2016年12月4日 更新

アニメとはまったく違います!^^; 〜“原作”漫画「マーズ」

アニメも人気だったマーズ。しかしその“原作”漫画の内容はアニメとまったく異なります。知らなかったという方、知っていたが読んだことはないという方、この機会にぜひ。

7,618 view
 (1613156)

第1巻、表紙

秋の島新島で発見された少年。主人公、マーズ

アニメとはまったく違います!^^; ハードな“原作”漫画

「マーズ」というと、81年に放送されたアニメ「六神合体ゴッドマーズ」を思い浮かべる方も多いかと思いますが、漫画マーズはアニメゴッドマーズのいちおう“原作”ですが、まったく別ものです。ゴッドマーズは、悲劇の美形主人公ら男性キャラクターが好評で人気だったように思いますが、漫画“原作”の方はなかなかハードな内容となっております、、f^^;
「マーズ?ああ、あのアニメのね」という方にこそ、そのアニメ版と異なる存在を知ってほしい作品ですf^^;
『マーズ』は、1976年から1977年にかけて横山光輝が『週刊少年チャンピオン』に連載した漫画。
同じく76年から77年に単行本、全5巻が発行されました。

以下、そのストーリーをご一緒に追ってみましょう。

あらすじ

海底火山の噴火によってできた新島「秋の島新島」を取材していた毎朝新聞記者・岩倉は、島の上に立つ全裸の少年を発見する。言葉も話せず、身元も不明なため、医者に引き取られることになった少年だったが、瞬く間に言葉や、様々な事柄を習得していくなど非人間的な能力をのぞかせ始める。実は、彼ははるか太古(古代エジプト文明の時代)に地球に訪れた異星人が地球人の潜在的な進歩の可能性とその残虐な本性の将来を恐れ、宇宙にとって地球人が危険な存在となった場合に地球ごと破壊し人類を抹殺するキーとしてセットされた少年「マーズ」だった。

しかしマーズは、火山活動の影響により予定(21世紀末)より100年早く目覚めたため、地球を破壊するという使命を忘れていたのだ。マーズと同じく異星人により地球にセットされた6人の監視者に、危険な存在となった地球人を滅ぼすように促されるが、地球人が滅ぼさなければいけない程に危険な存在とは思えなかったマーズは、地球を滅ぼすためのロボットでもある「ガイアー」とともに、6人の監視者と彼らの操るロボット「六神体」と戦う決意をする。

人類の試し〜 タイタン

目覚めたマーズが発見されたことを知り、地球を監視する6人の男たちは、彼が正常に機能していないと推測し、そのうちの一人を彼のもとへ向かわせます。
マーズと会って彼を連れ出し、彼が正常かどうか確認する男。素手で大岩を割り、高速で疾走し、飛ぶように跳躍し、身体機能は「正常」でありながら、彼は男のことを思い出せないなど、自分の使命についてはまったく記憶にないのでした。
地球人の行動を監視する彼ら6人は、彼らの「神体」にデータを送り込み、危険な実験をするような国があれば神体の力で吹き飛ばすべく存在するのですが、人類が宇宙侵略に乗り出すとみたときには、マーズが操るべき「ガイアー」が地球全体を破壊するようにセットされていたのでした。
彼らはそれを100年後とみてマーズとガイアーを備えたのですが、男は言います。「しかし早く目覚めてよかったかもしれん おまえが正常ならばな…/地球人類の進歩は我々の計算より早い 百年後では遅すぎたかもしれん!/人間こそ恐ろしい怪物だ!!」
タイタン

タイタン

マーズの目覚めと同時に動き出した“偵察機”タイタン
海中に隠されていたタイタンがマーズの目覚めと連動して地上へ“偵察”に向かいます。ただ陸へ向けて移動し、上陸しては直進するのみですが、自衛隊はタイタンに可能な限りの攻撃を加えます。こうやってタイタンは人類の破壊兵器のレベルのデータを取っているのです。
撤退する戦車を踏みつぶすタイタン—。マーズはタイタンに命じて引き返させます。
しかし、自衛隊は海中のタイタンをなおも攻撃、米軍は対潜核ミサイルでタイタンを破壊します。

ガイアーの始動〜 地球の終わり

 (1613194)

タイタンの破壊を受けて、ガイアーが潜んでいた海中で起動します。
マーズの命令でガイアーは爆発し地球は塵と化すはずでしたが、「あんたが恐れるほど地球人は残忍で好戦的とは思えないんだ」というマーズは、どうしたらいいのかわからないと言います。命令がなくてもマーズが死ねばガイアーは爆発し地球は終わる。彼が任務を果たさないなら、彼を倒して自分たちが果たすと迫る男に、マーズは十日間だけの猶予をもらいます。

最初の刺客〜 ウラヌス

ガイアーの起動と同じく、エジプトのスフィンクスなど世界の6つの遺跡が姿を消します。遺跡と思われていたものは、彼らの六神体だったのです。
猶予の間にマーズが記憶を取り戻して正常になり、使命を全うすると期待した6人の男たちでしたが、マーズはその間人類の歴史を学び、「確かに残忍な行為は数多く見られます/でもみんなそれを勇気をもって発表し二度と起こらぬよう警鐘としています/ぼくは人間が仲間がいうほど悪いとは思えないんです」、自分に地球全人類の命を奪ってよいという権利があるでしょうか、とガイアーの爆発を命じませんでした。

期限がきても爆発が起こらないのをみた6人は、行動を開始します。
春というのに日本じゅうが豪雪に見舞われます。富士山頂に不審な動きがあることを知ったマーズが向かうと、そこには広告気球に偽装した六神体の一つ「ウラヌス」の姿がありました。この豪雪はウラヌスによるものだったのです。
ウラヌス

ウラヌス

ペルーの山肌の顔面像だった神体。
槍状の物体を地中に打ち込み、そこからコンクリも土も空気もどんどんと上空に吸い上げていくことができる。四方をこれに囲まれマーズの周囲は次第に真空状態に。ここにウラヌスがマーズを上から踏みつぶして殺そうとしたが、マーズは火口の亀裂に身を潜め耐える。マーズが呼び寄せたガイアーにバリアを破られ吸引されたウラヌスは操縦者もろとも消滅させられる。

廃虚と化すエジプト〜 スフィンクス

消えたスフィンクスがエジプトの砂漠に現れます。表面の土が落ちるとなかには金属製のスフィンクスが。戦闘機を引き寄せ、戦車に迫り、太陽のような高熱ですべてを溶かし、エジプトじゅうを廃虚と化します。マーズはエジプトに。
ミロ(スフィンクス)

ミロ(スフィンクス)

エジプトのスフィンクス。
マーズを取り囲む4体のスフィンクス。しかしそのうち3つは蜃気楼にすぎないことを彼は見抜く。迫る高熱の中を逃げるマーズ。海に逃げ込んだ彼を追ってきたスフィンクスに、海中に潜んでいたガイアーから光の球が放たれ、爆発したスフィンクスはあとかたもなくなる。

第三の神体

 (1613219)

日本へと帰るマーズの乗った航空機を第三の神体が襲います。

飛行し、雷のような光線(放電弾)を発する。
航空機を撃墜したがマーズを見失い、地底湖に逃れた彼を、搭載した多くの小型偵察機で監視、出てきたところを攻撃したものの、ガイアーの光子弾で神体を失う。寸でで脱出した搭乗者の男は直接マーズを殺そうと追うが、ガイアーの返り討ちにあい死亡。

瀕死のマーズ〜 シン

闘いで重傷を負ったマーズですが、人類の医学では治療のしようもなく、身体中が腐っていきます。
ガイアーに「安全な所」へと命じて運ばせるマーズ。そこを第四の神体が襲います。
シン

シン

飛行する。頭部から数多くのエネルギー探知機を打ち出し、大きな地下エネルギーを見つけた地点に自ら突っ込み大地震を起こす。
マーズはガイアーに守られたものの岩石の間に挟まれ、瀕死となる。

東京を火の海に〜 ウラエウス

ガイアーが向かっているのは、マーズが発見された秋の島新島の彼のいた施設でした。そこだけが彼を治療することができるのです。
第四の神体と接触した際に、マーズが瀕死であることを見てとった男たちは、神体ウラエウスを先回りさせ、施設を破壊しようします。しかし、施設の応戦兵器に苦戦し、マーズが施設に戻り治癒することを許してしまいます。
調査に上陸し噴火で施設に幽閉されていた岩倉記者は、施設の情報を解読し、マーズの命令がなくとも六神体がすべて破壊されれば、ガイアーが爆発してしまうことを、彼に伝えます。
回復したマーズを運ぶガイアーを襲うウラエウスですが、六神の破壊がガイアー爆発につながることを知ったマーズは反撃が指示できません。
自衛隊艦隊を殲滅したウラエウスは、マーズがこれ以上新情報を得ないよう、いったん秋の島新島に引き返し施設を破壊してしまいます。
ウラエウス

ウラエウス

再び現れたウラエウスは、機体上部の団扇状の部分から光線を発し、東京を火の海にします。
マーズは自衛隊の艦船で東京を離れ囮となり、追ってきたウラエウスをガイアーの攻撃で破壊します。

人間への疑念

戦闘での重傷で死んでいく岩倉記者の言葉で、防衛庁長官は、マーズらが人工細胞でつくられた人造人間で、感情がなく死をも恐れず命令されたことを遂行するために生み出された存在であることを知り、彼が「正常」に戻ることをおそれ、彼を軟禁し、ガイアの解体を試みます。
ウラエウスがマーズの引き渡しを要求して東京を攻撃した際には、マーズを引き渡せという暴動が起き、自衛隊は市民に向けて発砲も。ウラエウスを葬ったマーズですが、かすかな疑問が生じます—。

最後の使者〜 ラー

残る最後の神体ラー、搭乗するのはマーズが正常に戻るよう彼に接触し、唯一彼と直接会っていた男です。
ウラエウス同様、マーズの引き渡しを要求し、聞き入れなかったとして東京を攻撃します。
ラー

ラー

球体状の本体から、電極のようなものを出して雷の様な光線を放ち東京を破壊。日本政府が解体を試みるため隠していたガイアーを見つけると、体当たり、また触手状の腕を接触させて破壊しようとし、その後はガイアーを“腕”で吊り下げ何度も叩き落とす。
マーズが軟禁された施設からはガイアーにバリアをはらせることもできないので、彼は自衛隊に伴われ外へ。
ラーは核爆弾を投下してマーズを亡き者にしようしますが、ガイアーによって吸引され核爆弾は宇宙へ。ラーは爆発に飛び込み、自爆を図るも失敗します。
探知ロボットの映像で、追い詰められた人々がマーズを嫌い攻撃しているのを見た男は、〈マーズを渡せば地球が滅ぶ〉というのは政府の嘘だと吹き込み、市民らにマーズを狩り出すように脅し、街に攻撃を繰り返します。

人類が生きのびるための唯一の方法

マーズのいた施設で情報を取っていた岩倉記者の遺したメモを精査していた政府首脳は、六神体が破壊されてガイアーが爆発するのは、外部からの破壊によるときだけで、内部の破壊や故障で機能停止した場合はガイアーは爆発しないことを突き止め、ラーに殺される間際、マーズに伝えます。
自衛隊の狙撃兵がラーの飛び回る探知ロボットを一つ一つ撃ち落としていきます。反撃で兵は次々殺されていきますが、一人狙撃を続ける者が—マーズです。マーズが頭から飛ばした頭髪は硬質化し、弾丸のように探知ロボットを撃ち落としていきます。
ついにすべての探知ロボットを失い、外部を正面しか見られなくなったラー。
その唯一のカメラをマーズは持っていたガムで塞ぎ、どうしても視界を回復できないために、男が機外に出ます。そこを内部に入り込み、破壊するマーズ。

終結

六神体の破壊によるガイアーの爆発という道は断たれました。
男は自らマーズを殴り殺そうとしますが、逆に倒されてしまいます。
男はマーズが正常に戻るよう最後の言葉で語りかけます。
「この地球上で人間ほどおそろしい動物はいないんだ」
〈かれらは地球上の他の動物を/次から次へと滅ぼし/さらに大自然まで破壊を進めている/川を汚し海を汚し/人類発展のためと称してとどまるところをしらない/いま地球上で異常な繁殖をつづけているのは人間だけだ/いまにかれらはこの地球を死滅させ かならず宇宙にとびだしてくる/そして他の星で同じことをくりかえす〉
wada y (1613541)

すべての闘いが終わったが地球は爆発しない。脅かして騙しやがってと、“復讐”に暴徒たちはマーズを襲います。
マーズに万が一があっては—と自衛隊員は暴徒と化した市民らに発砲して射殺していきます。
無抵抗で暴徒に頭といわず身体といわず殴られぼろぼろで立ち上がるマーズ、、その目は別人のように悔いに満ちています。
出典 wada y
wada y (1613545)

彼らのために地球を守ったマーズに襲いかかる暴徒、自衛隊員に襲いかかる暴徒、これを掃射して殺していく自衛隊員、、

「ナントイウ ミニクイ姿ダ/コレガ人間カ…/ドウシテ ボクハ コノ動物ヲ守ロウトシタ」

そして—
出典 wada y
40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

   

20世紀交歓所20世紀しばりのフリマサイト

関連する記事こんな記事も人気です♪

太古のロマンとSF〜 漫画「原始少年リュウ」

太古のロマンとSF〜 漫画「原始少年リュウ」

「原始少年リュウ」は、2つ目に描かれたリュウ三部作の“最初の物語”。ほか2作とともにご一読もしくは再読いただければと思いますm(_ _)m
wada y | 1,498 view
きっとアニメより「ハード」なSF〜 漫画「ミクロイドS」

きっとアニメより「ハード」なSF〜 漫画「ミクロイドS」

同名のアニメを原作の手塚治虫自ら漫画化した「ミクロイドS」。アニメ版は未観の筆者ではありますが、漫画版の方がずっとハードで、手塚氏のメッセージが直截に出ているのではないかと思います。ぜひご一読を^^
wada y | 11,127 view
番長×SF〜 漫画「番長惑星」

番長×SF〜 漫画「番長惑星」

巨匠・石森章太郎のリュウ三部作最終作「番長惑星」は、喧嘩(?)とSFの融合? “世界”を相手に闘います。
wada y | 4,114 view
哀しき9人の戦鬼〜 漫画「サイボーグ009」(少年サンデー版)

哀しき9人の戦鬼〜 漫画「サイボーグ009」(少年サンデー版)

石森章太郎の代表作、サイボーグ009。そのシリーズ作は多岐に渡りますが、サイボーグ戦士たちの闘いだけでなく日常やその哀しみも描いた、少年サンデー版。おススメのシリーズです^^
wada y | 3,048 view
「日経三国志」が交通広告グランプリ2017で優秀作品賞を受賞!!

「日経三国志」が交通広告グランプリ2017で優秀作品賞を受賞!!

交通広告グランプリ2017の車内ポスター部門において、日本経済新聞社が横山光輝原作の漫画「三国志」と連携した「日経三国志」の車内広告が優秀作品賞を受賞しました。漫画から三国志にはまったミドル世代は要チェックですよ!
隣人速報 | 520 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト