「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(1)
2018年4月3日 更新

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(1)

「悪魔のZ」と呼ばれた初期型S30型フェアレディZ。この車にまつわる人間たちと意思を持つような車の物語でした。楠みちはる氏の中では初め同時期に執筆していた「シャコタンブギ」と並ぶ代表作となりました。1990年から連載が始まり現在も第4部が連載中です。自分たちがスピードの狂気に取りつかれていることを自覚しながらも、最速を求めてしまう人間模様は一読の価値があると思います。

16,286 view

はじめに

湾岸ミッドナイト(第1作)

湾岸ミッドナイト(第1作)

『湾岸ミッドナイト』(湾岸MIDNIGHT、わんがんミッドナイト)は、楠みちはるによる日本の漫画作品。『ビッグコミックスピリッツ』(小学館)および『週刊ヤングマガジン』(講談社)にてシリーズ連載された。各章を「SERIES-X」(シリーズ)として数回程度の掲載分で構成される。単行本はヤンマガKCスペシャルにて全42巻。
主人公・朝倉アキオが運転する「悪魔のZ」こと初代フェアレディZ(S30型)と、それを取り巻く人間模様、そして主に首都高において公道バトルを繰り返す自分たちが狂っていると自覚しながらも「悪魔のZ」に挑んでは消えていく数多くの挑戦者達の様子を描いている。
「狂気の沙汰」というのはこういうことを言うのでしょう。車のスピードメーターでは測りきれないスピードの領域に簡単に飛び込んで行ってしまう人間たち。その常識はずれな人間たちと乗っている車をご紹介していきたいと思います。

余談となりますが、連載が始まり、しばらくすると同じ週刊雑誌上で「しげの秀一」氏による「頭文字D」が始まっています。実は「あいつとララバイ」の時も同じように「バリバリ伝説」が連載されていましたね。プライベート上ではこの二人、実に縁が深いようで、ライバルでもあるのでしょうが、四畳半の部屋で二人で漫画を描いていたりしていたほど関係が深いようで、ライバル以上の何かになっているようです。

今回は

第一部として(悪魔のZ編並びにイシダ編)KCコミック第一巻~第四巻P82までを中心に書かせていただきます。
テスタロッサとZ

テスタロッサとZ

出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第二巻P169

朝倉アキオ

朝倉アキオ

朝倉アキオ

普通の高校三年生だったが「S30型フェアレディZ」に引き込まれるように走る事しか頭になくなってバイトに明け暮れ留年している。以前はZ31の2by2に乗っていた。
出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第一巻P46
この物語の主人公。学校での成績は悪くなく、留年となった時にはほかの教師たちが意外だと発言している。
女の子たちからはかなりモテているようだが本人は車の事しか頭にない。しかし不思議な魅力を持っているようで、この少年は男女に係わらず人を引き付けてやまない部分があり、「Z」と共に多くのチューナーやドライバーが引き寄せられるように関係してくる。
悪魔のZ

悪魔のZ

幾人もの所有者たちが事故によって代わることから「悪魔のZ」と呼ばれている。現在首都高湾岸線最速ランナー。色はミッドナイトブルー。
その走りはまるで命があるかのように、意思があるかのように、狂おしく、乗り手を選び続けるかの様に事故を起こし続ける。しかしその度に蘇える得体の知れなさを持っていた。
出典 湾岸MIDNIGHT SUPER TUNEDCAR COLLECTION 監修ヤングマガジン編集部
解体所でスクラップになるのを待つばかりの状態で積み上げられていたところをアキオが過去の記憶と共に一瞬で魅入られてしまった。

エンジンはL28に「地獄のチューナー」と呼ばれた「北見淳」が手を入れたもの。北見のところに来た時にはすでにL28が積んであり、このL28を3.1Lにボアアップしツインターボ化してある。公認の手続きを正式に取得してあるので車検も通る車。

この車のボディーは他のチューナー達とは違う考えを持つ天才「高木優一」の手によるもので、アキオ自身も作業を手伝うことになるが、アキオが他の車のボディーに手を入れるとき、「高木」から受けた薫陶が大きく反映されていく。この車が「身をよじるように走る」と言われるのはこの高木の発想がそのような感覚を周りに感じさせているためだろう。時速330Km/hに耐えるボディーに仕上がっている。
実写版で使用された車

実写版で使用された車

乗車定員 2人
ボディタイプ 3ドアファストバック(2座)
エンジン3.1L 直6 L28型
駆動方式 FR
変速機 5速MT
全長 4,115 - 4,425mm
全幅 1,630 - 1,690mm
全高 1,280 - 1,290mm
ホイールベース 2,305/2,605mm
車両重量 975 - 1,145kg
ブレーキ F:ディスク
R:ドラム(リーディングトレーリング式)
上記のスペックはノーマル仕様の数値で「悪魔のZ」とは全く別物です。

この車は実写化にあたって用意された車です。しかしやはり改造は施されているようなのですがどの程度の物かは判りません。オーバーフェンダー、アルミホイールも似ていますし、公認の改造車のようです。したがって、上記のスペックとはかなり違ったものなのでしょう。

島 達也

「湾岸の帝王」 島 達也

「湾岸の帝王」 島 達也

職業は医師。「悪魔のZ」とはアキオから数えて3人前の所有者で偶然にもアキオと同姓同名の「アサクラアキオ」と走り屋仲間(親友)だった。その初めのアキオが死亡事故を起こした時も一緒に湾岸を走っていた。
「Z」に対しては初め親友を殺した「悪魔」との感覚が残っていたようだ。これはだんだん変化してゆくのだが・・・
出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第二巻P114
職業柄、収入は比較的多かったはずだが、生活に最低限必要な分を除いてすべてを愛車「911ターボ」に注ぎ込んでいる。当時一緒に走っていた仲間たちは既に皆、降りており、誰も残っていない。
死んだ「朝倉晶夫」の妹で恋人だった「えりこ」の頭の中に残る兄の幻影を追い払うため、「悪魔のZ」と走る際に同乗させているとこ辺りから物語の中でも中心的な役割を演じ始めている。ある意味、もう一人の主人公ともいえそうだ。
ブラックバード

ブラックバード

1973年フランクフルトモーターショーで初めてその姿を現した。異様とも思えるほど張り出したオーバーフェンダー、ノーマル車とは思えないリアウイング、そう、この車はメーカーが作った改造車と言える。この形をもって市販車としたことからスピードを求める車は常にこの車を意識せざるを得なくなってしまった。2.7Lターボチャージャー、280馬力、最高速度280Km/hという性能は当時の量販車としては余りにケタ外れだった。
出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第二巻P234
地面を掴むような4WD車とは違い、地面を蹴るような走り。RR駆動は後輪に荷重が当然かかってくるのでそのトラクションは全くの別格と言えるだろう。物語の中では、「悪魔のZ」とコインの表裏の様な関係となっていくが、一つのものだとしても違うものなのだ。後述の山本 和彦は「ポルシェは知れば知るほど別格だ。」とのセリフが出てくる。

この車は最終的にモノコック構造のフレームの前後を切り落とし、新たにパイプフレームを溶接、カーボンファイバーで外見を作っている。ボディーの改造作業は高木優一と朝倉アキオが直接手作業で進め、エンジンは北見 淳によってF1タービンを搭載、リファインされている。無論、もう車検は通らない、残り一年の命となっても、拘った島 達也の覚悟の表れだろう。

ブラックバードのネーミングは、ロッキード社が開発しアメリカ空軍で採用された超音速・高高度戦略偵察機であるSR-71の愛称から。マッハ3で飛行すると言われている。島 達也自身の発言より。
54 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • 2018/9/12 22:21

    いやブラックバードポルシェは964の3600や
    930はさすがにGTRとかの相手になれんわ

    通りすがり 2018/7/11 15:37

    当時は違法改造車が100%おかげで改造してない車は絶滅状態
    漫画では改造申請が通って違法改造ではないという事に成ってたが
    漫画と現実を一緒にしすぎてる漫画の一つだった思い出・・・・・・

    つよよ 2018/4/5 07:53

    最後のは33Rですよね?

    すべてのコメントを見る (3)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(2)

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(2)

今回は「平本編」(とびっきりのGT-R編)→「マサキ編」(赤坂ストレート編)です。昔の熱い思いを取り戻したくなっている人間と、今、まさに佳境にいある者たち。そしてそれを取り巻く人間模様。この物語はその夢と現実の中で揺れ動きながら進んでいくのですが、スピードの世界に取り込まれていくキャラクターたちのそれぞれの視点がとても上手く描かれています。
yakushakowai | 11,609 view
湾岸ミッドナイト「悪魔のZ」、リアルに再現された1/18スケールモデルが受注開始!!

湾岸ミッドナイト「悪魔のZ」、リアルに再現された1/18スケールモデルが受注開始!!

高い人気を誇るカーバトル漫画「湾岸ミッドナイト」の主人公朝倉アキオが運転する『悪魔のZ(フェアレディZ S30)』が1/18スケールモデルで登場し、受注が開始された。
red | 22,264 view
「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(5)

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(5)

さぁいよいよ最終回となります第5回目。「ユウジ編」(地上のゼロ編)→「荻島編」(FDマスター編)となります。連載されていたのも2000年を超えていますが、この漫画だけは読み続けたという方も多いのではないでしょうか?最後のオチは少々とってつけの感じも多少しましたが、この長い連載を終わらせるためにはそれぐらいの強引さが必要なのでしょう。まずは見てみましょう。
yakushakowai | 2,163 view
「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(4)

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(4)

さて第4回目です。前回から少し時間が空きましたが、再開させていただきます。第4回目は「城島編」(幻のFC編)・「友也編」(ガレージACE編)・「マコト編」(幻のF1タービン編)までをご紹介させていただきましょう。全体を通して半分以上をすぎるところでしょうか・・・コミックで30巻辺りまででしょう。
yakushakowai | 6,521 view
「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(3)

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(3)

第3回目は「圭一郎編」「黒木編」「エイジ編」までご紹介します。主役の車たちは「80スープラ」「GT-R(33R)」「ランエボⅤ」当然みな「Z」を中心に回り始め、ブラックバード「911ターボ」、レイナ「GT-R(32R)」が絡んでいます。そしてチューナーたちにもスポットが当たるようになってきました。
yakushakowai | 13,524 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト