発売前にタイトルが変更になったゲーム特集で~す(^^)/
2019年2月3日 更新

発売前にタイトルが変更になったゲーム特集で~す(^^)/

ゲームには開発段階でのタイトルと、発売された時のタイトルとでは、まったく違うものがありますよね! え?なんでそんなタイトルだったの???なんてゲームを特集してみました~ きっとご存じのゲームも入ってますよ!

8,881 view

タイトルが変更になったゲームに関して

発売直前にタイトルが変更になったり、開発コードのまま発表されたものが正式な名称になったりと、変更した理由は様々あるようです。

今回は、そんなタイトル変更のあったゲームで、印象的なものをピックアップしてみたいと思います(^^)/

ファミリーコンピュータ

笹川2号 → ボンバーキング

Amazon | ボンバーキング | ゲームソフト (2076357)

このゲームはもともとハドソンの外部から持ち込まれた企画であり、その当初は「コリドール」というタイトルでした。

しかし、そのままでは発売が難しい状態だったので、当時ハドソンに在籍していたの笹川敏幸さんによって、大幅な手直しが施されました。

「笹川2号」とは、笹川敏幸さんによって開発し直された「コリドール」バージョン2の、ハドソン社内でのコードネームだったんですね。

それが開発中である為に、ゲーム雑誌では「笹川2号」と掲載されました。

この「ボンバーキング」、めちゃくちゃ好きでした(^^)/
「ボンバーマン」とはかなり世界観が違っていて、ビームまでありましたよね!
面白かったなぁ

スーパースターフォース → スターソルジャー

Amazon | スターソルジャー | ゲーム (2076358)

もともと元祖だった「スターフォース」は、当時テーカンという社名のテクモがアーケードでリリースしていました。

その後、ファミコン版の「スターフォース」を移植・販売したのがハドソンです。

そして、この「スターフォース」の続編を、両社が同時期に開発しており、一時的に「スーパースターフォース」というタイトルがダブってしまう様なかたちになりました。

そこで、オリジナルの版権を持つテクモが、ハドソンに「スーパースターフォース」のタイトル使用にNGを出し、ハドソンは「スーパースターフォース」の名称を使えないことを知りながら、雑誌では仮タイトルとして「スーパースターフォース」と発表していました。

その為、「スターフォース」の続編は、テクモの「スーパースターフォース」とハドソンの「スターソルジャー」の2つあるということになりますね(^^)/

セクターゾーン → セクロス

◇◆ セクロス 新品・未使用品 ◇◆ - ヤフオク! (2076361)

この「セクロス」は、もともと日本物産から「セクターゾーン」というタイトルでアーケードにリリースされていました。

この「セクターゾーン」が北米では「セクロス」というタイトルでリリースされており、ファミコンに移植される際に、北米でのタイトルに切り替わりました。

ちなみに、「セクターゾーン」は日本国内でのアーケード版のみの名称であり、Wii版やWindows版では「セクロス」となっています。

スーパーファミコン

ガーディアンブレイド → アルカエスト

ヤフオク (2076364)

このゲームは、開発当初はHAL研究所でした。

その当時は「ガーディアンブレイド」というタイトルで発表されていたのですが、1992年6月にハル研究所は和議法(民事再生法)を申請し、倒産してしまいます。(後に星のカービィで大復活を遂げますが)

その為、「ガーディアンブレイド」はもう日の目を見ないで終わるのか、となったところをスクウェアがタイトルを「アルカエスト」に変更して発売したのです。

せっかく開発したゲームが世に出ないで終わることが一番残念でしょうから、この時のスクウェアはグッジョブだと思います(^^)/

スパークリングショット → カービィボウル

カービィボウル | 中古 | スーパーファミコンソフト | 通販ショップの駿河屋 (2076366)

このゲームはずっとながい間開発され続けていたもので、開発中は「スパークリングショット」や「スペシャルティーショット」というタイトルでした。

そこにカービィのコピー能力などが加わりゲーム要素に追加変更が加えられて、タイトルにカービィが乗っかり、ようやく世に出てきたゲームなんです。

要するに、最初はカービィが居なかったんですよね(笑)

電神魔隗 → ゴーストチェイサー電精

68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

一番使いやすかったのは?20世紀を彩った家庭用ゲームマシンのコントローラーを振り返る。

一番使いやすかったのは?20世紀を彩った家庭用ゲームマシンのコントローラーを振り返る。

私たちの多くがお世話になった家庭用ゲーム機。「一日1時間まで!」なんてルールを遵守しつつ、私たちは必死でテレビの画面と戦っていましたね。テレビがあってゲーム機本体があって。そこからコードで繋がれた「コントローラー」を握りしめてゲームに耽ったあの頃。私たちが握りしめていてコントローラー、どんな形状が使いやすかった??
ファミ通読者が選ぶゲームハード別の80年代・90年代の懐かしい思い出ゲーム

ファミ通読者が選ぶゲームハード別の80年代・90年代の懐かしい思い出ゲーム

『ファミ通創刊30周年記念号』の30周年記念特集3「ファミ通読者が選ぶ思い出のゲームランキング」記事の中から80年代と90年代のファミリーコンピュータ、PCエンジン、メガドライブ、ゲームボーイ、スーパーファミコン、セガサターン、プレイステーション、NINTENDO64、ドリームキャストの各ハード別の思い出ゲームをまとめています。
ガンモ | 40,785 view
未開封を侮るな!ネットオークションで高額取引される新品未開封品(ゲーム機編)

未開封を侮るな!ネットオークションで高額取引される新品未開封品(ゲーム機編)

皆さんはネットオークション界隈で言われている「未開封を侮るな」「中古と新品は別物」という格言をご存知でしょうか?主に古い商品でその傾向が強いです。この記事では、ヤフオクやアマゾンでの「ゲーム機」の新品の相場をご紹介したいと思います。
ゲームも文化であり、また歴史である――京都の資料館でテレビゲーム展「CONTINUE ~“ゲーム”90年の歴史~」が開催中!

ゲームも文化であり、また歴史である――京都の資料館でテレビゲーム展「CONTINUE ~“ゲーム”90年の歴史~」が開催中!

京都府城陽市にある城陽市歴史民俗資料館が、平成30年度夏季特別展としてテレビゲーム展「CONTINUE ~“ゲーム”90年の歴史~」を開催している。インベーダー、ゲーム&ウォッチといった定番のゲームはもちろん、チャンネルFやゲームポケコンといったコアなもの、PlayStation4にNintendo Switchなどの新しいゲームも展示されている。
ニュースFレン | 2,558 view
ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ゲームの世界観を広げてくれるBGM、ゲームサウンド(音源)の歴史と代表的なゲームを振り返る。

ファミコンなら”ブピブピ”、FM音源なら”ギュイーン”。ゲームサウンドには音源ごとの特徴や代表的なゲームがあり、私たちはいまでもそれらのBGMを憶えていたりするものです。そんなゲームサウンドの歴史、名曲と呼ばれたゲームを振り返っていきましょう。
青春の握り拳 | 14,799 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト