西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」をドラマ『池中玄太80キロ』と共に振り返る
2017年2月1日 更新

西田敏行「もしもピアノが弾けたなら」をドラマ『池中玄太80キロ』と共に振り返る

西田敏行さんの代表曲であり大ヒット曲でもある「もしもピアノが弾けたなら」は、西田さん自身が主演のドラマ『池中玄太80キロ』の主題歌でした。不器用な男の気持ちを表現した阿久悠さんの素晴らしい歌詞が、主人公の池中玄太のキャラクターにぴったりとマッチしている名曲です。

6,205 view
Amazon.co.jp: 西田敏行 : もしもピアノが弾けたなら [EPレコード 7inch] - ミュージック (1821080)

お、お腹のあたりまでボタンが開いてます!
出典 amzn.asia

「もしもピアノが弾けたなら」とは

1981年4月1日に西田敏行さんの3枚目のシングル「いい夢みろよ」のB面として発売。
しかしその後、「もしもピアノが弾けたなら」の方が話題となりA面となりました。

作詞:阿久悠 作曲・編曲:坂田晃一

【チャート順位】
・4位(オリコン)
・1981年度年間25位(オリコン)
・4位(ザ・ベストテン)
・3位(ザ・トップテン)

【受賞歴】
・第23回日本レコード大賞 金賞
・日本作詞大賞受賞

西田敏行 もしもピアノが弾けたなら (1981)

ザ・トップテンで第3位
西田敏行さん、お若いですね!33か34歳の頃です。
レコードのジャケット写真といい、ちょっと服の前を開けるのがお好きなのでしょうか(笑)
ザ・トップテンの司会だったマチャアキと郁恵ちゃんも若くてかわいいですね。

阿久悠 さんの素晴らしい歌詞

 (1821243)

昭和歌謡の巨匠、作詞家の阿久悠さん
「もしもピアノが弾けたなら
思いのすべてを歌にして
きみに伝えることだろう
〜中略〜
だけどぼくにはピアノがない
きみに聴かせる腕もない
心はいつでも半開き
伝える言葉が残される」
なんとも暗い歌詞ですね!西田敏行さんの甘い声のおかげでそんな風には聞こえませんが。しかし、相手に想いをぶつける事の出来ない不器用さがとてもよく伝わってきます。

阿久悠さんも「その時代で旗色が悪くなっていた不器用な男に対する応援歌を書きたい」という願いを、この歌が主題歌となったドラマ『池中玄太80キロ』の主人公のキャラクターに託したそうです。

最初は『池中玄太80キロ』の挿入歌だった

「もしもピアノが弾けたなら」は、歌い手でもある西田敏行さん主演のドラマ『池中玄太80キロ』の第2シリーズの挿入歌でした。
池中玄太、懐かしいですねー!
 (1821215)

長女役の杉田かおるさん、次女役の有馬加奈子さん、三女役の安孫子里香さん
主題歌というイメージが強いですが、当初は挿入歌として作られ、元々の主題歌「いい夢みろよ」のB面として発売されていたものです。
しかし、視聴者からの反響が大きく、のちに主題歌に変更され、A面とB面の立場が入れ替わる形こととなりました。

最初は主題歌ではなかったのですね~。
「いい夢みろよ」も良い曲ですが、西田敏行さんと言えば「もしもピアノが弾けたなら」、池中玄太と言えば「もしもピアノが弾けたなら」というイメージになっていますね。
 (1821245)

西田敏行さん演じる池中玄太
 (1821385)

1986年放送のスペシャル版
アッコこと鳴山暁子役で玄太の妻を演じた坂口良子さん。本当にお美しいですね・・・。
ドラマの中の事ですが、玄太にはもったいないー!なんて思ってしまいます(笑)
2013年にお亡くなりになった時は、西田敏行さんは「池中玄太は号泣しています」とコメントを出されたそうです。
今でも残念でなりません・・・。
坂口良子さんとドラマ「池中玄太80キロ」で共演した俳優、西田敏行さん(65)は29日、次のような談話を発表した。

「早過ぎるよアッコ、これから沢山楽しい事が待ってるのによ~
池中玄太はこう言って天を仰いで号泣しています。
坂口良子さん早過ぎます、順番が違います、西田敏行はこう言って悔しさに唇を噛んでいます。
ただ、今は現実を受け止めようと必死にもがいています。
言えるのは、玄太を愛したアッコをあんなにステキに演じてくれてありがとうございました。
おかげで玄太を日々楽しく生きる事が出来ました。
ホントにホントありがとうございました。
合掌
西田敏行拝」
池中玄太とは関係ありませんが、坂口良子さんが本当にお美しいので、いくつか画像を載せてみました。
【訃報】坂口良子さん急逝。57歳。|【がらくたチップス】 (1821389)

見とれるくらい美しいですね。
 (1821390)

三毛猫ホームズシリーズ
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

いつでも全力投入、池中玄太80キロ!元気がでるドラマです。

いつでも全力投入、池中玄太80キロ!元気がでるドラマです。

大京通信社の専属カメラマンである、池中玄太。鳥と家族が大好きな熱血人生を3シリーズで綴っています。 主役の西田俊之の体重が80キロであったことがタイトルの由来です。
Kengreen | 5,371 view
ミスセブンティーン「坂口良子」が可愛かった件!

ミスセブンティーン「坂口良子」が可愛かった件!

ミスセブンティーンで優勝し芸能界デビューした坂口良子はめっちゃ可愛かった?!女優としての一生を振り返る坂口良子の物語!セクシーショットもある?!
はんまのまま | 6,067 view
日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

日劇閉館イベントで「スニーカーぶる~す」が上映。近藤真彦が公開の81年当時を振り返り舞台挨拶でコメント

2月4日に閉館するTOHOシネマズ日劇で「青春グラフィティ スニーカーぶる~す」(1981年)が上映され、たのきんトリオの一人として出演していた近藤真彦が舞台挨拶に登壇。1981年の公開当時の想い出を語った。
「池中玄太80キロ(スペシャル版は83キロ)」の体重、実は西田敏行さんの体重でした。

「池中玄太80キロ(スペシャル版は83キロ)」の体重、実は西田敏行さんの体重でした。

ドラマ「池中玄太80キロ」、”もしもピアノが弾けたなら”はじめ、西田敏行らしさが全開のドラマでした。このタイトルの「80キロ」が西田敏行の体重だったのはご存知でしたか?スペシャル版では3キロ増量して「83キロ」となっていましたね。
青春の握り拳 | 13,690 view
松崎しげる、9月6日(クロの日)にデビュー45周年『黒フェス』~白黒歌合戦~を開催

松崎しげる、9月6日(クロの日)にデビュー45周年『黒フェス』~白黒歌合戦~を開催

松崎しげるがデビュー45周年を記念した『黒フェス』~白黒歌合戦~を9月6日(クロの日)に幕張メッセ国際展示場(千葉県)で開催することが発表された。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト