太古のロマンとSF〜 漫画「原始少年リュウ」
2016年12月4日 更新

太古のロマンとSF〜 漫画「原始少年リュウ」

「原始少年リュウ」は、2つ目に描かれたリュウ三部作の“最初の物語”。ほか2作とともにご一読もしくは再読いただければと思いますm(_ _)m

2,428 view
 (1625926)

第1巻、表紙

リュウ三部作、第一部

漫画「原始少年リュウ」は週刊少年チャンピオンに71年から翌72年に連載された石森章太郎(後年、石ノ森章太郎と表記)の作品です。単行本は72、73年に全3巻が発行されています。
筆者もご紹介した同氏作品「番長惑星」で完成を見た、「リュウ三部作」の発表2作目、太古編として三部作の最初となる作品です。
(もっとも三作にはハナシのつながりはなく、「リュウ」という男の子が主人公というところだけが同じなだけなのですが、、まあいずれも、主人公リュウが“世界”に挑む物語とは言えるかも知れません)
“原始少年リュウ”は、以前ある雑誌に発表した“リュウの道”の続編です。いや、続編というよりは、“リュウ三部作”の第一部といったほうがいいかもしれません。第一部―太古編、第二部―現代編、第三部―未来編という、大構想の大河マンガの、最初の部分―太古編―がこれなのです。いささかスケールが大きすぎる感なきにしもあらずですが、気ながに、末ながく、ドラマの主人公リュウ少年をかわいがっていただきたいと思います。
実際の単行本掲載のコメントは、“リュウ三部作”ではなく、“リュウの三部作”と表記している。またリンク先の出典〈秋田書店「SUNDAYCOMICS」1972刊より〉は誤表記と思われる。正しくは「少年チャンピオン・コミックス」
ただ、上記のコメントでは石森氏自ら「太古」といいながら、物語は以下のようなト書きから始まります。

〈—「時間」はときおりうそをつく ある人には長く ある人には短く …そしてまた〉
〈あるひとのきのうが あるひとには あすだったりするそれは…〉
〈大都会ニューヨークのドまん中とニューギニアのジャングルの奥地が同じ“現在”という「時間」の中に存在していることでもわかるだろう〉〈だから… この「物語」には「時間」がないといっておこう〉〈はるかな失われた“過去”かもしれないし あんがい近い“未来”かもしれない いや あるいは… …そこにきみがいる“現在”かもしれないのだ—〉

石森氏が今作に「現代性」を持たせようとしたことが伺えますね。それはリュウ三部作のほか二作も同様ともいえますね。“太古”を描いているが、未来かも現在かも知れない、と(もちろん科学的知見では当時もいまも人類と恐竜は同時代に生きてはいなかったとなっていますしf^^;)。

白い赤子

wada y (1626021)

一番上:リュウ
その右:ラン
その右:ドン
リュウの下;キバ
キバの下:ヤム
その右:タカ
出典 wada y
キバトラ一族に産まれた白い肌の嬰児は、呪われた子として「りゅうの王」にいけにえとして捧げられます。生きたまま岩場に置き去りにされるのです。
同じ頃、猿人の母キティは、仲間と我が子がりゅうに殺されているのを見つけます。子どもの泣き声をたどると、そこにはいけにえに置かれた白い赤子が。りゅうは肉食恐竜のようです。そして、りゅうの王とは、ふつうのりゅうたちよりはるかに大きなりゅうなのでした。王の出現に逃げ出したりゅうたちから、キティは赤子を搔き抱いて助けます。
—それから十数年。
成長した白い赤子—リュウは、よそものとして集落の人間たちに捕まります。リュウはキバトラの集落を全滅させた呪いの子とされてしまっているのでした。しかし、そこに再び、りゅうの王が。
wada y (1626023)

キティはりゅうの王に食い殺されてしまう。
混乱の中、リュウは集落の女の子ランに助けらる。集落の長老から自らの出自を聞くリュウ。彼は自分が猿人キティの子ではなく火の中から生まれたという不思議な人間の女の子どもだと。
出典 wada y
なぜ自分を助けたのかと聞くリュウに、ランは自分が村に売られてきた身で、別の村に売られた弟ドンのことを思い出したらかも、と話します。
再度現れたりゅうの王から川に逃れた二人でしたが、タカという男のグループに捕まってしまいます。ランは囚われ、リュウは毒ガスの流れる死の火口に落とされてしまいます。
wada y (1626024)

タカの村は戦いに明け暮れ、怯え、戦いの踊りばかり踊るように—
出典 wada y
タカの村は彼が「かしら」となってから戦闘的に、荒んだ集団になってしまいました。そのことを諌める、前のかしらの喉笛をタカは槍で突き刺します。火口から生き延びてランを助けにきたリュウは、彼の死に際に母の手がかりを聞きます。
wada y (1626025)

タカたちに見つかり追われるリュウとランの前に、全身傷だらけの男が。
タカの兄、キバ—りゅうの王を追い、その左目に槍を突立て片目にした男。
出典 wada y
キバは、リュウが火の山から「槍の石」を持ち帰れたらランを連れて行ってよいという条件を、タカとの間に取り持ちます。火の山までキバはリュウをつけます。折しも噴火を始めた火の山から命からがら戻った二人でしたが、りゅうの王に襲われタカの村は壊滅。ランはいなくなっていました。ランの行方を追うリュウ。
wada y (1626026)

リュウは巨大な飛ばない鳥に襲われている男の子を助ける。名前はドン—ランの弟が売られた村が噴火被害で混乱したところを逃げてきたのだ。彼はランに呼ばれたような気がしたという。
出典 wada y
弟が姉に呼ばれたと感じたのと同じく、ランもドンのすぐそばにいることを感じます。再会する姉弟。
ランが売られた村でランを“つま”にしようとしていたヤムが彼女を助け出したのでした。リュウに襲いかかるヤムでしたが、逆に返り討ちにあい殺されそうになるところをランが止め、ヤムは去って行きます。

白い神

呪われ、りゅうの王に追われていると噂されるリュウは、りゅうの王を殺すことを誓います。また、以前からりゅうの王を狙い追っているキバは、りゅうの王を誘き寄せるために、リュウと行動をともにします。
猿人に育てられた片言の発語からどんどん言葉を覚えて喋ったり、火打石の使い方や弓矢を発明したり、リュウは常人ならざる頭の働きをみせます。犬橇を使い、スキーもつくり出し、追っ手を逃れ、りゅうの王に迫ろうとします。
wada y (1626028)

リュウ、ラン、ドン、キバの一行は、さまざまな敵に襲われます。
人のような行動をできる蜥蜴。四人を襲う囮にされた白いチビ蜥蜴(のちにチコドンと名付けられる)は、一行と行動をともにするように。
雪原に出てはマンモスに、また雪男のような大猿“白毛長族”に、さらには追ってきたタカとヤムに。しかしいずれもリュウの知恵やキバの力で逃げ果せます。
出典 wada y
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

番長×SF〜 漫画「番長惑星」

番長×SF〜 漫画「番長惑星」

巨匠・石森章太郎のリュウ三部作最終作「番長惑星」は、喧嘩(?)とSFの融合? “世界”を相手に闘います。
wada y | 5,892 view
哀しき9人の戦鬼〜 漫画「サイボーグ009」(少年サンデー版)

哀しき9人の戦鬼〜 漫画「サイボーグ009」(少年サンデー版)

石森章太郎の代表作、サイボーグ009。そのシリーズ作は多岐に渡りますが、サイボーグ戦士たちの闘いだけでなく日常やその哀しみも描いた、少年サンデー版。おススメのシリーズです^^
wada y | 4,198 view
京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

京都で「特別展 250万りぼんっ子」開始!デビュー作もりぼんだった生粋のりぼんっ子作家は誰?

ミドルエッジ女子必見!集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、京都・高島屋で開催されます。開催日程は、10月30日から11月10日まで。
隣人速報 | 419 view
ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

ミドルエッジ女子必見!講談社「なかよし」が創刊65周年!記念原画展が開催決定!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。それを記念し、原画展の開催が決定しました。今回二度目となる告知ですが、「なかよし」に連載されていた名作もご紹介します。
隣人速報 | 785 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 1,604 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト