国産オーディオ御三家「サン・トリ・パイ」(SANSUI・TRIO・PIONEER)
2016年6月3日 更新

国産オーディオ御三家「サン・トリ・パイ」(SANSUI・TRIO・PIONEER)

70年代〜80年代のオーディオと言えば多くの日本メーカーが作っていました。東芝(オーレックス)三菱(ダイアトーン)松下電器(テクニクス)三洋電機(オットー)日立(ローディ)、など他にも沢山ありました。その中でも、「サン・トリ・パイ」と言われたSANSUI・TRIO・PIONEERをのオーディオ御三家を振り返ってみましょう。

45,129 view

かつて国産オーディオ御三家「サン・トリ・パイ」

かつて国産オーディオ御三家といえば「サン・トリ・パイ」

かつて国産オーディオ御三家といえば「サン・トリ・パイ」

オーディオと言えば「サン・トリ・パイ」と言われた時代が懐かしいですね。3社とも残念ながら倒産したり事業撤退してしまい、かつてのオーディオ御三家は全滅してしまいました。
トリオはオーディオブーム全盛の頃には山水電気(破産済み)、パイオニア(2015年3月2日よりホームAV機器事業は全てオンキヨーの完全子会社のオンキヨー&パイオニア(旧・パイオニアホームエレクトロニクス)へ移管)と並びオーディオ御三家とされ「サン・トリ・パイ」と通称された。

SANSUI

SANSUI (山水電気)

SANSUI (山水電気)

山水電気の歴史は1944年に山水電気製作所を開設、1947年に「山水電気株式会社」として設立
1980年代のオーディオブーム全盛の頃、ステレオアンプ技術において名門として知られ売上を伸ばしていました。また一時はJBLの日本総代理店にもなっていました。しかし、労働争議が厳しくなり2014年に完全に倒産してしまいました。
SANSUI AU-707

SANSUI AU-707

山水と言えば高出力のプリメインアンプ、このブラックフェイスがカッコ良かったですね。当時のオーディオブームで高額でも売れまくってました。みんな憧れの機種の一台でもあったと思われます。
SANSUI SP-505J

SANSUI SP-505J

一時はJBLの日本総代理店にもなって、JBLのユニットを用いたフロア型スピーカーシステムもありました。

SANSUI SP-505J speakers (JBL LE14H + LE175DLH) perfect restored by KENRICK SOUND - YouTube

SANSUI APS-220

SANSUI APS-220

こんな大型の機材も発売していました。

SANSUIの広告

1970年代の広告

1970年代の広告

こちらは1970年代の広告、オーディオ時代というより当時はステレオと言われていた時代ですね。サンスイのカタカナのロゴにも注目。
機種の型番はSP-2002, AU-777D, CA-303, BA-90, TU-777, CD-3, SR-3030
スピーカーの広告

スピーカーの広告

JBLの輸入元としてもがんばっていた時代の広告ですね。JBLのロゴも入ってますね。

TRIO

TRIO

TRIO

「TRIO」はKENWOODブランドの前身、オーディオメーカーのブランドまたは社名として1980年代前半まで使われていました。KENWOOD時代よりTRIO時代の方が好きという方も多いのではないでしょうか。
1947年2月に採用された「TRIO」ブランドは、音楽に関係した事業内容にふさわしいブランドとして選ばれたもので、親族による経営(春日仲一・弟の二郎・叔父の久夫の3名)が三重奏のように調和するという願いも込められている。
KT-9900

KT-9900

SANSUIがアンプで強いと言われ、TRIOはチューナーが強いと言われた時代。このKT-9900は1976年に初のパルスカウント方式のチューナーとして発表されたFMチューナーですが、当時20万円した機材。
また、長年アマチュア無線や受信機を手がけてきた技術を評価され「チューナーのトリオ」とも呼ばれていた。アマチュア無線機器ではアイコム、八重洲無線(のちのバーテックススタンダード前身のひとつ)と共に、三巨頭を形成していた。日本で初めてアマチュア無線用送信機「TX-88A」を世に送り出した社である。
TX-88A

TX-88A

無線機の分野でも「チューナーのトリオ」と言われるまで信頼されていました。
1961年に登場「KENWOOD」ブランド

1961年に登場「KENWOOD」ブランド

実は、KENWOODブランドも海外向けに昔(1961年)からありました。なぜ海外ではTRIOではないのか、その理由が既に「TRIO」が商標登録されていたためだった。
「KENWOOD」ブランドは、1961年11月に日本国外向けブランドとして採用されたものである。アメリカ事務所を設置した際、既に「TRIO」が商標登録されていたため、急遽ブランド名を考えなければならなかった。そこで、よいイメージのあるハリウッドの「WOOD」に、語のつながりがよく高級感がある「KEN」を合わせて「KENWOOD」とした。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドル!アグネス・ラムの「未公開ビキニ」が45年ぶりに発掘!デジタル写真集になって発売決定!!

元祖グラビアアイドルとして数々の雑誌を彩ったアグネス・ラムの未公表写真が45年ぶりに発掘!それらを1冊にまとめたデジタル写真集「アグネス・ラム 砂浜の恋人」が、小学館より現在好評発売中です。
隣人速報 | 5,930 view
90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

90年代前半のりぼん作品が集結!少女誌・りぼんの展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が開催決定!!

集英社が発行する日本を代表する少女漫画誌「りぼん」の展示会「特別展りぼん 250万りぼんっ子 大増刊号」が、東京・新宿高島屋及び京都高島屋などで開催されることが決定しました。
隣人速報 | 639 view
講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

講談社「なかよし」がついに創刊65周年!『リボンの騎士』『セーラームーン』などの貴重原画が展示される原画展が開催!!

1954年の創刊以来、女の子に愛されてきた漫画雑誌「なかよし」が、2020年1月号で65周年を迎えます。日本で現存するマンガ雑誌の中で最も長い歴史を持つ「なかよし」。その65周年を記念し、原画展の開催が決定しました。開催期間は10月4日から12月25日まで。
隣人速報 | 269 view
ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

ハローキティがついに「ハリウッド映画」に進出!サンリオがかつて製作したハローキティのアニメ映画って?

株式会社サンリオとワーナー ブラザース ジャパン合同会社は、サンリオキャラクター初のハリウッド映画の脚本家に、脚本家プロダクション「ノウン・ユニバース」のリンジー・ビアの起用を発表しました。
隣人速報 | 214 view
昔懐かし!あなたのグラビアが居酒屋のポスター&週刊大衆の誌面に!

昔懐かし!あなたのグラビアが居酒屋のポスター&週刊大衆の誌面に!

ネットサービス「マシェバラ」は、双葉社発行「週刊大衆」とのコラボ企画「4代目 大衆居酒屋ポスター・グラビア誌面イメージガール選考オーディション」の参加者を現在募集中です。
隣人速報 | 6,671 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト