セガサターン「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」、この物語の中核になるモビルスーツたち
2017年7月8日 更新

セガサターン「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」、この物語の中核になるモビルスーツたち

1996年~1997年、セガサターンで展開された「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」。この物語の中核になるモビルスーツたちを紹介いたします。

7,481 view

ゲーム「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」について

1996年から1997年にかけてセガサターンで、三部作として販売された3Dシューティングゲームです。
第一部:「機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー」
第二部:「機動戦士ガンダム外伝2 蒼を受け継ぐ者」
第三部:「機動戦士ガンダム外伝3 裁かれし者」
となっています。
上記三部作のセット版、「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」 も発売されました。
その後、2014年にプレイステーション3で「機動戦士ガンダム サイドストーリーズ」が発売され、「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」がその中に1シナリオとして収録されています。
機動戦士ガンダムにおける一年戦争末期、EXAMシステムと呼ばれる対ニュータイプ用の戦闘システムを搭載した蒼いモビルスーツを巡って歴史の裏で繰り広げられた戦いを描いている。
機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー タイトル画面

機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー タイトル画面

機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー ゲーム画面

機動戦士ガンダム外伝1 戦慄のブルー ゲーム画面

コックピット視点による3Dシューティングゲームです。
スピード感あふれる操縦感覚が楽しめました。

EXAMシステムについて

危機感を持ったクルスト博士は、やがて研究内容を変更、オールドタイプでもニュータイプを倒せるシステムの開発に着手する。そしてそのシステムは、テスト中に発生した偶発的な事故でニュータイプの少女「マリオン・ウェルチ」の精神波をコピーしたことによって完成する。この事故でマリオンは意識不明となった。クルスト博士はシステムにニュータイプを裁くための (examination) システムとして「EXAMシステム」と名付けた。
EXAMシステムを発動したB.D.1号機

EXAMシステムを発動したB.D.1号機

※画像は「機動戦士ガンダム サイドストーリーズ」のPVのものです。
クルスト博士は、ニュータイプ脅威論者で、研究成果を注ぎ込んで作られました。
近くにニュータイプを感知すると、「EXAM System Stand By……」という機械音声と共に、EXAMシステム搭載モビルスーツの機動性が大幅に増大します。

物語の中核になる【EXAMシステム】搭載モビルスーツたちについて

RX-79BD-1 ブルーディスティニー(B.D.1号機)

陸戦型ジムをベースに開発が進められたが、機体の限界から頭部だけ陸戦型ガンダムに移植され、完成した。開発者クルスト・モーゼスの意向で、全身が名前の通り蒼く塗装されている。
1/144 HGUC RX-79BD-1 ブルーディス...

1/144 HGUC RX-79BD-1 ブルーディスティニー1号機

※この画像はプラモデルのものです。
「機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY」の主人公、ユウ・カジマがテストパイロットとして乗り込むことになる機体です。機体そのものが「蒼い死神」の異名で呼ばれています。

MS-08TX[EXAM] イフリート改

イフリートをベースにEXAMシステムを搭載し、武装を追加した物。EXAMシステムの小型化(一説には冷却装置)に失敗しており、ベース機と比較すると頭部が大きく肥大している。
RE/100 機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE ...

RE/100 機動戦士ガンダム外伝 THE BLUE DESTINY イフリート改 1/100スケール 色分け済みプラモデル

※この画像はプラモデルのものです。
ニムバス・シュターゼン(ジオン軍のエース。自称ジオンの騎士。)が搭乗し、大きな戦果をあげました。ですが、ユウ・カジマの搭乗するB.D.1号機と激しい戦闘を繰り広げた際、機体性能差から追いつめられて敗北しました。逃走間際にグレネードランチャーを放ち、EXAMを搭載したB.D.1号機の頭部を破壊しました。その直後に、イフリート改は爆散しています。

RX-79BD-2 ブルーディスティニー(B.D.2号機)

34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

初代「たまごっち」が初の完全復刻!「お世話しないと死ぬ仕様」も再現されてます!!

初代「たまごっち」が初の完全復刻!「お世話しないと死ぬ仕様」も再現されてます!!

1996年に発売され、当時大流行した携帯型育成ゲーム・初代「たまごっち」を完全復刻した商品「祝20しゅーねん!たまごっち」が11月23日に発売されます。お世話しないと死ぬ仕様も完全再現!!
隣人速報 | 1,794 view
世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

世界初のフルCGアニメ『トイ・ストーリー』からウッディとバズ・ライトイヤーがディズニー初のアバターアプリに登場!

1996年3月に公開されたディズニー配給のフルCGアニメーション『トイ・ストーリー』。アプリ『ディズニー マイリトルドール』に、同作の人気キャラ、ウッディとバズ・ライトイヤーがリトルドールとなって登場した。
初代から約80%小型化した「ちびたまごっち」が発売!17日(金)から秋葉原で先行発売も!!

初代から約80%小型化した「ちびたまごっち」が発売!17日(金)から秋葉原で先行発売も!!

バンダイ ガールズトイ事業部は、3月17日(金)から「かえってきた! ちびたまごっち」の先行販売イベントを東京・秋葉原の「ヨドバシカメラ マルチメディアAkiba」で行う。時間は17時30分から。
表向きは硬派なシューティングゲーム『バトルガレッガ』その裏の顔は……。

表向きは硬派なシューティングゲーム『バトルガレッガ』その裏の顔は……。

『バトルガレッガ』は、1996年にアーケードゲームとして販売されたシューティングゲームです。 セガサターン、PS4、XBOX Oneにも移植されており、シューティングゲーを語る上では欠かす事の出来ない傑作なのですが、その独特な「ランク」システムと求められる知識量が多すぎるために、大きく賛否が分かれる作品です…。
テクモ初の3D格ゲー、「世界で一番美しい格闘ゲーム」と自負する『DEAD OR ALIVE』の魅力は美麗ポリゴンにあった!

テクモ初の3D格ゲー、「世界で一番美しい格闘ゲーム」と自負する『DEAD OR ALIVE』の魅力は美麗ポリゴンにあった!

『デッド オア アライブ』(DEAD OR ALIVE)は、テクモより販売された3D対戦格闘ゲームです。アーケードゲームとして1996年10月稼動を開始しました。テクモ初の3D格闘ゲームとして世に送り出した人気シリーズの第1弾です。
岸辺ミル | 2,903 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト