ミスセブンティーン「坂口良子」が可愛かった件!
2016年5月2日 更新

ミスセブンティーン「坂口良子」が可愛かった件!

ミスセブンティーンで優勝し芸能界デビューした坂口良子はめっちゃ可愛かった?!女優としての一生を振り返る坂口良子の物語!セクシーショットもある?!

6,117 view
 (1643280)

坂口良子
(さかぐちりょうこ)
誕生日:1955年10月23日
星座:てんびん座
出身地:北海道
性別:女
血液型:O型
身長:163cm
デビュー年:1972年

1971年にミスセブンティーンのオーディションでグランプリを受賞し芸能界入りをします。

女優としては?

現在のセブンティーンとは少し異なり、マーガレットという本のお姉サイン的存在として刊行されたファッション・マンガ誌でティーンズ誌の代表的存在でポップティーンと並ぶ人気雑誌として女子中高背に人気の雑誌です。
現在は専属モデルを見出すべく行われていようで橋爪愛や三吉彩花などが活躍しています。
アイちゃん! :: ク〜ロちゃん日記|yaplog!(ヤプログ!)byGMO (1643319)

グランプリ受賞後の1972年のテレビドラマ「アイちゃんが行く!」で主演。
出典 yaplog.jp
このミスセブンティーンというオーディションから排出された女性たちは今でも芸能界で活躍している人が多く、グランプリ受賞者だけではなく地方予選でスカウトされたという人も多いことが特徴です。

現在でもトップアイドルとして活躍している松田聖子や後におニャン子の一員となる工藤静香や国生さゆりも出ていました。
この愛くるしい顔立ちであっという間にアイドル的女優となった坂口良子。マドンナ的存在で数々のドラマに出演します。
One Self ~ baseball & music ~:前略おふくろ様 (1643324)

渡辺かすみ役で出ていた「前略おふくろ様」ではショーケンとこ萩原健一と共演しています。
三毛猫ホームズの追跡 女性専科連続殺人の謎 || ファミリー劇場 (1643330)

三毛猫ホームズシリーズでの坂口良子が好きという男性も多い。
 (1643325)

少し大人びた坂口良子が見れた「池中玄太80キロ」では西田敏行との共演でした。
TOKYO MX * ドラマ サスペンス11 (1643334)

2時間ドラマでの坂口良子はすっかりお嬢さんからお姉さんに変化して新たな彼女の魅力を感じることができました。
出典 s.mxtv.jp

歌手としては?

当然のことのように女優デビューしても歌手として歌を歌い、歌手としてデビューしてもドラマで演技する。いまでいうならアイドルでもバラエティーでお笑いタレント顔負けの笑いを取るといった感じでしょうか。
デビュー曲の「あこがれ」

デビュー曲の「あこがれ」

1972年4月にリリースされたデビュー曲はアイドル路線という感じですね。
2曲目「幸せさがし」

2曲目「幸せさがし」

1974年にリリース。自身の主演ドラマ「家なき子」の主題歌として歌っています。
3曲目「青い山脈」

3曲目「青い山脈」

1974年のドラマ「青い山脈」の主題歌としてリリースされます。
4曲目「幸福ゆき」

4曲目「幸福ゆき」

1975年のドラマ「幸福ゆき」の主題歌です。

追悼~坂口良子・まるで少年のように~ - YouTube

田中丸家御一同様というドラマの主題歌として1982年にリリースされています。
出典 youtu.be
6曲目「サヨナラの下書」

6曲目「サヨナラの下書」

この曲を最後にシングルリリースはされていないので歌声を聞けたのは1978年ごろまでということになります。
どうやら出演していたドラマの主題歌やエンディングテーマとして歌っている曲がシングルという形でリリースされているという形が多いようで、それまでの女優として活躍していても歌手としても活躍しなくてはならいという感じではなかったようです。しかしながら芸能界とは売れっ子というとなんでもかんでもしなくてはならないという厳しい世界なのですね。

可愛いから脱皮?

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

関連する記事こんな記事も人気です♪

西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」をドラマ『池中玄太80キロ』と共に振り返る

西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」をドラマ『池中玄太80キロ』と共に振り返る

西田敏行さんの代表曲であり大ヒット曲でもある「もしもピアノが弾けたなら」は、西田さん自身が主演のドラマ『池中玄太80キロ』の主題歌でした。不器用な男の気持ちを表現した阿久悠さんの素晴らしい歌詞が、主人公の池中玄太のキャラクターにぴったりとマッチしている名曲です。
キヌガサダケ | 6,258 view
いつでも全力投入、池中玄太80キロ!元気がでるドラマです。

いつでも全力投入、池中玄太80キロ!元気がでるドラマです。

大京通信社の専属カメラマンである、池中玄太。鳥と家族が大好きな熱血人生を3シリーズで綴っています。 主役の西田俊之の体重が80キロであったことがタイトルの由来です。
Kengreen | 5,452 view
「池中玄太80キロ(スペシャル版は83キロ)」の体重、実は西田敏行さんの体重でした。

「池中玄太80キロ(スペシャル版は83キロ)」の体重、実は西田敏行さんの体重でした。

ドラマ「池中玄太80キロ」、”もしもピアノが弾けたなら”はじめ、西田敏行らしさが全開のドラマでした。このタイトルの「80キロ」が西田敏行の体重だったのはご存知でしたか?スペシャル版では3キロ増量して「83キロ」となっていましたね。
青春の握り拳 | 13,746 view
脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

脚本家「松木ひろし」の70年代は神がかっています。後悔しないように、これだけは見とけ!

今回ご紹介するこれらのドラマは是非とも見て頂きたい!「雑居時代」「パパと呼ばないで」「池中玄太80キロ」など名作と言われ、その後のドラマにも多大な影響を与えた松木ひろしのホームコメディドラマ。70年代の作品はどれもこれもまさに“神”。
obladioblada | 740 view
10代女子の欲望のカタマリ「〇〇ティーン」という雑誌群について見てみよう

10代女子の欲望のカタマリ「〇〇ティーン」という雑誌群について見てみよう

「ティーン」っていうからには対象は10代。そして女子。ファッションからメイクからカレシ、Hのことまで、女子の欲望を一手に引き受けた「〇〇ティーン」、どんな雑誌だったの?
ケロリン | 4,644 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト