『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~
2018年3月8日 更新

『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第52回のお題は、G3ガンダムとシャア専用リック・ドムの紹介です!

7,024 view
小説『機動戦士ガンダム』中盤。シャアのリック・ドムのビ...

小説『機動戦士ガンダム』中盤。シャアのリック・ドムのビーム・バズーカが、アムロのガンダムを襲う!

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。

今回は、ガンダムブーム当時、総監督の富野由悠季氏が執筆した、小説版『機動戦士ガンダム』中盤から登場した、G3ガンダムとシャア専用リック・ドムの紹介です!

G3ガンダム+シャア専用リックドムセット 2008年2月発売 2500円

小説版『機動戦士ガンダム』の一場面を思い起こさせる、G...

小説版『機動戦士ガンダム』の一場面を思い起こさせる、G3ガンダムとシャア専用リック・ドムの一騎打ち!

G3ガンダム(REVIVE) ガンプラEXPO ワールドツアージャパン 2015限定販売 2015年11月 1000円

あえてREVIVEのボックスアートのポーズ・構図そのま...

あえてREVIVEのボックスアートのポーズ・構図そのままに、G3カラーで統一されたパッケージアート

G3ガンダムとシャア専用リック・ドムのルーツを知っている者は幸せである。心豊かであろうから……。

G3ガンダムやシャア専用リック・ドムを、ジョニー・ライデン専用ザクや、ランバ・ラル専用ドムのような、MSVだと思っている人、不正解!
G3ガンダムを「ガンダム後半、ニュータイプに覚醒したアムロ用に、マグネットコーティング仕様で再開発されたが、アムロに届けられないまま終戦を迎えたために、アニメに登場しなかったガンダム」だと思っている人、不正解!
G3ガンダムやシャア専用リック・ドムを、ゲームの『ギレンの野望』等に登場する「キャスバル用ガンダム」なんかと同じ、近年の二次創作的オリジナルユニットだと思っている人、不正解!
HGUC 191 REVIVE版の成型色替えに、セット...

HGUC 191 REVIVE版の成型色替えに、セット版G3ガンダム用のシールを貼った、リペイント決定版G3ガンダム!

いや、厳密には上記の括りで受け止めていても問題はないのだけれども、実はG3ガンダムとシャア専用リック・ドムには、明確な出自があって、それはなんらビジネス的なスケベ心とは別個のところに、ガンダムブーム当時を知る者にしか共有できない「入れ込んだファンならでは」の機体であったのだ。

それは、『機動戦士ガンダム』(1979年)放映中の1979年から、全3巻で書かれた、富野由悠季総監督自らの手による、小説版『機動戦士ガンダム』の中に登場したことが始まりだったからである。
小説版2巻より。ロービジ仕様のガンダムで出撃するアムロ!

小説版2巻より。ロービジ仕様のガンダムで出撃するアムロ!

かねてから富野監督は、アニメ版ガンダムのカラーリングには不服を抱いていた。
いや、そこは玩具CMロボットアニメのプロであるから、不服ではなく商品仕様を認めての妥協なのだろうが、当初富野監督はガンダムを、真っ白なロボットとして登場させたかったという逸話が残っている。
それは、『ガンダム』放映直前期の、自らの『無敵超人ザンボット3』(1977年)「無敵鋼人ダイターン3』(1978年)をはじめ、当時の『ブロッカー軍団IV マシーンブラスター』(1977年)とか『超合体魔術ロボ ギンガイザー』(1977年)とか『UFO戦士ダイアポロン』(1976年)とかの、見ているだけで眩暈がするような、過剰配色の、しかし没個性のロボットまんがの主役ロボット達へのアンチテーゼという意味合いもあったのだろう。
完成したG3ガンダムのバストショット。今回は関節のグレ...

完成したG3ガンダムのバストショット。今回は関節のグレーも残す新解釈で

なので、一応小説版『ガンダム』でも、最初の巻で主役機は「白いモビル・スーツ」として登場するが、当初は全1巻で書かれた小説のために、アムロが乗ったガンダムは、初巻のラストで大破してしまう。
そして改めて一年後。ブームを受けて続巻が求められ、富野氏によって執筆された2巻において、再登場したアムロに与えられた2機目のガンダムに対する小説の描写が「灰色一色に塗られた、宇宙迷彩のロービジカラーのガンダム」という描写であった。
以前の「1/144 ガンダム勢ぞろい」で、全てのガンダ...

以前の「1/144 ガンダム勢ぞろい」で、全てのガンダムにとらせた「オープニングポーズ」のG3ガンダム!

もちろん、この時点で“G3ガンダム”等という名称はつけられてはいない(小説内で、あくまで略称として「G3(むしろ、“ガンダム”が付かない)」とだけ呼ぶシーンはある)。ただただ、文章でしか描写されていない、灰色のガンダムの活躍が、下手をするとアニメよりもカタルシスがあり、格好が良かった。
当時のガンダムファンであれば、誰もが鮮烈に胸に焼き付けられた存在、それが「灰色のガンダム」であった。
今回の作例では、グレー系のコントラスト以外で残した色は...

今回の作例では、グレー系のコントラスト以外で残した色は、ガンダムのメインカメラと、ライフルのスコープのイエローだけ

そしてもう1機。
シャア専用リック・ドムもまた、同じように朝日ソノラマ文庫版の『機動戦士ガンダムⅡ』という、小説版の2巻から登場したモビルスーツであり、当時は「シャアがザクの次にゲルググに乗らずに(地上に降りないのでズゴックはさすがに無いと理解して)ドムに乗るのか!」と、ファンの誰もが驚いたという現象が見受けられた。
シャア専用リック・ドム。なぜ武装がジャイアント・バズな...

シャア専用リック・ドム。なぜ武装がジャイアント・バズなのかは、本文参照

G3ガンダム(重ねて言うが、小説発表時にこのネーミングはまだなかった)が先にメジャーになって、シャア専用リック・ドムが近年スポットが当たるようになった差は、「灰色のガンダム」の方は、メカデザイナーの大河原邦男氏や、当時のガンダムモデラー達が興味を持って、元のデザイン画のカラーだけ塗りなおした「G3ガンダム」が(この時初めてその名が付けられた)MSVのブームの中で発表されたからであって、シャア専用リック・ドムの方はその現象がなかったため、一時は歴史の闇に飲み込まれていった。
シャア専用リック・ドムのバストショット

シャア専用リック・ドムのバストショット

69 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~

『ガンプラり歩き旅』その29 ~シャアがくる! 20年目の復活のザク! 前編 シャア専用編~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第29回は、みなさんお待ちかね! ガンダムファイト! ……じゃなかった、皆さんお待ちかねの、シャア専用ザク、HGUC版です!
市川大河 | 4,378 view
『ガンプラり歩き旅』その50 ~連載50回記念! 歴代1/144 ガンダム勢ぞろい! これが本当のオールガンダムプロジェクト!~

『ガンプラり歩き旅』その50 ~連載50回記念! 歴代1/144 ガンダム勢ぞろい! これが本当のオールガンダムプロジェクト!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載も、とうとう第50回を迎えました!
市川大河 | 10,701 view
『ガンプラり歩き旅』その48 ~ダメージモデル! クラッシュモデルを作ろう!(前)~

『ガンプラり歩き旅』その48 ~ダメージモデル! クラッシュモデルを作ろう!(前)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第48回は、前回に引き続き特集です。今回のテーマは、ダメージモデルとクラッシュモデル!
市川大河 | 3,816 view
『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第46回は、名将・ランバ・ラルが乗り込んだモビル・スーツ、グフです!
市川大河 | 4,081 view
『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第41回は、ガンプラ屈指の変化球傑作キット、1/35のコア・ファイターです!
市川大河 | 8,184 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト