ、アゲハ、マメゾウの三人です。
いまにも倒れそうに疲労困憊。水の匂いがするというマメゾウですが、ヤンマは勝手な行動はせず歩けと命じます。それを振り払ってマメゾウの言う段丘へ這い上がるアゲハ。
wada y (1611249)

しかし、案の定、ヤンマの警告通り、、
出典 wada y
wada y (1611252)

コヨーテが待ち受けていました、、!

頭頂から突き出した角で、コヨーテの喉笛を突き、アゲハを助けるヤンマ(右ページ)。

「おれの命令に従う約束だったはずだなアゲハ」。
女相手とはいえ、容赦なく平手でアゲハを打ち据えるヤンマ(左ページ)。

、、左下のコマを見て下さい。
コヨーテの喉から流れた血の川を渡るアゲハ。
そう、彼らはふつうの人間ではなさそうですし、サイズも虫くらいのようです。
出典 wada y
wada y (1611261)

(右のページは、ヤンマとアゲハ。)

すると、そこへ追っ手が。小さいながら機械のようです。


今度はマメゾウが角から光線を出してこれを破壊し、三人は逃走します。
出典 wada y
ギドロンという存在に従わさせられている彼らミクロイド—。アゲハとマメゾウはギドロンから処刑されるところを、ヤンマに救われ、一緒に逃げてきたのでした。
人間を滅ぼそうとしているギドロン。ヤンマはそのことを「ミクロイドとは血のつながりのあるしんせき」の人類に伝えようと追っ手から逃げ、人間のまちへと向かっているのです。

そしてようやく辿り着いた、人間の町。しかしそこは町中に死体が横たわる死の町と化していました。
wada y (1611273)

死体の口からは人虫(ひとむし)と呼ばれるギドロンのロボット昆虫が這い出してきます。
すでに町はギドロンによって先回りされていたのでした。
出典 wada y
マメゾウの機転で、人虫の群れはガソリンで焼き払われ、町ごと炎に包まれます、、

「ハード」なSF設定

なんとか難を逃れた三人。ヤンマがギドロンの巣から脱走した経緯が、彼から語られます。
アゲハの恋人であるジガーとヤンマの兄弟は、ある日父に告げられます。
どちらかがギドロンの巣を去り、人間にギドロンの計画を伝えるようにと。
彼らの父が語るには(ギドロンは大昔に昆虫から分かれて進化し、世界中の砂漠に潜んでいるといい)、何百年か前にギドロンが人間の赤ん坊何十人かを攫い、彼らの特別なゼリーで育てて、奴隷としてミクロイドをつくったというのです。そしていま、ミクロイドを解放するために、人間と手を結ばなければならない。
ギドロンの支配のままでよいという兄ジガーに対し、弟ヤンマは父の命に従うことにします。
wada y (1611302)

そして、ヤンマが脱走したため、見せしめにギドロンは一部のミクロイドを処刑に。

上のコマはマメゾウ。
出典 wada y
52 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 751 view
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 699 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,352 view
「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀『はいからさんが通る』の2部作アニメのタイトルが決定!原作の結末も描かれる!

大和和紀による70年代の人気漫画「はいからさんが通る」。そのアニメ映画が前後編の2本製作されるが、タイトルが決定した。前編は11月11日、後編が2018年内に公開される予定だ。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト