『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~
2017年12月15日 更新

『ガンプラり歩き旅』その41 ~1/35 超精密モデルのコア・ファイター登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第41回は、ガンプラ屈指の変化球傑作キット、1/35のコア・ファイターです!

8,754 view
天駆ける、コア・ファイター!

天駆ける、コア・ファイター!

私、市川大河が、書評サイトシミルボンで連載している、 『機動戦士ガンダムを読む!』での、再現画像で使用しているガンプラを、 古い物から最新の物まで片っ端から紹介していこうというテーマのこの記事。

今回紹介するのは、『機動戦士ガンダム』(1979年)作品内では、影が薄かったかもしれないけれど、ガンダムの影に隠れた「真なる主役メカ」ともいえたコア・ファイターの、U.C. HARD GRAPHシリーズの1/35スケールキットを紹介します!

コア・ファイター 1/35 U.C. HARD GRAPH 007 2011年2月 4500円

ボックスアートは縦長の油画調で、メカニックマンやセイラ...

ボックスアートは縦長の油画調で、メカニックマンやセイラ等、キット付属のオプションも全て描き込んだ力作

コア・ファイター! 『機動戦士ガンダム』の真なる主役メカとも言える、コア・ファイター!
コア・ファイター! 立ち位置的には『マジンガーZ』(1972年)の、ホバーパイルダー的メカで、たまに目立っていたぞ、コア・ファイター!
コア・ファイター! ガンダムと合体する時に、突然どこからともなく少年の声で「コア・ファイターコンビネーション! ガンダム! イン!」とか幻聴が聞こえてきたら、君は本当のガンダム世代だ、コア・ファイター!
コア・ファイター! 『ガンダム』最後の感動のラストは、この合体飛行機がなければ成立しなかったぞ、コア・ファイター!
完成状態の1/35 コア・ファイター。存在感と精密感の...

完成状態の1/35 コア・ファイター。存在感と精密感のバランスが絶妙!

今回紹介するのは、そんな主役メカ(?)でも、過去にはガンダムやコア・ブースターの付属キットとしてしか商品化されたことがないコア・ファイターの、1/35スケールの、ミリタリーテイスト溢れる、単独大型キット!
再現画像では主に『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編...

再現画像では主に『機動戦士ガンダムⅢ めぐりあい宇宙編』での、コア・ブースターコクピットに使用した

「ガンダムシリーズに登場する小型メカや兵士を、ミリタリーモデル世界標準スケールの1/35で、あくまで実在していたかのようなハードディテールと解像度で、緻密なハイエンド模型を送り出す」というコンセプトで始まった、ガンプラの高価格帯モデルシリーズ、U.C. HARD GRAPH。
今、発進せんとする、セイラのコア・ブースター

今、発進せんとする、セイラのコア・ブースター

当初はミリタリーモデルテイストで、「ジオン公国軍 機動偵察セット」「ジオン公国軍 ランバ・ラル独立遊撃隊セット」「地球連邦軍 陸戦MS小隊ブリーフィングセット」などを2006年から2007年にかけて販売展開していたが、なにぶん国際スケールゆえに、既存のミリタリーモデルとは絡めても、肝心のガンプラで絡められる過去作が殆どないというのが現状で、しかも価格は高価格帯。
いわゆる「1/35のEXモデル」と解釈して貰えばいいだろうか。
スレッガー「やれやれ。棺桶に入ったままお陀仏かよぉ! ...

スレッガー「やれやれ。棺桶に入ったままお陀仏かよぉ! ブリッジ! コア・ブースター、出らんないのぉ?」

結果、シリーズは早くも2007年11月の「ジオン公国軍 サイクロプス隊セット」で息切れを起こし、あぁこのシリーズも、このままいつものごとく消え去るのかと、長年のガンプラファン、モデラー達は誰もが予想した。

しかし、2009年に突然バンダイが、地球連邦軍所属の61式戦車にスポットライトを当てだし、まず1月には「地球連邦軍 61式戦車5型”セモベンテ隊”」で、戦車のミリタリーキットの王道の1/35版を、続いて2月には、この連載でも紹介した、1/144の61式戦車に、HGUCザクや謎のパーツ群を絡めた「ザク地上戦セット」を、それぞれ販売した。
戦場で、血で血を洗う宇宙で実兄と、兵器を通じて再会する...

戦場で、血で血を洗う宇宙で実兄と、兵器を通じて再会する妹・セイラ!

その後、またもや休眠期間を経たと思ったら、今度は2年後の2011年2月に、今回紹介する「地球連邦軍 多目的軽戦闘機 FF-X7 コア・ファイター」が発売されたという経緯があったりする。
なお、U.C. HARD GRAPHシリーズ自体、その後若干の雑誌付録キットやガンダムフロント東京限定キット等が発売されたが、事実上の正規シリーズの発売展開は、このコア・ファイターで止まったままである。
真横から見た1/35 コア・ファイター。若干トップヘビーか

真横から見た1/35 コア・ファイター。若干トップヘビーか

というわけで、ようやく今回のお題・1/35 コア・ファイターの話になるのであるが、要するに「そういう流れ」なのだ。
「ザク地上戦セット」も含んだ結論でいいと思うが、ガンプラブームが80年代初頭に、スケールミリタリーモデラーを巻き込んで一気に社会現象化したこと自体は事実だし、それは今でも、現役ガンプラモデラーの中には、スケールモデラー出身者や、ミリタリーモデラーを兼ねてるファンもかなりの数がいるのだが、かといって、商品コンセプトを、あまりにも地味に、ミリタリーモデルテイストに振り切ってしまえば、なかなかビジネスとして結果が出るものでもなく、上記したが、1/35では絡めるキットも少ないため、どうしても通常ガンプラより若干お値段も難易度も高めなキットを、極めて狭い商品バリューの中で楽しまなければいけないという部分が、EXモデルシリーズよりも、さらにマイナー化してしまったこのシリーズの致命的な欠点であった。
キットを真上から見た状態。全体のシルエットや、色味の彩...

キットを真上から見た状態。全体のシルエットや、色味の彩度などがよく分かる

「その欠点」を補おうと、突然1/144へ舵取りをした「ザク地上戦セット」「陸戦型ガンダム地上戦セット」の2種が、付け焼刃で泥縄だった感は否めず、EXモデルシリーズならばそれでもまだ「マイナーなメカを、既存の1/144キットと並べられる」メリットがあったが、U.C. HARD GRAPHシリーズの場合は、逆にそこをEXモデルと差別化してしまったがために、さらに追い込まれることになってしまったのだと思われる。
フロントノーズ周辺のUP。キャノピーの白枠は付属シール処理

フロントノーズ周辺のUP。キャノピーの白枠は付属シール処理

42 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ガンプラり歩き旅』その39 ~超解像度! 超難易度! 究極至高の1/144 RGガンダム、満を持して只今見参!~

『ガンプラり歩き旅』その39 ~超解像度! 超難易度! 究極至高の1/144 RGガンダム、満を持して只今見参!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第39回は、究極精密組立地獄。空前絶後の超絶モデルの1/144 RGガンダムが登場です!
市川大河 | 7,140 view
『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~

『ガンプラり歩き旅』その38 ~1/144 ガンダムは、何度だって蘇ってくる!(6度目)~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第38回は、6度目の商品化となる、1/144 ガンダムの紹介です!
市川大河 | 3,277 view
『ガンプラり歩き旅』その23 ~連邦V作戦の一角・ガンタンク!~

『ガンプラり歩き旅』その23 ~連邦V作戦の一角・ガンタンク!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第23回は、ガンダム、ガンキャノンと共に、ホワイトベースを守り抜いた主役トリオの一角、ガンタンク!
市川大河 | 4,507 view
『ガンプラり歩き旅』その16 ~地球連邦軍旗艦マゼラン登場!~

『ガンプラり歩き旅』その16 ~地球連邦軍旗艦マゼラン登場!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第16回は、ガンダム世界の地球連邦軍の旗艦にして、レビル将軍もワッケイン司令も乗り込んでいた、宇宙戦艦・マゼランの、1/1200キットの紹介です!
市川大河 | 4,535 view
『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

『ガンプラり歩き旅』その52 ~元々は小説版から生まれた、G3ガンダムとシャア専用リック・ドム!~

ガンプラ! あの熱きガンダムブーム。あの時代を生きた男子であれば、誰もが胸高鳴り、玩具屋や文房具屋を探し求め走ったガンプラを、今改めて当時のキットから現代キットまで発売年代順に、メカ単位での紹介をする大好評連載の第52回のお題は、G3ガンダムとシャア専用リック・ドムの紹介です!
市川大河 | 8,324 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト