レヴァンドフスキはラトーを超えられるか?2度ワールドカップで3位になったポーランド代表の歴史!得点王も輩出!
2018年6月21日 更新

レヴァンドフスキはラトーを超えられるか?2度ワールドカップで3位になったポーランド代表の歴史!得点王も輩出!

2018年ロシアワールドカップに出場したレヴァンドフスキ擁するポーランド代表。70~80年代のワールドカップで3位に輝き黄金期を迎えていました。当時はラトーら得点源となるFWがいました。ワールドカップでの成績とレヴァンドフスキをも凌駕する選手を特集。

452 view

激戦となるヨーロッパからサッカーワールドカップに8回出場しているポーランド代表

中央ヨーロッパに位置する共和制国家・ポーランド。人口は約3800万人。

バレーボールが最も人気のあるスポーツですが、2012年にはウクライナと共催で「UEFA欧州選手権2012」するなど、サッカーの人気も非常に高く、ワールドカップにはこれまで8回もの出場を誇っています。
ポーランドの国旗

ポーランドの国旗

ロベルト・レヴァンドフスキ

ロベルト・レヴァンドフスキ

近年ではポーランド代表のエースであるレヴァンドフスキが、ブンデスリーガ・バイエルン・ミュンヘンでポイントゲッターとして大活躍し、2018年のサッカーワールドカップで日本代表と対戦するなど、メディアで目にする機会が増えています。

2018年ロシア大会が12年振りの出場となりますが、毎回激戦区となるヨーロッパ予選を、今回8勝1分け1敗の1位で通過した強豪国のひとつです。

サッカーポーランド代表の1974年西ドイツ大会での快進撃

ポーランド代表のワールドカップ初出場は、1938年フランス大会でした。
そこから次の出場までは36年もの時間が掛かりますが、1972年ミュンヘンオリンピックでハンガリーを決勝で下し、見事金メダルに輝きます。そのメンバーを中心にしたチームは1974年西ドイツ大会の出場権を獲得しました。
1974年西ドイツ大会、3位決定戦でブラジルを破ったポ...

1974年西ドイツ大会、3位決定戦でブラジルを破ったポーランド代表

そして、久々の同大会では、アルゼンチンやイタリア、ブラジルを破るなど快進撃を見せます。7戦して6勝と力強さをみせ、そのスピード感のある攻撃サッカーは高い評価を受けました。皇帝と呼ばれたベッケンバウアー擁する西ドイツ戦では、0-1で惜しくも敗れはしましたが、ポーランドのサッカーを十二分に披露しました。
1974年西ドイツ大会のフランツ・ベッケンバウアー

1974年西ドイツ大会のフランツ・ベッケンバウアー

特筆すべきは7得点を挙げ、得点王を獲得したラトーの大活躍ではないでしょうか。アルゼンチン戦での2得点を皮切りに、ハイチやスウェーデン、ユーゴスラビアを相手に得点を重ねていきます。
さらに3位決定戦のブラジル戦でも決勝点を決めるなど、勝負強さを見せました。

ワールドカップでは1986年メキシコ大会まで連続出場し、ポーランド代表の黄金期に!

ポーランドは1978年アルゼンチン大会、1982年スペイン大会、1986年メキシコ大会まで連続出場を果たします。

1978年アルゼンチン大会では、前回大会に引き続いてラトーが得点を挙げ、2次リーグに進出。しかし、前回大会で勝利したアルゼンチンとブラジルに敗戦し、ベスト8で姿を消しました。
その4年後の1982年スペイン大会では、1次、2次リーグを1位で通過し、準決勝のイタリア戦で0-2で敗れるも、3位決定戦でフランスに3-2で打ち勝ち、またも3位に輝きました。

また、同大会では、その後セリエA・ユベントスで活躍する事になるFWのボニエクがMVP投票で4位に入っています。
1980年頃のポーランド代表ユニフォーム

1980年頃のポーランド代表ユニフォーム

そして、「マラドーナの、マラドーナによる、マラドーナのための大会」と称された1986年メキシコ大会にも出場。強豪であるイングランドとポルトガルが同居するグループを突破し、決勝トーナメントまで進出します。しかし、またも対戦したブラジルに0-4で敗戦しています。

以降、世界のひのき舞台から遠ざかり、2002年の日韓大会まで16年もの時間を擁する事になりました。

レヴァンドフスキをも凌駕する!?ポーランドを代表するストライカー達

《ヴォジミエシュ・ルバンスキ》

16歳6ヶ月でポーランド代表に史上最年少で選出され、”ポーランド史上最高のサッカー選手”と言われたストライカーであるルバンスキは、1974年西ドイツ大会を怪我の影響で棒に振ってしまいます。1978年アルゼンチン大会になんとか出場しますが、不調により大会期間中にレギュラーの座を失っています。

1980年に代表を退くまで、75試合で48得点を記録。レヴァンドフスキに抜かれるまで代表最多得点記録を保持していました。
ヴォジミエシュ・ルバンスキ

ヴォジミエシュ・ルバンスキ

《グジェゴシ・ラトー》

26 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

「ベルサイユのばら」作者の短編コミックがKindleなどで一挙配信開始! 今こそ読みたい池田理代子作品

池田理代子の短編作品「あのひとはいま…」「星くずの童話(メルヘン)」「クロディーヌ…!」をはじめとした全10作品の電子配信がスタートしました。扱っているのはKindleストア、楽天Kobo電子書籍ストア、Google Play、iBooks、Yahoo!ブックストア、SONY Reader Storeなどの6電子書店。
『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェが開催決定!「ちびまる子ちゃん」コースターも登場!!

集英社の少女まんが誌『りぼん』の「ふろく」にスポットをあてたムック『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』をフィーチャーしたコラボカフェ「『りぼんのふろく「カワイイ」のひみつ』コラボカフェwith honto」が現在開催中です。
隣人速報 | 771 view
著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

著者ディエゴ・マラドーナ。自伝で語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実。ハンドを疑う同僚には『口をつぐめ』!

株式会社東洋館出版社から、6月15日にサッカー界のスーパースター、ディエゴ・マラドーナが、1986年のメキシコW杯について語った『マラドーナ独白 ―1986年のメキシコW杯―』が刊行されます。自ら語った「神の手」「五人抜き」ゴールの真実とは。
「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

「#なつかし大賞」をつけて懐かしのサンリオグッズをSNSに投稿しよう!さらに「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位が発表!

株式会社サンリオは、5月10日から投票を開始しているサンリオキャラクターの人気投票企画「2018年サンリオキャラクター大賞」の中間順位・上位10位までを発表しました。さらにハッシュタグ「#なつかし大賞」で好きなキャラを応援する企画も実施中。
隣人速報 | 1,100 view
ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代の給食が家庭で蘇る!昭和の味「ソフトめん」の一般販売が開始される!

ミドルエッジ世代であれば給食でお世話になったことがあるであろう「ソフトめん」。長らく口にしていない方が多いのではないでしょうか。このたび、ソフトめんを家庭で気軽に味わえる「近江ソフトめん」が滋賀県内で発売されました。
隣人速報 | 4,612 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト