最強を下して手にした栄光のマイル王!エアジハード
2016年11月25日 更新

最強を下して手にした栄光のマイル王!エアジハード

マイル路線が整備され、いつの時代も路線の主役は存在した。 タイキシャトルやダイワメジャー、現役のモーリスなど マイル路線には幾多のスターホースが存在した。 その中でもエアジハードはG1レース2勝という成績だが ハイレベルなマイル路線を制しチャンピオンとなった馬であった。

1,304 view
エアジハード

エアジハード

父サクラユタカオー
母父ロイヤルスキーと
なかなか渋い血統である。
通算成績12戦7勝、その中にマイルG1レース2勝が含まれる

デビューから重賞、そしてG1初挑戦

エアジハードのデビューは2歳の12月で
デビューからトントン拍子に連勝をすると
皐月賞トライアル、スプリングステークスでが2番人気に支持される。
しかし、ここでは4着敗退。次走はG1のNHKマイルカップに出走したが
8着と結果を出せず、休養に入った。

重賞初制覇

秋に復帰したエアジハードは条件戦を順調に勝ち上がり、G3の富士ステークスに
出走する。4番人気の評価だったが、古馬を一蹴し、重賞初制覇。
ハイレベルと言われている世代を象徴するとともに、来年の飛躍が
約束されたレースでもあった。
写真館1 (1619681)

目標は安田記念

エアジハードはじっくりと休養を取り、年明け初戦はオープン特別の
谷川岳ステークスを選択する。
ここで2着とすると、次走は安田記念の前哨戦、京王杯スプリングカップを選択
ここも2着とし、安田記念の有力馬の一頭となる。この時の1着馬が
怪物グラスワンダーであった。
怪物グラスワンダーが立ちはだかる

怪物グラスワンダーが立ちはだかる

最強の怪物を下し、G1制覇

目標としていた安田記念をエアジハードは4番人気で迎える。しかし4番人気といっても
単勝オッズは17.7倍と、伏兵扱いだった。圧倒的な人気はグラスワンダー、前走を見るようにグラスワンダーがどのように勝つかが皆の思うところだった。
期待に応え、直線抜け出すグラスワンダー、それを追うのはエアジハード
そしてエアジハードはハナ差、グラスワンダーを競り落としG1制覇
最強の怪物を下したG1は非常に価値のあるものとなった。
エアジハード|競走馬データ- netkeiba.com (1619676)

馬ぐるみ あ行2 (1619677)

1999年 6月13日(日) 3回東京8日 天候: 晴 馬場状態: 良 11R 第49回 安田記念 エアジハード 3歳以上・オープン・G1(定量) (国際)(指定) 芝 1600m 14頭立 1 エアジハード 2 グラスワンダー 3 シーキングザパール 4 ツクバシンフォニー 5 ムータティール 6 エガオヲミセ...

距離が伸びても好走

エアジハードは休養に入り、秋初戦、2000メートルの天皇賞秋に挑む
1999年の天皇賞秋は非常に好メンバーが揃っており、同期のダービー馬
スペシャルウィーク、二冠馬セイウンスカイ、キングヘイローと同期の
スターホースが顔を連ねた。ここでエアジハードは3着に好走する。
休み明け、距離延長と決して有利な条件では無いにもかかわらずこの成績は
さらに彼の価値を高めることとなった。
Favorite Minor Horses (1619674)

春秋マイル連覇

エアジハードは秋の最大目標であるマイルチャンピオンシップに出走する。
ここでついに一番人気に支持されると、全く危なげないレース運びで
勝利を収める。春秋マイルG1連覇を達成するのは昨年のタイキシャトルに
続く快挙であった。誰もが認めるマイル王に君臨したのであった。
 (1619675)

30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

武豊と言えばディープ??いやいやスペシャルウィーク!!

武豊と言えばディープ??いやいやスペシャルウィーク!!

武豊が騎乗した馬といえば?誰もがディープインパクトと答えてしまいそうだが 武豊に初めてダービーの栄冠をもたらしたのは、スペシャルウィークである。 ディープに勝るとも劣らない彼の実力を戦歴とともに振り返っていきたい
hirokibulk | 6,042 view
最後まで底が見えなかった20世紀最後の名馬グラスワンダー

最後まで底が見えなかった20世紀最後の名馬グラスワンダー

2015年はスクリーンヒーローを父に持つモーリスが年度代表馬に選ばれ グランプリ有馬記念はゴールドアクターが勝利した。 それらの祖父にあたるのがグラスワンダーであり、常に底知れぬ力を秘めた名馬であったことは間違いない。彼の偉大な軌跡を追っていきたい
hirokibulk | 3,896 view
【JC優勝】去勢して才能が開花!騸馬として初めてGIを勝ったレガシーワールド

【JC優勝】去勢して才能が開花!騸馬として初めてGIを勝ったレガシーワールド

レガシーワールドは、騸馬(せんば)として初めてGIレースを勝った競走馬です。デビュー当初こそ勝てなかったものの、去勢してからは高い競走能力を発揮し、ついにはジャパンカップを勝利しました。同期で同厩のミホノブルボンがクラシック路線を進む中、独自路線で強さを見せたレガシー。そんな実力馬の足跡を振り返ります。
izaiza347 | 52 view
【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

【東京5戦5勝】実は安定して強かったプレクラスニーと江田照男の名コンビ

メジロマックイーンが降着した時の天皇賞馬、として語られることの多いプレクラスニー。実は、15戦7勝、2着3回、東京コース5戦5勝、GI、GII、GIII各1勝ずつと、安定感抜群の強い馬でした。江田照男が主戦騎手になってからは、特に力を発揮しています。そんな実力馬の足跡を振り返ります。
izaiza347 | 67 view
【青山美恵子】かつてスーパー競馬のアシスタントとして活躍!映画『ミナミの帝王』で披露した官能カットなどもピックアップ!

【青山美恵子】かつてスーパー競馬のアシスタントとして活躍!映画『ミナミの帝王』で披露した官能カットなどもピックアップ!

1987年代後半から1990年代後半まで、フジテレビ系列放送『スーパー競馬』のアシスタントとして活躍された青山美恵子さん。その美貌も去ることながら、映画『ミナミの帝王』では大胆にも官能的なカットを披露され、男性ファンを大いに歓喜させました。今回の記事では、そんな彼女の全盛期を振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 679 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト