『ガンプラり歩き旅』その50 ~連載50回記念! 歴代1/144 ガンダム勢ぞろい! これが本当のオールガンダムプロジェクト!~
2018年2月20日 更新

『ガンプラり歩き旅』その50 ~連載50回記念! 歴代1/144 ガンダム勢ぞろい! これが本当のオールガンダムプロジェクト!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載も、とうとう第50回を迎えました!

11,006 view
宇宙を駆けて今進撃する、10機のガンダム!

宇宙を駆けて今進撃する、10機のガンダム!

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。

今回、50回記念ということで紹介するのは、『機動戦士ガンダム』(1979年)主役メカ・ガンダムの、歴代の1/144キットを全て紹介するという極めつけの特別企画です!

ずらり並んだ、歴代ガンプラのRX-78 ガンダム! 撮...

ずらり並んだ、歴代ガンプラのRX-78 ガンダム! 撮影ブースに収まりきらない列のボリューム!

さて、今回上の写真でエントリーされた、10機のガンダムに関して語る前に。
ガンダムのキットのバリエーションを語るのであれば、もっと数があるだろうという意見もあるだろう。
特に近年では、クリアーバージョンやメッキバージョン、東京ガンダムフロントでのみ販売された特別カラーバージョンや、成型色違いのガンダム、ガンキャノン、ガンタンクを揃えた「HGUC V作戦セット」という商品もある。

しかし、そういったバージョン違いまでカウントしていったらきりがない。
特に1/144 HG Ver.G30th ガンダム等は、タイアップのセブンイレブンカラーVer.など、25種類もバリエーション展開をしているので、そういった違いまで全部揃えていたら、この連載も同じキットの話ばかりで埋まってしまう。
全ガンダム、ビーム・ライフルで一斉射撃!(1機除く) ...

全ガンダム、ビーム・ライフルで一斉射撃!(1機除く) もはや「ガンダム戦隊」ではなく『特攻野郎!ガンダムチーム』である

なので、今回この10商品を選ぶに当たって、筆者基準ではあるが明確にルールを設けた。

・アニメ版『機動戦士ガンダム』(1979年)主役のガンダムのキット化であれば、どんなアレンジの商品も今回のエントリーの中に入れる。明確にアニメ版『ガンダム』を原作としていなくても、例えばモチーフがお台場ガンダムであったとしても、他の映像、漫画作品のガンダムでなければエントリーに受け入れる。
なので、はっきりと原作が他にある『機動戦士ガンダム THE ORIGIN』版のガンダムは、今回カウントしていない。

・金型流用のカラーバリエーション版やメッキ版、特別仕様版などはカウントしない。
明確に「その商品のために、金型がゼロから作られた」ガンダム単位でカウントする。例えば、HGUC 050 Gアーマー付属のガンダムは、HGUC 021 ガンダムの微改修版であり、そもそもHGUC 021 ガンダムが、Gアーマーを見越して設計されていたからこそのマイナーバージョンなので、今回は勢ぞろいにはカウントしていない。

それでは、歴代の10機のRX-78 ガンダムの1/144キットを、順を追って紹介していこう。
どのガンダムキットも、これまでの連載で一度は紹介しているので、今回は、『機動戦士ガンダム』テレビ版のオープニングで印象的だった決めポーズの
本編演出でもバンクで使用された、ビームライフルを撃つ決...

本編演出でもバンクで使用された、ビームライフルを撃つ決めポーズ!

このカットを、各ガンダム単位で再現した画像を、それぞれの解説の最後にお送りすることで、個々の味わいの違いを感じて欲しい。
それでは、1/144 ガンダム37年間の歴史の流れを、一気に駆け抜けてみよう!

まずは、1980年7月に発売された、最初の1/144 ガンダム。これを今回は「初代」と呼ぶ。
初代1/144 ガンダム

初代1/144 ガンダム

全てはここから始まった。
バンダイは既にベストメカコレクションシリーズを展開し始めていたとはいえ、スーパーロボットアニメのプラモデル化全盛期を知る者からすると、オリジナル合体要素も、ゼンマイ歩行もスプリングパンチ発射ギミックもない、プロポーションと可動優先のアニメロボットのプラモデルは、この1/144 ガンダムが大きなインパクトを与えたと言い切れる。
初代にして、完成度の高い顔

初代にして、完成度の高い顔

この初代の優れたところは、ガンプラの始祖としてのパイオニアという冠だけではなく、その顔の造形が、1980年の初代にして、その後のHG以降までの、どんなガンダムバリエーションガンプラと比較しても「安彦良和顔」だということも挙げられる。
成型色は白オンリーで、全塗装必須だが、このキットで、初めて「プラモデルを塗装する」という行為を覚えた、当時の少年も多かったであろう。
初代にして偉大なガンダムである。
さすがに初代ゆえにポーズが固いが、1980年のロボット...

さすがに初代ゆえにポーズが固いが、1980年のロボットプラモが、ここまでのポーズが出来る方が凄かったのである

さて次は、1981年9月に発売された、1/144 Gアーマーのキット付属版の1/144 ガンダム。こちらは今回の記事では「GA版」と呼ぶ。
Gアーマー版なので、シールドを2枚装備している!

Gアーマー版なので、シールドを2枚装備している!

パッと見は初代と同じだが、顔の造形や肩の接続方式などが根本から変えられており、構造やサーベルの角度などが、Gアーマーに合せて再設計され、いわば「1/144 ガンダムVer1.5」とでもいう存在なので、今回の勢ぞろいに参加させた。
初代との、ギミック的な違いは、Gアーマーと各種変形合体するために、上半身と下半身で分割できるようになっていることと、Gアーマー時にシールドがしっかり腕にロックされるように、肘に固定するフックと、拳の外側に刺すピンが追加されていること。
分割されるGA版のボディは、合体させればしっかりロックされる

分割されるGA版のボディは、合体させればしっかりロックされる

シールドは、肘と拳の外側の、2か所でホールドされている

シールドは、肘と拳の外側の、2か所でホールドされている

初代(左)とGA版(右)の比較

初代(左)とGA版(右)の比較

こうして並べてみると、胸のダクトの角度や、ふんどしのV字マークの位置や角度など、さまざまな違いが見受けられ、GA版が新規造形であることが確認できる。
106 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第52回のお題は、G3ガンダムとシャア専用リック・ドムの紹介です!
市川大河 | 7,458 view
『ガンプラり歩き旅』その48 ~ダメージモデル! クラッシュモデルを作ろう!(前)~

『ガンプラり歩き旅』その48 ~ダメージモデル! クラッシュモデルを作ろう!(前)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第48回は、前回に引き続き特集です。今回のテーマは、ダメージモデルとクラッシュモデル!
市川大河 | 3,972 view
『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

『ガンプラり歩き旅』その46 ~改良強化新型・グフ登場! ザクとはちがうのだよ、ザクとは!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第46回は、名将・ランバ・ラルが乗り込んだモビル・スーツ、グフです!
市川大河 | 4,283 view
『ガンプラり歩き旅』その43 ~大人じゃ買えない。もらえない?イベントで、子ども達しか手にできないけれど、これも「ガンプラ1/144 ガンダム」2種登場!~

『ガンプラり歩き旅』その43 ~大人じゃ買えない。もらえない?イベントで、子ども達しか手にできないけれど、これも「ガンプラ1/144 ガンダム」2種登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第43回は、子ども向け用イベントでしか手に入らない1/144 ガンダムを2種、紹介します!
市川大河 | 4,084 view
『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第41回は、ガンプラ屈指の変化球傑作キット、1/35のコア・ファイターです!
市川大河 | 8,327 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト