『エンゼル体操』で一世を風靡!元祖筋肉タレント・ムキムキマンって覚えてる?
2017年12月4日 更新

『エンゼル体操』で一世を風靡!元祖筋肉タレント・ムキムキマンって覚えてる?

これまで芸能史を彩ってきたさまざまな筋肉タレントたち。その元祖というべき存在が『ムキムキマン』でした。1978年に『エンゼル体操』なる奇妙なCMソングで、一躍茶の間のアイドルになったこのマッチョマンについて、今回紹介していきたいと思います。

2,342 view
突然ですが、「筋肉タレント」というと誰を思い浮かべるでしょうか?

なかやまきんにくん?武井壮?オードリー春日?金髪にしてからの松本人志?さまざまな意見があげられることでしょう。そんな多士済済な「筋肉タレント」の元祖というべき存在が、本稿で紹介するその名もズバリな『元祖ムキムキマン』です。
エンゼル体操/元祖ムキムキマン

エンゼル体操/元祖ムキムキマン

もともとはボディビルダーだったムキムキマン

元祖ムキムキマンこと本名:対馬誠二(つしま せいじ)氏は、1944年青森県生まれの現在73歳。彼は単なる筋トレ好きの芸能人などではなく、故・マッスル北村、ハリウッドスターのアーノルド・シュワルツェネッガー同様、もともとの出自がボディビルダー。テレビ映りが良くなるから、SNS映えするから、女にモテるからなどといった理由で、ファッション感覚的に鍛えている軟弱タレントたちとは、そもそもの志が違うのです。
ボディビルダーの頃のアーノルド・シュワルツェネッガー

ボディビルダーの頃のアーノルド・シュワルツェネッガー

60年代~70年代は、日本初のボディビルダンサーとして活躍

1960年代。地元青森から集団就職によってはるばる東京へとやってきたムキムキマンは、ボディビルダーとして日々鍛錬にいそしんだ結果、日本初のボディビルダンサーとして、日本劇場で活躍するようになります。当時の日劇といえば、1953年と1960年に紅白歌合戦の会場にも選ばれた娯楽の殿堂。そんな聖なる舞台に足を踏み入れられたのは、彼が単なるマッチョマンではなかったからです。日本人離れしたホリの深い目鼻立ちをした、いかにも舞台映えするイケメンだったことも、登用された理由の一つだったのでしょう。現に彼はその美貌から当時の「ミスター東京」にも輝いています。
日劇

日劇

1977年からテレ朝のバラエティ番組『出没!!おもしろMAP』に出演

東京でダンサー兼ボディビルダーとして活動を続けていた転機がムキムキマンに訪れたのは、1977年のこと。彼の舞台を見ていたテレビ朝日『出没!!おもしろMAP』の担当者にスカウトされたのです。フォークデュオ・あのねのねの清水國明とその妻・清水クーコがMCをつとめていた同番組において、ムキムキマンは古代ローマ戦士のような格好で登場。ムキムキマンがムキムキマンになった瞬間でした。

出没! ! おもしろMAP オープニング

ムキムキマンがブレイクするきっかけとなったのは、森永からかつて販売されていたお菓子「カリンチョ」のテレビCMです。ここで彼は『ムキムキマンのエンゼル体操』なるパフォーマンスを披露。これが子供たちの間で大いにウケたのです。

ムキムキマンのエンゼル体操

かたせ梨乃が歌唱を、佐野元春が演奏をつとめた『ムキムキマンのエンゼル体操』

もともと「カリンチョ」とのタイアップで企画されたこの曲は、1978年、CMが放送されると瞬く間に評判を呼び、すぐさまビクター音楽産業(現JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)よりレコード化。売上的にはオリコンシングルチャートは最高56位とあまりふるいませんでしたが、楽曲制作にかかわった人たちを今見るとかなり豪華。

まず、歌唱担当が当時芸能界デビューしたばかりのかたせ梨乃。彼女は、B面曲『わたしのムキムキマン』の作詞も担当するという、ムキムキマンと個人的にのっぴきならないつながりがあるのではないかと勘繰ってしまうほどに、楽曲作りに貢献しています。「口上」は『出没!!おもしろMAP』の清水国明&清水クーコ夫妻がつとめており、バックバンドには当時まだ立教大学の学生だった佐野元春もいたというから驚きです。
佐野元春

佐野元春

この『エンゼル体操』によってムキムキマンは、漫画雑誌『冒険王』(秋田書店)でギャグ漫画になったり、まったく似てないおもちゃが発売されたりと一大旋風を巻き起こしました。

しかし、肉体美と顔が少々二枚目だったこと以外に大して取り得がなかったため、ブームはすぐに沈静化。その後、芸能活動をほそぼそと続ける傍らで、サイドビジネスにも着手。スナックバーや雀荘の経営に乗り出し、さらには、『ムキムキマンの館』なるホストクラブまで経営。一時は軌道に乗るも、やはり、経営に関しては素人だったために借金を重ね、2002年、58歳の時にはついに自己破産。失意の中、彼は東京を後にし、故郷である青森へ帰っていったのでした。
くねくね人形 ムキムキマン

くねくね人形 ムキムキマン

けれども、ムキムキマンはへこたれません。青森の地でもたぐいまれなるバイタリティを発揮し、なんと今度は政治の世界へ足を踏み入れるべく、青森町議会選挙に出馬したのです。が、これもうまくいかず落選。70歳を超えた現在は、さすがに腰を落ち着けたようで、農家を営み、安穏とした日々を送っているとのこと。もちろん、毎日の筋トレは欠かさず行っているそうです。

ムキムキマン

21 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「夢想花」とんでとんでとんでとんでとんででお馴染みにの【円広志】の代表曲を振り返る

「夢想花」とんでとんでとんでとんでとんででお馴染みにの【円広志】の代表曲を振り返る

円広志さんの「夢想花」といえば、あの頭から離れないサビですよねぇ(^^)/ 1978年にリリースされポプコンでも世界歌謡祭でもグランプリを受賞した名曲中の名曲を、今回は振り返ってみたいと思います!
つきねこ | 336 view
泥棒市場から『ドン・キホーテ』への変貌のあれこれ!!

泥棒市場から『ドン・キホーテ』への変貌のあれこれ!!

実は歴史が古く1980年に1号店がオープンし40年近くたつ『ドン・キホーテ』。実はそれよりも前に原点と呼ばれるお店がありました。そんなドン・キホーテのあれこれをまとめてみました。
ギャング | 4,936 view
あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?

あのエロSF映画の迷作「フレッシュ・ゴードン」がコミカライズされていた!エロ満載なその内容とは?

往年の人気ヒーロー『フラッシュ・ゴードン』のパロディポルノ映画として製作された本作は、『スター・ウォーズ』への憧れと、SF映画の魅力に目覚めてしまった世代にとって、文字通り大注目の作品。日本公開時に奇跡的に雑誌掲載されていた、この『フレッシュ・ゴードン』コミカライズ版を紹介しよう!
滝口アキラ | 5,066 view
【アーノルド・シュワルツェネッガー】~映画スターから政治家へ~大ヒット映画のスターからカリフォルニア州知事に!

【アーノルド・シュワルツェネッガー】~映画スターから政治家へ~大ヒット映画のスターからカリフォルニア州知事に!

シュワちゃんが画面に映るとなぜかみてしまう。 画面がパッと明るくなるような、そんな不思議な魅力を持っっている。 史上最強のボディビルダー、映画スター、ケネディ家との関係、カリフォルニア州知事、浮気、隠し子、多くのスキャンダル(武勇伝) 。すべては意志の勝利だった。
RAOH | 2,224 view
【アーノルド・シュワルツェネッガー】~伝説のボディビルダー編~ボディビルダーとして世界最高峰のMr.オリンピアを6連覇を含む7度優勝!

【アーノルド・シュワルツェネッガー】~伝説のボディビルダー編~ボディビルダーとして世界最高峰のMr.オリンピアを6連覇を含む7度優勝!

アーノルド・シュワルツェネッガーは、オーストリアの片田舎で生まれ、あるきっかけからボディビルダーを志した。 例えば、アルコール中毒者は、たとえ深夜、たとえ雨が降っていても酒を買いに行く。 スポーツ選手も勝ったり、目標を達成する喜びが忘れられず必死に練習している。 その欲望が強かれば強いほど、たくさんの努力ができるというわけである。 アーノルド・シュワルツェネッガーも目標を達成するためになんでもやった。 ボディビルダーとして世界最高峰のMr.オリンピアを6連覇を含む7度優勝。 間違いなく史上最強のボディビルダーの1人だが、そのプロセスは欲望丸出しで、非常にシンプルな肉食系男である。
RAOH | 2,961 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト