カブキロックスのギタリスト『坂川美女丸』にイカ天時代を聞いてみた!近年の作品もご紹介!
2019年3月23日 更新

カブキロックスのギタリスト『坂川美女丸』にイカ天時代を聞いてみた!近年の作品もご紹介!

ロックバンド「カブキロックス」。そのギタリストの坂川美女丸さんにインタビュー!!「全日本イカ天大賞」で個人として「ベストプレイヤー 賞」を受賞した凄腕ギタリストは、2019年2月には「マツコ会議」に出演、作品もコンスタントに発売しています!

4,004 view

エッセイを読んでもらえばそのあたりの経緯がわかるんですが、カブキロックスというのはVoの氏神一番とヒステリックグラマーのVo以外のメンバーがイカ天の為だけに合体した、いわば一時的なユニットだったんです。なので心底失望したとかそういうのは無かったですね。元々イロモノ扱い上等的なノリもありましたから、むしろ予定通り。

今映画で話題のQUEENなんかもデビューした当時は「こんなバンドが売れたら帽子を喰ってやる!」とまで酷評されましたからね。ボクらの場合は「東京湾を逆立ちして渡ってやる!」でしたがw

ミドルエッジでは、同じイカ天出身のロックバンド「人間椅子」の和嶋慎治さんのインタビュー記事もございます。
坂川美女丸さんと和嶋慎治さん、さらに氏神一番さんを加えた御三方でバンド「かぶき椅子」を組まれていますが、どういった経緯で結成されたんでしょうか?

和嶋くんとは「全日本イカ天大賞」のベストプレイヤーズバンドで、武道館で共演して以来色々と話す様になりました。音楽的なバックグランドが似ていて、二人とも70年代のハードロックやプログレが大好きだったし、お互い和テイストのバンドをやっているという点でも、通じるものが有ったんでしょうね。

あとミュージシャン仲間では文学関係の話ができる人ってなかなかいないんですよね。当時二人とも高円寺に住んでいて家も近かったんで、よく一緒に飲んだりとかしました。実は今も近所なので先日も道で偶然会ったりしましたがw

90年代半ばの頃だと思いますがバンドブームも一段落して、たまたまですが両方のバンドでメンバーチェンジとかも有って活動が止まっていた時期が有ったんですよね。で、何か一緒にやろうという流れで。

氏神は元々ロックバンドのライヴで叩き上げてきたタイプでは無かったので、バンドの爆音の中で歌うのは実は不慣れでした。そこでアコースティックでやってみたらとても良い持ち味が引き出せた。それでアコギユニットなんか良いよね、なんて流れの中にうまくこの三人がはまった感じです。

実は当時和嶋くんはアコギを持っていなかったんです。なぜか偶然にもちょうどその頃ヤマハのアコギを道で拾ってw ずっとそれを使っていた。

イカ天に出演していたバンドで、今も印象に残っているバンドはいますか?

番組の最後の方に出たノアハウスというバンドはカッコ良かったですね。バンド全体がドライヴしていて、すべてが日本人離れしていて”ホンモノ”って感じがしました。チケット買ってライヴにも行ったくらい。そうそうLANPAのヴォーカルも良かったなぁ。アッ,女性Voばかりですねw

あと強烈な印象というと梅毒ジェラシーかな。番組ではサルみたいなメイクで女性の下着をかぶって「週刊秩父伝説」とかやっていたとんでもないバンドだったんですが、その後イベントで共演したら、もうホントに今時こんな人がいるのかと思うくらい純粋でシャイな連中で。有る意味衝撃的でした。

著書「ギタリストを笑え!イカ天出身バンドだった頃」では、知られざる苦悩にも触れられています。同書にご自身の半生をまとめようと考えたきっかけは?

元々ブログとかメルマガでロックのコラムを、そうLedZeppelinやDeepPurple、King Crimsonとか、自分の聴いて来たCDを一枚取り上げて、その中にそれを聴いていた当時の自分のエピソードなんかも織り込みながら書いていたんです。それがある出版関係の方の目に止まって、面白いから本にしてみたらどうかとの連絡をいただいたのが直接のきっかけです。

それで著者のバンド経歴から言えばイカ天がはずせないわけで、そのあたりのバンド結成から番組出演、デビューまでの経緯やエピソード、裏話的なものも色々書いたら面白いんじゃないかという話になって。

ただこの「イカ天出身バンド」というタイトル。今は全く抵抗はないですが、当時はやはりこのイメージを早く払拭したいと言う気持ちの方がまだ強かったですね。グレイやジッタリン・ジンみたいに、一切イカ天がらみの話を封印とまではいきませんでしたが、ソロ活動では当然白塗りメイクもしないし、正直このタイトルも気が進みませんでした。過去形にした事で自分を無理に納得させたみたいなw

まぁ書いた当時ですでに番組終了から15年経過していましたから、すでにあの番組やバンドブーム、バブルの頃の乱痴気騒ぎの記憶は完全に過去のものでした。今残しておかないと誰も書けないみたいな妙な義務感はもありましたね。

坂川美女丸 (著)「ギタリストを笑え!イカ天出身バンド...

坂川美女丸 (著)「ギタリストを笑え!イカ天出身バンドだった頃」Kindle版

※画像は坂川美女丸さんよりご提供

「マツコ会議」に出演してみて、何か反響はございましたか?

とりあえず放送翌日に入ったお店でウエイトレスさんから「昨日見ました!」と声をかけられました。帽子も無くごく普通の服装だったんで、よくわかるなぁと。

トータルではやはり番組の内容からか、新曲の音源が送られて来て何かアドバイスを下さいとか、自分たちのバンドも見て欲しいとか。今ガールズバンドのプロデュースもやっているのですが、その前段階みたいな依頼が増えましたね。自分で弾くのではなく、バックアップ的な依頼が多くなって、それがはたして良いのか悪いのかw

あと番組とは直接関係ないかも知れませんが、ヨーロッパや南米とか海外からのメッセージやオファーも何故か急に増えました。やはり和音階的なものは、彼らにはとてもエキゾチックなものに感じられるらしいですね。

ミドルエッジ読者には趣味でギターを続けてきた方も多いかと思います。中高年になってもギターは上達しますか?また、良ければアドバイスをいただけますか?

もちろん大丈夫です。学生の頃一度トライしたけど挫折して、ある程度の年齢になられて時間にも余裕ができたので、もう一度基礎からきちんとやってみようかとレッスンにいらっしゃる方は多いです。

アドバイスとしては、こちらの読者の方には経済的にも余裕があって、高価なギターをお持ちの方も世代的には多いかと思いますが、とにかくギターを身近に置いてしまい込まない事をお勧めします。弾くたびに磨いてケースに入れたりしない事。楽器は使ってナンボです。

TVを見ながらでもPCをいじりながらでも良いので、思いついた時にちょっと手を伸ばせば弾ける位置に置きましょう。それが練習なんて呼べない弾き方でもかまいません。上達度は間違いなく楽器に触れている時間に比例します。

最後に「雅系ギタリスト」坂川美女丸として、今後の展望を教えてください。

ここ数年はプロデュース業とか、アコギユニットである剣☆美☆氏とか、ソロでもギターインスト等、色々やっていますが、実は来年2020年がカブキロックスのデビュー30周年になるので、まずはここでしょうね。

また今年がイカ天出演30周年という事で、それぞれそこに向けて今から色々な企画が予定されています。おそらくメモリアル的なイベントになると思いますが、KISSの例をあげるまでもなく、見た目の劣化が一番少ないバンドですからw 当時を知っている人はもちろん、カブキロックスを初めて見る方にも充分楽しんでいただけるものになると思います。

著書や作品の発売情報

前述の著書「ギタリストを笑え!イカ天出身バンドだった頃」は、AmazonにてKindle版としてご購入できます。イカ天の以前以後を赤裸々に語られています。

感性豊かな文章表現も魅力で、レビューも高評価ばかりなので、よければご一読ください!
平成元年に一大バンドブームを巻き起こした伝説のTV番組...
出典 amzn.to

Amazon.co.jp: ギタリストを笑え!: イカ天出身バンドだった頃 eBook: 坂川美女丸: Kindleストア

430
平成元年に一大バンドブームを巻き起こした伝説のTV番組「いかすバンド天国」。
そこからブレイクしたカブキロックスのギタリスト、坂川美女丸が自ら綴った初の
エッセイ! 
もちろん現在も精力的に音楽活動をされています!作品の発売もコンスタントに続けられています。

2018年には、氏神一番さんと並んだジャケット写真がファンにはたまらない「しあわせの月」をはじめ、坂川美女丸さんがサウンドプロデュース &アレンジ を担当したMercuryの1st Single「loser / in the rain」を発売。

2016年には美女丸BANDの1st ALBUM 「Tales of Astral ~天空伝説~」、2015年には「KABUKI ROCKS/NOW & BEST ~今昔詩歌集~」、2014年には「As Close As Possible」を発売しています。

「As Close As Possible」はCD未収録ながら、ライヴではおなじみだった楽曲。2014年3月から配信が開始されています。

これまでも、これからもカブキロックスの坂川美女丸さんに大注目です!!
「しあわせの月」

「しあわせの月」

※画像は坂川美女丸さんよりご提供
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ジュン 2019/3/26 08:38

    クールで熱い、まるで氷が燃えているみたい…美女丸さんのギターインンストのライブを初めて観た時にそう思いました。

    来年のカブキロックス結成30年(実は330年?)、どんな仕掛けが飛び出すのか!?楽しみにしています。

    ドリ 2019/3/24 15:51

    マツコ会議観てました!
    美女丸さまは今ギターの講師をされているんですね。相変わらず美しく素敵でした^_^
    私も学生時代に弾いていたギターを引っ張り出して弾いてみたくなりました…

    すべてのコメントを見る (2)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
池田貴族率いるバンド「remote」

池田貴族率いるバンド「remote」

今も語り継がれる伝説のバンド、池田貴族率いるバンド「remote」
うーくん | 6,773 view
イカ天出身!個性派バンド 人間椅子

イカ天出身!個性派バンド 人間椅子

イカ天出身!個性派バンド 人間椅子 今も超満員のライブはねずみ男も復活!?
うーくん | 6,519 view
これぞROCK「ブランキージェットシティー」

これぞROCK「ブランキージェットシティー」

90年代本当のRockをかき鳴らした「Blankey Jet City」彼らだからこそ作れる音楽は多くのファンに愛されました。そんな「Blankey Jet City」の事を詳しく見ていきましょう。
manami-n | 13,408 view
レッド・ウォーリアーズが円熟期を迎えた最新ライブを映像化!ボーカル・ダイアモンド☆ユカイからコメントが届いてます!!

レッド・ウォーリアーズが円熟期を迎えた最新ライブを映像化!ボーカル・ダイアモンド☆ユカイからコメントが届いてます!!

ロックバンド「レッド・ウォーリアーズ」が、昨年開催したスペシャルライブの模様を収録したBlu-ray・DVD『SWINGIN' DAZE 21st Century & The Greatest Hits』をリリースしました。ボーカルのダイアモンド☆ユカイさんから、ミドルエッジ読者に向けてコメントが届いています!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト