「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(2)
2018年4月20日 更新

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(2)

今回は「平本編」(とびっきりのGT-R編)→「マサキ編」(赤坂ストレート編)です。昔の熱い思いを取り戻したくなっている人間と、今、まさに佳境にいある者たち。そしてそれを取り巻く人間模様。この物語はその夢と現実の中で揺れ動きながら進んでいくのですが、スピードの世界に取り込まれていくキャラクターたちのそれぞれの視点がとても上手く描かれています。

11,403 view

はじめに

今回は「平本編」(とびっきりのGT-R編)~「マサキ編」(赤坂ストレート編)で登場する人物と車をご紹介します。

共にスピードの世界からは遠ざかっていたがやはり「Z」と係わることから300Km/hオーバーの世界に戻っていく。そしてその裏には必ず泣いている人がいる・・・「スピードはとびっきりの麻薬」なのだ。どうにも止められなくなってしまう。

これはチューナーもしかりだ。わけのわからない客、価値を知らない客を相手にしてきて情熱が冷めていってしまう。だが腕は確かなものをもっていて、あるきっかけからチューニングの世界へと戻っていくのだ。

平本編

「Z」vs「GT-R (BNR32)」

「Z」vs「GT-R (BNR32)」

出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第五巻P34
まずは「平本編」(とびっきりのGT-R編)からのご紹介です。レイナの車と同じ車種なので被ってしまう部分もありますが平本の組んだ「本物の竜」を見てください。

平本 洸一

KCコミック湾岸ミッドナイト第四巻P37 (1992898)

輸入車専門のディーラー「グリーンオート」で12年務めているメカニック。もとはS130Zをチューンて湾岸を走っていたスピードに魅せられていた一人。
出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第四巻P37
妻の恵が流産したことをきっかけにその世界から遠ざかることに決め、いつか妻の実家のある宮崎で整備工場を始めようと、車も処分し自立のための資金を貯めようとコツコツと働く日々を送っていた。

しかし彼もまた「Z」と出会ってしまう。また「どうしたらこういうフィールになるんだ?」北見のチューニングに驚きを禁じえず、北見自身に興味を抱いている様子がうかがえる。

そして北見の一言でくすぶっていたスピードへの思いを改めて思いだしてしまい、身ごもった妻への想いも断ち切るように、せっかく何年もかけて貯めた貯金を使い、GT-R(BNR32)を買ってしまう。「本物の竜」を求めて・・・
KCコミック湾岸ミッドナイト第四巻P86 (1992945)

色はスパークシルバーメタリック。
マツ特注フルエキゾースト
TRUST TD06SH-20Gツイン仕様
最大馬力不明
出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第四巻P86
平本が全てを捨て作り上げた「本物の竜」。この車こそのすべてであり、「本当に命をのせて走れる車」である。

一度はスピードの世界から降りた平本だが、そのっ原因は妻の流産もそうだが、このGT-R(BNR32)の登場の衝撃もあったようだ。そして33Rという選択肢もあったがこの32Rを選ぶ理由であったようだ。
日産・スカイラインGT-R(3代目) BNR32型

日産・スカイラインGT-R(3代目) BNR32型

エンジン RB26DETT
駆動方式 4WD
最高出力 280PS/6,800rpm
最大トルク 36.00kgf·m/4,400rpm
変速機 5速MT
サスペンション 前:マルチリンク
後:マルチリンク
全長 4,545mm
全幅 1,755mm
全高 1,340mm
ホイールベース 2,615mm
車両重量 標準1,430kg - 1,480kg
Vスペック 1,500kg
このRB26DETTの排気量は、2.6Lという当時としては“中途半端な”排気量設定がされている。これは当時グループA規格で行われていた日本のツーリングカーレースの最高峰、「全日本ツーリングカー選手権(JTC)」のレギュレーションに対応させたことが理由。
出典 https://ja.wikipedia.org/

平本 恵

平本の妻

平本の妻

この時点で妊娠中。
出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第三巻P178
またスピードの世界に戻ってしまった夫。「私は弱虫だから、これ以上付いていけないの・・・」そういって、泣きながら別れを告げ、実家の宮崎に帰って行った。

沢松

通称マツ

通称マツ

平本の昔の走り屋友達
出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第四巻P37
家は母親と二人で鉄工所を営んでいる。決して車屋でもなく、チューナーというわけではないが彼の造るエキゾーストに平本は絶対の信用をおいている。

実際、注文も時にはあるようで、初登場のシーンではトヨタの車のエキゾーストを造った直後だったようで工場内に置いてあった。

ただ母親は平本が現れたことから息子がまた「走り」の世界に戻ってしまうのではないかと心配し、平本にもう来てくれるなということを言っている。この後、平本はマツと距離多くことにあるのだが、マツの手曲げのエキゾーストに対する信頼は変わることが無く、どんなに数値を積み重ねたデータによるもので製造されたものでも市販のものを使うことは無かった。

原田

平本の会社での後輩

平本の会社での後輩

Z31にこだわり続け、その仕上がりは北見もダメを出しながらも「いい加速だ」というほど。
出典 KCコミック湾岸ミッドナイト第四巻P173
51 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(3)

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(3)

第3回目は「圭一郎編」「黒木編」「エイジ編」までご紹介します。主役の車たちは「80スープラ」「GT-R(33R)」「ランエボⅤ」当然みな「Z」を中心に回り始め、ブラックバード「911ターボ」、レイナ「GT-R(32R)」が絡んでいます。そしてチューナーたちにもスポットが当たるようになってきました。
yakushakowai | 13,236 view
「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(1)

「湾岸ミッドナイト」狂気の走り屋たち。人物と車をまとめてみました。(1)

「悪魔のZ」と呼ばれた初期型S30型フェアレディZ。この車にまつわる人間たちと意思を持つような車の物語でした。楠みちはる氏の中では初め同時期に執筆していた「シャコタンブギ」と並ぶ代表作となりました。1990年から連載が始まり現在も第4部が連載中です。自分たちがスピードの狂気に取りつかれていることを自覚しながらも、最速を求めてしまう人間模様は一読の価値があると思います。
yakushakowai | 15,909 view
セクシーで危険なスピードスター『フェアレディーZ』の魅力とは?

セクシーで危険なスピードスター『フェアレディーZ』の魅力とは?

1960年代に登場し、70年代、80年代、90年代と、世界中の車好きを虜にし続けたフェアレディZ。21世紀に入ってもなお、進化を続けるZの魅力に迫ります。Zの歴史は国産スポーツカーの歴史でもあります。歴代の輝かしいフェアレディZ達の画像や映像と共に、振り返っていきましょう。
starsky82138 | 21,039 view
旧車天国2016の画像【日産・フェアレディZ、シルビア、サニー、ブルーバード、スカイライン】

旧車天国2016の画像【日産・フェアレディZ、シルビア、サニー、ブルーバード、スカイライン】

旧車天国2016のエントリー車両を日産のスポーツカーをメインにピックアップ。フェアレディZ、シルビア、サニー、ブルーバード、スカイラインの写真まとめ。
写真で見る昔の日本のパトカー

写真で見る昔の日本のパトカー

パトカーの車両は今では、「スバル・レガシィB4」や「トヨタ・クラウン」などが一般的ですが、昔の車両を見てみるとかっこいい車も多く使われています。
M.E. | 116,435 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト