UWFインターナショナル山崎一夫さんの取材があるんですけど同席します?
2017年3月1日 更新

UWFインターナショナル山崎一夫さんの取材があるんですけど同席します?

それは当時月刊チャンピオンで連載していた僕の担当編集Iさんからの電話でした。 週刊チャンピオンで山崎さんにインタビューする事になり、僕のプロレス好きをよく知ってる担当のIさんが同席できるように頼んでくれたのでした。

1,026 view

UWFインターナショナル

1993年の春だったと思います。
当時月刊少年チャンピオンで「ブルピッチ」という野球漫画を連載していた僕に
担当編集のIさんが電話してきたのでした。
週刊チャンピオンでUWFインターナショナルの山崎一夫さんを呼んで
インタビューするんですけど同席します?
僕のプロレス好きをよく知ってる担当のIさん
実は取材で何度もUインターやFMWのビッグマッチに一緒に行っていたのでした。
もちろん一も二も無く快諾…というよりこちらから頼み込む形で
お邪魔させていただくことになりました。

場所は新宿の談話室「滝沢」!
当日間違っても遅れることの無いよう1時間近く余裕をもって新宿に向かいました。
息の西武新宿線の駅で日刊スポーツを買うと1面の見出しは
「山崎一夫vsスーパーベイダー(ビッグバンベイダー)戦決定!
これから会う人がいつも買う新聞の1面トップに載っていらんです!
なんという偶然!僕の頭の中には山崎選手の入場テーマが流れ
周囲の人にばれるくらいニヤニヤしながら新宿に着いたのでした。
山崎一夫vsスーパーベイダー(ビッグバンベイダー)

山崎一夫vsスーパーベイダー(ビッグバンベイダー)

山崎さんはもちろんベイダー選手の試合も何度も観戦しました!
旧くは日本デビューのたけしプロレス軍団の国技館から
ムーンサルトプレスを見せた東京ドームのアントニオ猪木戦まで!

時は(早く)来過ぎた!

余裕を持ち過ぎたのか談話室「滝沢」について予約した部屋に案内してもらうと
僕一人、誰も居ません。
山崎さんはもちろん週刊月刊チャンピオンの編集さんも
まだ着いていなくて僕が1番乗りで一人で他の方の到着を待つ形になってしまいました。。

数分後ノックとともにドアが開き、2番目に着いたのはなんと
山崎さんとUWFインターナショナルのマネージャーの2人
僕を紹介してくれる編集さんはまだ来ていないのでなんだか気まずい雰囲気です。

個室の中で黙って編集さんを待つわけにもいかず自己紹介することにしました。
「初めまして!マンガ家のナカガーといいます、
今回の取材とは関係ない月刊少年チャンピオンで連載しているのですが
山崎さんの取材と聞いて無理を言ってお邪魔させてもらいました」

実は僕の方がちょっと年上なんですが思いっきり敬語です。

そしてさっきの日刊スポーツの1面を思い出して
「8月のベイダー戦、絶対見に行きますがんばってください!」
と続けて言ったのですが

「えっ?ベイダー戦?」と山崎さん

山崎さんはベイダー戦の事を知らなくて
教えたのがなんと僕だったんです。
どういうことなのと聞く山崎さんマネージャーさんが
「昨日プレスに発表させていただきました。」と普通に答えてます。

山崎さんは僕が渡した新聞を見ながら
「そうかあ…ベイダー戦かあ。」なんてつぶやいていました。
不安そう?いえいえきっと作戦を考え出していたのかも…ですね。

その後編集さんたちも来て無事に取材が始まり
僕もいくつかプロレスの事を質問させてもらいました。
確か「試合中観客の応援声援って耳に入るのですか?」とか
聞いたのだったと思います。

後日週刊チャンピオンに乗った記事にイラストを描かせてもらいました。
残念ながらその号の週刊チャンピオンは紛失してしまい
もう見ることはできないのですが

そして数年前某SNSにこの時のことを思い出して写真を載せたのですが
なんと山崎一夫さん本人から「あはは、若いなあ!」とResをいただきました。

山崎一夫さんは噂通り柔和でプロレスラーらしからぬ気さくな人でした。
同席した僕の担当編集さんも当時週刊チャンピオンで連載していた作品になぞらえて
「まさにとなりの格闘王という感じでしたね!」って言っていたくらいです。
山崎一夫さんと握手!

山崎一夫さんと握手!

雑誌掲載用のカメラマンの方に撮っていただいたので白黒写真です。
多分33才くらいだったと思うのですが若いですね!
この取材があった年に月刊少年チャンピオンの連載が終わり
翌年担当のIさんは週刊に移動になり僕も週刊に持ち込む形になり
この取材を受け…というわけではないのですが
週刊チャンピオンでプロレス漫画「無敵マスクマン伝説 レボルシオン」を
連載しました。

最初から9回の短期集中連載と決まっていて単行本化もされていませんが
今でもわりと気に入っている作品です。

無敵マスクマン伝説レボルシオン

無敵マスクマン伝説レボルシオン

無敵マスクマン伝説レボルシオン

実績もあまりなかったのに週刊でのデビューで表紙を飾らせてもらいました。
(あれ?そういえば初少年誌連載だった月刊チャンピオンも表紙を飾ったんでした)
分かりにくいかもしれませんがマスクマンだけじゃなくて周りの小さなキャラも
登場人物なんです。(普通は他の連載作品のカットが並びますが)
プロレスのポスターのようにしたくてこういう感じにしてもらったのですが
余り分かってもらえなかったかも?

それほど人気がなかったわけではじゃなかったのですが
残念ながら続きを描く機会は…

ここでしか読めない!ナカガー書き下ろしの「時空探偵マツ・de・DX」はコチラから

12 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

この試合がビートたけしのスポーツ大将に?

この試合がビートたけしのスポーツ大将に?

今から35年位前の僕の一番最初のアシスタントは、少年サンデーで「はしれ走!」というサッカー漫画の新連載が決まった、みやたけしさんのところでした。ある日仕事に行くと突然みやさんが「ビートたけし」と試合が決まったぞ」って!もうビックリです(笑)
性悪じゃなかった頃(?)の「鈴木みのる」…in新日本プロレス道場

性悪じゃなかった頃(?)の「鈴木みのる」…in新日本プロレス道場

1987年頃だったと思うのですが、新日本プロレス道場に行きまだデビュー前の「鈴木みのる」選手を取材しました。デビュー前の「鈴木みのる」は…
ナカガーのマンガブラックボックス…略してMBB(笑)

ナカガーのマンガブラックボックス…略してMBB(笑)

どうも!ナカガーこと「なかがわひろき」です。もうン十年マンガを描いたりお手伝いをしたりしてきました。 そんな僕の記憶のブラックボックスを開けてみようかと…。 初回は長年僕が思っていた「キャプテン翼」と「浜田省吾」と「Jリーグ」の関係を!
カニ目路上復帰記念「プライベーター」再掲!

カニ目路上復帰記念「プライベーター」再掲!

20年以上前…確か週刊少年チャンピオンで連載するちょっと前に手に入れたイギリスの旧いオープンカー「オースチンヒーレースプライトMkⅠ(通称カニ目)」、この数年車検を切らしていたのがこの度路上復帰しました。カニ目を手にいれてからうれしくて何度もマンガにしたのですが、路上復帰を記念して(?)オートワークス誌で連載した 「プライベーター」第1話を再掲させていただきます。これこそもう見ることができなかったのですし、本当のナカガーのマンガブラックボックスかも?
松葉杖のアシスタント、高橋陽一さん「Chibi」最終回

松葉杖のアシスタント、高橋陽一さん「Chibi」最終回

前回お話した草野球お話試合中靭帯損傷したちょっと後、高橋陽一さんから電話がありました。「Chibi(当時陽一さんが連載していたボクシング漫画です)の最終回にアシスタントが足りないから手伝ってくれない?」いやボクは靭帯損傷で松葉杖なんですけど…ということで松葉杖で東京横断してアシスタントに行くことになりました。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト