生き方に憧れる人多し!の高田渡。音楽的絶頂期を飾る70年代のアルバムがこれです。
2020年9月5日 更新

生き方に憧れる人多し!の高田渡。音楽的絶頂期を飾る70年代のアルバムがこれです。

近年、高田渡の生き方に憧れている人が多くいますね。その高田渡の音楽的な絶頂期は70年代。個性の強い曲ばかりですが、生き方同様に一度聴くと耳に残って忘れられなくなる優しい曲ばかりなんですよ。

295 view

高田 渡

いつの間にかフォーク界の巨匠などと呼ばれるようになった高田 渡。デビュー当時を知る人にとっては、この名称に違和感を覚える人がいるかもしれません。確かに当時から人気はありました。が、フォーク界でも吉田拓郎や井上陽水のようなメジャーな存在ではありませんでしたし、なによりフォークソング自体がマニアックでしたから、人気があったと言っても極々一部でのことです。しかし、しかしです。極々一部での人気とはいえ、今日までずっと続いている。これはかなりスゴイことですよ。大ブレイクすることなく何十年も忘れられそうになりながらも忘れられることがなかった。何十年もです。スゴイ。フォーク界の巨匠の名に恥じないです。
高田 渡

高田 渡

出生名:高田 渡
生誕:1949年1月1日
出身地:岐阜県北方町
死没:2005年4月16日(56歳没)
活動期間:1968年~2005年
広く注目を集めるようになったのは、2000年に入ってからでしょうか。インタビューや対談などを収めた書籍が多くが出版されるようになり、01年「金鳥120時間マット」、04年「養命酒」、16年「ガリガリ君」と、高田渡の曲がCMでもよく使われるようになっています。
そして何と言っても高田渡の日常とライヴ映像を撮影したドキュメンタリー映画「タカダワタル的」が2004年に公開されたことが大きかったように思います。

晩年の再評価は喜ばしいことですが音楽はやはり初期、70年代の作品が圧倒的に素晴らしいです。

ごあいさつ

高田渡がフォークシンガーとして活動を開始したのは1968年のことです。アマチュアながらも既に後に代表曲となる「自衛隊に入ろう」や「事だよ」を歌っていたといいますからスゴイですね。
URCレコードからカップリングアルバムを含む2枚のアルバムと3枚のシングルをリリースした後、キングレコードが新たにつくったレーベルであるベルウッド・レコードに移り心機一転して活動を始めるのですが、その第1弾が名盤中の名盤との誉れ高いアルバム「ファーストアルバム ごあいさつ」です。
ごあいさつ

ごあいさつ

01. ごあいさつ
02. 失業手当
03. 年齢・歯車
04. 鮪に鰯
05. 結婚
06. アイスクリーム
07. 自転車にのって
08. ブルース
09. おなじみの短い手紙
10. コーヒーブルース
11. 値上げ
12. 夕焼け
13. 銭がなけりゃ
14. 日曜日
15. しらみの旅
16. 生活の柄
このアルバムには「自転車にのって」「銭がなけりゃ」「 生活の柄」といった高田渡の代名詞的な名曲がてんこ盛りです。ティン・パン・アレーがバックを務めていますが、どこをどう切っても高田渡。そんなアルバムに仕上がっています。

「銭がなけりゃ」 高田渡

高田渡の若いころの映像はあまり残っていないようなので、どのようなものであっても貴重といえば貴重です。当たり前ですが若い!晩年の映像慣れしているので、ちょっとした驚きがありますね。そして、ハンサムっちゃハンサム。歌は相変わらずで、生涯この感じで押し通したんですよね。

系図

「ごあいさつ」のファンは多い。が、1972年4月にリリースされた「系図」の熱烈なファンがこれまた多い。この2枚のアルバムは、どちらが良いか?ではなく、どちらも良いが正解。そう断言できるアルバムなのですよ。

高田渡の歌を生活臭いとかオシャレじゃないとかという人がいますが、そう、それは確かにそう。好き嫌いがはっきりする音楽だろうと思います。ただね、「系図」「ミミズのうた」「酒」「69」、、、中毒性があるんですよね。
系図

系図

01. 夜風のブルース
02. 69
03. 出稼ぎの唄
04. 長屋の路地に
05. 酒
06. 手紙を書こう
07. 系図
08. ミミズのうた
09. 告別式
10.鎮静剤
11.鉱夫の祈り
12.あしたはきっと
パーソナルは、高田 渡(Vo・G)、武川雅寛(Vn)、池田光夫(Bn)、細野晴臣(B・P)、若林純夫(G・Vo)、シバ(Hca)、村瀬雅美(B)、村上 律(Bj)、駒沢裕城(G)、中川イサト(G)、いとうたかお(G・Vo)、他と知る人ぞ知るではありましょうが、ニヤリとするメンバーが入ってます。

系図ー高田渡

当時の映像でないのが残念ですが、それでも「系図」が観れるのはありがたい!です。

「ごあいさつ」が良いか、それとも「系図」か。高田渡を語る際には確かに大事な問題ではありますが、そこにベルウッド・レコードからの3枚目のアルバム、1973年リリースの「石」も入れないことにはファンは黙っちゃいないでしょう。ベルウッド3部作とも言われるこの3枚。甲乙つけがたいとはまさにこのことですよ。
石

01. ひまわり
02. 夜の灯
03. 私は私よ
04. ものもらい
05. 私の青空
06. 石
07. いつになったら
08. 丘を越えて
09. 当世平和節
10. 正午
11. 火吹竹
このアルバムにも「私は私よ」「ものもらい」「私の青空」など印象深い曲が目白押しです。バックを務めるのはお馴染みのフォーク畑のミュージシャンに加えて、ディキシー・キングズや柳田ヒロといった腕達者で個性的なミュージシャンがサポートしています。
32 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」が開催!レア音源収録のベスト盤やYMOの写真集の発売も!

細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969-2019」が開催!レア音源収録のベスト盤やYMOの写真集の発売も!

六本木ヒルズ展望台 東京シティビュー・スカイギャラリーにて、細野晴臣デビュー50周年記念展「細野観光1969 - 2019」の開催が決定しました。日程は2019年10月4日(金)から2019年11月4日(月・休)まで。
隣人速報 | 665 view
よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう が吉田拓郎になるまでの5年間。この僅か5年間で日本の音楽シーンは塗り替えられてしまいます

よしだたくろう はデビューしてからの5年間で、日本の音楽シーンを見事なほどに塗り替えてしまいます。それまでのフォークシンガーには成し得なかったポピュラリティを獲得し、アイドルのような存在となり、そして、大人社会にフォークは商売になると知らしめたのです。
obladioblada | 9,846 view
1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

1人でも多くの人に聴いてもらいたい、実に味わい深い斉藤哲夫の世界。

自身最大のヒット曲「いまのキミはピカピカにひかって」は、斉藤哲夫にとって異質と言えるものです。デビュー当時は哲学者と呼ばれたこの天才は、数こそ少ないものの、ヒットこそしなかったものの、実に味わい深い曲を残しています。
obladioblada | 2,075 view
知ってましたか?「アメリカ(バンド)」の全盛期を飾ったアルバム・タイトルは、全て頭文字が「H」なんですよ。

知ってましたか?「アメリカ(バンド)」の全盛期を飾ったアルバム・タイトルは、全て頭文字が「H」なんですよ。

「名前のない馬」や「金色の髪の少女」をはじめとして、70年代にヒット曲を連発した「アメリカ」。現在でも元気に2人組で活動していますが、3人組だった70年代の作品は、今聴いても心に沁みる素晴らしいものばかりです。そしてその素晴らしいアルバムのタイトルは全部「H」で始まるんですよ。
obladioblada | 5,661 view
あまりにも繊細な叙情派フォークの雄、“N.S.P”。埋もれてしまうには、すっごく惜しいんですけど。

あまりにも繊細な叙情派フォークの雄、“N.S.P”。埋もれてしまうには、すっごく惜しいんですけど。

70年代後半。時代がフォークからディスコ、パンク、日本ではニューミュージックへと移行していく中で、叙情派フォークと呼ばれたN.S.Pにとっては厳しかったでしょうね。しかし、彼らの残した音楽はいまでも輝いています。むしろ今聴くべき音楽なのではないかと思うのです。
obladioblada | 3,743 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト