マニア受けする音楽だからこそ、多くの人にソフト・セルは聴いてほしい
2016年10月3日 更新

マニア受けする音楽だからこそ、多くの人にソフト・セルは聴いてほしい

素晴らしい音楽だから多くの人に聴いてほしいと思いますが、本人たちがそう思っていない節が見受けられるソフト・セル。にも係わらず世界的な大ヒットを放っているというユニークなユニットです。ポップな曲を作る才能を持ちながらそれを拒み、マニアックな世界へと深化を遂げたソフト・セルですが、マニアが大喜びするにはそれだけの理由があります。是非、多くの人に聴いてほしいと思います。

1,637 view

Soft Cell

ソフト・セル

ソフト・セル

さて、困りました。
ソフト・セルは80年代イギリスのニュー・ウェーヴを代表するユニットです。と言ったところで、果たしてどれほどの人が覚えているでしょうか?
マーク・アーモンド(ヴォーカル)とデイヴ・ボール(シンセサイザー)の二人組といってもほとんどの人は分からないのではないかと思います。
大ヒット曲を持っており、当時は日本でもよく耳にしていました。が、聴けば聞き覚えがある人は多いかとは思いますが、当時でさえ一般にソフト・セルというユニット名を認識している人は少なかったと思います。

ですが、ソフト・セルはとてもユニークで、歴史の中に埋もれてしまうのは余りにも勿体ない素晴らしい音楽を残しています。
ということで、余り知られていないソフト・セルの足跡を辿ってみます。

Some Bizzare

ソフト・セルの2人は、スロッビング・グリッスルやキャバレー・ヴォルテールなどの影響を受けていたそうです。
いくら当時の最先端のアンダーグラウンド音楽とはいえ、、スロッビング・グリッスルやキャバレー・ヴォルテールというのが一般に馴染みがないバンドですよね。
なんともアンダーグラウンド志向が強かったというのはよく分かります。

1981年に「Some Bizzare Album」といインディーズからアマチュアばかりのコンピレーション・アルバムが発売され、ソフト・セルは2トラックの簡単なレコーダーで自宅録音した「The Girl With A Patent Leather Face」が収録されています。

このアルバムは当時のインディーズとしてはヒットし、レーベル会社Some Bizzare Recordsが立ち上がります。
ソフト・セルはこのレーベルからシングル「A Man Can Get Lost (7インチ)」と「Memorabilia (12インチ)」を発売しロンドンのクラブ・シーンで徐々に注目されていきます。
Some Bizzare Album

Some Bizzare Album

後に有名となるザ・ザやデペッシュ・モード、ブラマンジェなどが収録されています。

Non-Stop Erotic Cabaret

あまりマニアックなものは一般的に受け入れられにくいものですが、カバー曲というのが良かったのでしょう、1964年にグロリア・ジョーンズが歌った「汚れなき愛」を発売したところ恐らく大方の予想に反し全英1位、全米でも8位という大ヒットとなりました。
Tainted Love

Tainted Love

汚れなき愛

Soft Cell - Tainted Love

汚れなき愛
オリジナルは全くヒットしなかったようですが、よい曲ですね。アレンジが時代に合ったということでもあるのでしょう。

ところで、「ウォーーー」という印象的なコーラスは、ヤードバーズの「ハートせつなく」から引用したそうです。

The Yardbirds - Heart Full of Soul (1968) With Jimmy Page

ハートせつなく
なるほど、確かに同じですね。

それはともかく、ソフト・セルは「汚れなき愛」が成功したことで1981年にファースト・アルバムが発売されることになりました。
エロティック・キャバレー

エロティック・キャバレー

1981年リリース

【収録曲】
1. フラストレーション
2. 汚れなき愛
3. 三流映画
4. ユースは去った
5. セックス小人の誘惑
6. 操り人形
7. 肩の傷
8. ベッドの上が僕の国
9. 秘密ゲーム
10. さよならと言って別れて
題名どうり、そこはかとなく妖しい雰囲気が漂っているアルバムですね。しかし、マーク・アーモンドのはりのある声がうまい!!って感じです。今聞いても古臭さを感じさせない音です。ソフト・セルのアルバムの中で最も好きな作品です。映像も妖しいです。

Non-Stop Ecstatic Dancing

日本では発売されなかった企画盤。とはいえ「Memorabilia」はボーカルも再録され、「A Man Could Get Lost」は「、A Man Can Get Lost」のインストバージョンだったり、よりダンサブルにリミックスされています。ファンには見逃せない好企画です。

シングル・カットされた「What!」は、全英3位となっています。
Non-Stop Ecstatic Dancing

Non-Stop Ecstatic Dancing

1982年リリース

【収録曲】
1 Memorabilia (Non Stop Ecstatic Dancing Version)
2 Where Did Our Love Go? (Non Stop Ecstatic Dancing Version)
3 What?
4 A Man Could Get Lost
5 Chips On My Shoulder (Non Stop Ecstatic Dancing Version)
6 Sex Dwarf (Non Stop Ecstatic Dancing Version)
7 Tainted Love / Where Did Our Love Go (Extended Version)
8 Memorabilia (Extended Version)
9 What! (Extended Version - Non Stop Ecstatic Dancing Edit)
10 So (Extended Version)
11 Torch (Extended Version)
12 Insecure Me (Extended Version)
出典 okmusic.jp
ソフトセルで踊りたいならこれがおすすめです。

Soft Cell - "What"

33 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト