伝説の投手・沢村栄治と並ぶ3度のノーヒッター【外木場義郎】の伝説とは
2016年11月25日 更新

伝説の投手・沢村栄治と並ぶ3度のノーヒッター【外木場義郎】の伝説とは

プロ野球史上ノーヒットノーランを3度達成したのは、戦前の沢村栄治と2リーグ制以降では外木場義郎のみだ。そして、剛腕の名を轟かせた外木場にはあまり知られていない伝説があった。

9,986 view

完全試合をマークした点において外木場は沢村に勝る!

1965年10月2日、プロ2度目の先発となる阪神戦で、ノーヒットノーランでプロ初勝利を飾る。以後2年間は伸び悩むも、1968年、根本陸夫監督から安仁屋宗八と共に先発の柱を任せられ、年間21勝を挙げて最優秀防御率のタイトルを獲得した。また9月14日の大洋戦では完全試合(16奪三振)を達成。さらに、1972年4月29日の巨人戦で、史上2人目となる3回目のノーヒットノーランを達成する[2]。プロ野球史上、3度のノーヒットノーランを達成したのは沢村栄治と外木場の二人のみであり、2リーグ制以降の投手としては唯一の達成者である。
via 外木場義郎 - Wikipedia
沢村栄治は完全試合を達成したことはなかった。3度のノーヒットノーランのうち完全試合を1度達成した外木場は、その点で沢村栄治の上を行くと言っても良いだろう。
ちなみに、1966年5月1日、広島は広島市民球場で大洋の佐々木吉郎に完全試合をやられていた。しかし、1968年9月14日、広島市民球場で外木場が完全試合を同じ大洋相手にやり返したのだった。広島市民は溜飲が下がったことだろう。
1972年4月29日・広島ー巨人(広島)外木場3度目ノ...

1972年4月29日・広島ー巨人(広島)外木場3度目ノーヒットノーラン

「なんなら、もう1度やりましょうか?」

プロデビュー2戦目で、憧れの阪神の大エース村山と対戦し、初勝利をノーヒットノーランで飾り、あっと言わせた外木場だが、記者に対する答えも新人離れしていた。
プロ2度目の先発だった65年10月2日の阪神戦(甲子園)でノーヒットノーランを達成したが、試合後の取材中に「こういう記録を残すと短命だけど」と声をかけられた。外木場氏は「それならもう一回やってやろう」と反骨心に変えた。
気性の強い選手であった。ノーヒットノーランを初めて達成した時のインタビューで「なんならもう一度やりましょうか」と答え、後に本当に達成することになったのは、ファンの間で伝説として語り継がれている。
via 外木場義郎 - Wikipedia
65年に広島に入団した外木場は、75年には20勝を挙げ...

65年に広島に入団した外木場は、75年には20勝を挙げ優勝に貢献し、最多勝、最多奪三振、沢村賞のタイトルを獲得。その後は右肩の故障に苦しみ、79年にチームが初の日本一に輝いたのを機に現役引退

1975年カープ初優勝!最多勝!沢村賞!

3度の大記録も嬉しかったが、格別な思いを抱いたのが75年。広島が球団創設26年目にして初優勝した年に20勝をマークし、見事沢村賞を受賞した時だった。「沢村さんの名前がついた投手として最高の賞。感無量です」と外木場にとって、投手人生最高の瞬間だった。
沢村と同じ背番号14だった。

広島東洋カープ 1975年初優勝 - YouTube

外木場はエースとして、万年最下位の弱小チームの初優勝に大きく貢献した。当時は連盟表彰はなかったが最多奪三振も獲得。
優勝が決まった瞬間、観客がスタンドからグランドに飛び出して大騒ぎになるシーンは、牧歌的な古き良き時代を象徴している。

豪快なフォームから繰り出す豪速球と決め球のパワーカーブ!

外木場の投げるカーブは堀内恒夫などに見られるタイミングを外すカーブとは異なり、メジャーリーグにおいて "power curve" と呼ばれる、曲がりの鋭さで打者を翻弄するものであった。
via 外木場義郎 - Wikipedia
パワーカーブで有名なのは、イチローをして「完璧な投手」と言わしめたMLBのペドロ・マルティネス。外木場は当時スピードガンがあれば150キロ台は出ていただろうと言われているストレートとパワーカーブの2球種のみで勝負していた。
 (1521129)

外木場が田淵に投げた頭部死球の産物とは?

 コントロールが乱れた球は田淵の頭部めがけて向かってきた。避け切れるはずもない。外木場の重い球質のボールが田淵の左側頭部を直撃。田淵はバットを持ったまま、昏倒した。
 慌てて駆け寄った三塁コーチスボックスの本屋敷錦吾コーチが見たものは、左耳からおびただしい血を流し、ビクリとも動かない巨体だった。顔面蒼白の田淵を見て広島・久保祥次捕手、谷村友一球審は顔を見合わせ、急いで担架を用意するよう大声で叫んだ。騒然とする甲子園、というより驚いた観客は波を打ったように静まり返った。
実はこのデッドボールがきっかけで、耳あて付きヘルメットがバッターに義務付けられるようになったことは、あまり知られていません。

 この措置に猛反対したのが、カープの衣笠祥雄さんです。耳あてが付いたヘルメットをかぶると視界が遮られ、逆に頭部付近のボールから逃げられなくなると主張したのです。機構側は衣笠さんの主張を一部認め、プロで一定程度の年数を満たした選手に限り、耳あてなしヘルメットの使用を許可したという話を本人から聞いたことがあります。確か王貞治さんも衣笠さん同様の理由で、耳あてなしヘルメットを着用し続けました。

 今では当たり前となった耳あて付きヘルメットですが、全選手の着用が常態化するまでには、田淵さんの悲劇と、そこから先の紆余曲折があったのです。
復帰後、後楽園の巨人戦で耳付きヘルメットをかぶり本塁打...

復帰後、後楽園の巨人戦で耳付きヘルメットをかぶり本塁打を放った田淵幸一

31 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • みほりん 2022/4/10 23:32

    巨人の外木場だったら未々大きく扱われるだろう、完全試合含めノーヒットノーラン三回でも全国知名度は低いからね😱

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第17弾!王貞治が世界新記録となる756号ホームランを放った1977年ヤクルト戦が放送決定!

あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第17弾!王貞治が世界新記録となる756号ホームランを放った1977年ヤクルト戦が放送決定!

CS放送 日テレジータスにて「あなたが選ぶ巨人ベストゲーム第17弾」と題し、王貞治が世界新記録となる756号ホームランを放った伝説の試合として知られる、1977年9月3日のヤクルト戦が放送されます。
隣人速報 | 53 view
【外木場義郎】ノーヒットノーラン3回!ミスターパーフェクト!広島初優勝にも貢献!

【外木場義郎】ノーヒットノーラン3回!ミスターパーフェクト!広島初優勝にも貢献!

1975年に優勝するまで万年Bクラスの弱小チームだった広島。唯一Aクラスだったのが1968年で、その年史上10人目の完全試合を果たしたのが外木場義郎投手でした。ノーヒットノーランを3度も記録し、その後、チームの初優勝に最も貢献したエース。外木場投手の記録を振り返ります。
izaiza347 | 209 view
【訃報】“怪童”と呼ばれた元プロ野球選手・中西太さん死去。野球界からの哀しみの声が続々と

【訃報】“怪童”と呼ばれた元プロ野球選手・中西太さん死去。野球界からの哀しみの声が続々と

現役時代に“怪童”と呼ばれたプロ野球選手で、西鉄ライオンズ、日本ハムファイターズなど5球団で監督や監督代行を務めた中西太(なかにし ふとし)さんが11日、心不全のため東京都内の自宅で亡くなっていたことが明らかとなりました。90歳でした。
隣人速報 | 351 view
【訃報】「まさかり投法」で知られる元プロ野球選手の村田兆治さんが火災で死去。

【訃報】「まさかり投法」で知られる元プロ野球選手の村田兆治さんが火災で死去。

元プロ野球選手の村田兆治さんが11日未明、東京・世田谷区内の自宅での火災に巻き込まれ、病院に運ばれたものの死亡が確認されました。72歳でした。
隣人速報 | 1,035 view
特別付録にドカベン・殿馬一人が付属!『カルビープロ野球カード 50YEARS ANNIVERSARY BOOK』が発売!

特別付録にドカベン・殿馬一人が付属!『カルビープロ野球カード 50YEARS ANNIVERSARY BOOK』が発売!

株式会社ワン・パブリッシングより『カルビープロ野球カード 50YEARS ANNIVERSARY BOOK』が現在好評発売中です。価格は1100円(税込)。
隣人速報 | 709 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト