いかにもアメリカンな青春映画「グローイング・アップ」は、実はイスラエル映画なんですよね。
2017年6月26日 更新

いかにもアメリカンな青春映画「グローイング・アップ」は、実はイスラエル映画なんですよね。

70年代後半から80年代後半まで10年におよびシリーズ化された映画「グローイング・アップ」。ご機嫌なロックンロールにのって高校生の青春を描き出し世界的に大ヒットしました。いかにもアメリカンなこの映画、実はイスラエル映画なんです。ちょっとエッチでおバカな3人組が最高なのですが、こういった若者心理は全世界共通ということなのでしょうね。

5,290 view

グローイング・アップ

車と女の子とロックンロールといえば、50年代を舞台にした青春映画の定番ですね。スターウォーズ・シリーズ等で知られるジョージ・ルーカス監督の「アメリカン・グラフィティ」がその代表です。その「アメリカン・グラフィティ」が公開されたのは1973年ですが、それらか5年後にオマージュともいえる作品が登場し大成功を収めます。

それが、1978年公開の「グローイング・アップ」です。
グローイング・アップ

グローイング・アップ

公開:1978年

監督・脚本:ボアズ・デヴィッドソン
製作:ヨーラム・グローバス、メナヘム・ゴーラン
脚本:エリー・テイヴァー
撮影:アダム・グリーンバーグ
音楽:ジャック・フィッシュマン
「グローイング・アップ」は、「アメリカン・グラフィティ」に比べるとお色気度が高いというか、主人公は女の子のことにしか興味がないといった感じです。まさにB級映画というか、低俗といってよいかとも思います。
つまり、70年代に青春時代を過ごした男の子にとっては、「グローイング・アップ」の方がリアルだったりするのです。

Lemon Popsicle trailer (Cannon Films)

「グローイング・アップ」予告編
物語は他愛もありません。シャイな笑顔が印象的なベンジー、イケメンのボビー、太っちょのヒューイの悪ガキ3人によるひと夏の笑いあり涙ありの青春映画です。

時代設定は1958年ということで、ポール・アンカの「 ダイアナ」やボビー・ヴィントンの「ミスター・ロンリー」などといったオールディーズのヒット曲が「アメリカン・グラフィティ」同様に絶えず流れています。なのでついアメリカ映画なのかと思ってしまいますが、これはイスラエル映画なのです。

因みに「アメリカン・グラフィティ」は1962年夏の設定です。

主役のベンジー役を務めたのはイフタク・カツールです。シャイな笑顔が当時の女の子たちのハートを射止めました!
イフタク・カツール

イフタク・カツール

生年月日:1958年7月17日
因みにブランキー・ジェット・シティのボーカルだった浅井健一のあだ名「ベンジー」は、ここからきているのだそうです。なるほど、なんとなく似てますね。
浅井健一

浅井健一

生年月日:1964年12月29日

グローイング・アップ2/ゴーイング・ステディ

「グローイング・アップ」の成功を受けて、翌年には早速「グローイング・アップ2/ゴーイング・ステディ」が公開されます。
グローイング・アップ2/ゴーイング・ステディ

グローイング・アップ2/ゴーイング・ステディ

公開:1979年

監督 : ボアズ・デヴィッドソン
出演 : イフタク・カツール/ジョナサン・サガール/ツァッチ・ノイ
脚本 : ボアズ・デヴィッドソン/エリー・テイヴァー
撮影 : アダム・グリーンバーグ
「グローイング・アップ」はシリーズ化され、なんと8作も作られたのですが、最も人気があるのが本作「グローイング・アップ2/ゴーイング・ステディ」と言われています。
やはり前作が世界的な大ヒットとなったからでしょうか、制作陣にも主役の3人にも勢いが感じられます!それを証明するかのように音楽も留まることを知らないかの如く、最高のロックンロールがてんこ盛りです。
サウンドトラック盤

サウンドトラック盤

SIDE-1
1.スプリッシュ・スプラッシュ:ボビー・ダーリン
2.タミー:デビル・レイノルズ
3.ワインより甘いキッス:ジミー・ロジャース
4.ビキニスタイルのお嬢さん:ブライアン・ハイランド
5.ローラに好きだと言ってくれ:レイ・ピーターソン
6.ビー・バップ・アルーラ:ジェリー・リー・ルイス
7.煙が目にしみる:ザ・プラターズ
8.ヤケティー・ヤック:ザ・コースターズ
9.アイム・ソーリー:ブレンダリー
10.悲しき街角:デル・シャノン
11.夏の日の恋:パーシー・フェイス・オーケストラ
 
SIDE-2
1.ハイスクール・コンフィデンシャル:ジェリー・リー・ルイス
2.ルシール:リトル・リチャード
3.オンリーユー:ザ・プラターズ
4.テキーラ:ザ・チャンプス
5.リトル・ダーリン:ザ・ダイヤモンズ
6.この世の果てまで:スキーター・デイビス
7.レッツ・ツイスト・アゲイン:チャビー・チェッカー
8.ひとり淋しく:ブレンダ・リー
9.ホワイ?:フランキー・アバロン
10.スリープ・ウォーク:サント・アンド・ジョニー
11.ラストダンスは私に:ザ・ドリフターズ
物語は、前回同様に悪ガキ3人組が繰り広げるドタバタ青春お色気コメディーです。

あらすじ
海で可愛い女の子を見つけてナンパする三人組、しかし裸にされて海に放置されてしまう。
そんなオバカなトリオの一人、ベンジーが恋をしてしまう。
それもとびっきりの美女、やるせない気持ちとすれ違う恋心。
あせるベンジー!彼に素敵な結末がおとずれるのか!?
懐かしのオールディーズソングにのせて贈るシリーズ最高傑作。
今回の恋のお相手  タミー

今回の恋のお相手 タミー

演じるのはイヴォンヌ・ミカエルです。
当時この映画を観た男の子は、「ベンジーになりたい」もしくは「俺こそがベンジーだ」と思ったことでしょう。そして、「ベンジーのような彼氏が欲しい」と思った女の子は多かったはずです。
そうした人にとって、この映画のラストシーンは忘れられないものになったと思います。

ベンジーに憧れた男の子も女の子も今や子供がベンジーの年齢となっていることでしょう。もしかすると、今再びこの映画を観ると自分の子供にはこう言うのかもしれません。「ベンジーのようにはなってはいけない」「ベンジーのような男と付き合ってはいけない」と。いかがでしょうか?
ベンジー

ベンジー

ラストシーンも冷静にみると、人の車は壊すは、他人の家には侵入するはでムチャクチャです。ベンジーは自分のことにか考えていません。他人のことなんて知るもんか、自分さえよければそれでいい。ただそれだけです。
なんとパンク的なのでしょう。青春って身勝手なものですよね。分別のある大人となった今では許しがたいベンジーの行動です。大人も身勝手なものですよね。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

お色気青春!!『グローイング・アップ』

お色気青春!!『グローイング・アップ』

主人公のベンジー、軟派でイケメンのボビー、デブのヒューイの3人はナンパに余念がなく、とにかく女の子大好き! の3人が描くエッチな青春ストーリー『映画』をまとめてみました。
ギャング | 11,740 view
【スカウター】ドラゴンボール世代にはお馴染みのスカウター、拡張現実の技術で現実になる日も近そうです。

【スカウター】ドラゴンボール世代にはお馴染みのスカウター、拡張現実の技術で現実になる日も近そうです。

ドラゴンボールのスカウターは誰もが知っているツール。今風にいえば「AR(拡張現実)」という技術になるスカウターは、もはや現実のものとなる日が近そうです。それどころか、相手の戦闘力を測るだけのスカウターよりもはるかに未来的!?そんなツールを見かけたのでご紹介します。ファミコン世代にお馴染みのサン電子社も絡んでいるようです。
青春の握り拳 | 11,051 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト