逃げても勝てる、追い込んでも勝てる!変幻自在の名馬マヤノトップガン
2016年11月25日 更新

逃げても勝てる、追い込んでも勝てる!変幻自在の名馬マヤノトップガン

逃げてよし、追い込んでよし、競走馬の脚質というのは ある程度決まっていて、自分の型というものがある。 しかしながら、マヤノトップガンは逃げてもG1制覇 追い込んでもG1制覇という離れ業を成し遂げた。 そんなマヤノトップガンの魅力に迫っていきたい。

1,632 view

デビューから3歳秋まで

マヤノトップガンは1995年の年明け3歳の1月という遅いデビューで
さらに初勝利まで4戦を要し、2勝目をあげたのは日本ダービー当日の5月だった。
しかもそれまで使われたのはダート戦で、芝の適性があるかもわからない状態である。
その後、初めての芝のレースで3着となり、次走は芝のレースで勝ち上がる。
デビューから9戦目の夏の出来事である。

菊花賞制覇

マヤノトップガンは秋のトライアル、神戸新聞杯と京都新聞杯を続けて2着と好走すると、菊花賞へ駒を進める。この年は春のクラシックホース、皐月賞馬ジェニュインが天皇賞へ出走し、ダービー馬タヤスツヨシは秋になって2戦凡走、牝馬のダンスパートナーが一番人気に支持されるなど、手薄なメンバーであった。マヤノトップガン自身も重賞未勝利ながら、3番人気に支持され、レースは先行抜け出しという堂々としたレースぶりで重賞初制覇をG1初制覇とした。ダービー当日にダートで2勝目をあげた馬が菊花賞を勝つなんて誰が予測できただろうか、マヤノトップガンはダービー馬もオークス馬も下して、3歳世代のチャンピオンになったのであった。

1995.11.05 第56回 菊花賞(GⅠ) 京都競馬場 芝3000m 晴 良 1着 5枠10番 マヤノトップガン 牡4 57 田原成貴 3.04.4 (35.9)レコード 2着 8枠17番 トウカイパレス 牡4 57 佐藤哲三 3.04.6 1 1/4馬身 3着 7枠15番 ホッカイルソー 牡4 57 蛯名正...

有馬記念も勝利し、年度代表馬に

マヤノトップガンの次走はグランプリの有馬記念
菊花賞を勝って勢いに乗るマヤノトップガンであったが
使い詰めやメンバー強化もあって、6番人気と低評価であった。
しかし、そんな低評価をあざ笑うかのようにスタートから先頭に立つと
そのまま後続を寄せ付けず逃げ切り勝ちをおさめる。
最強牝馬のヒシアマゾンや三冠馬のナリタブライアンも寄せ付けない走りで
G1連勝、この勝利により、年度代表馬に選ばれ、世代を超えたチャンピオンとして
君臨することとなった。

1995.12.24 第40回 有馬記念(GⅠ) 中山競馬場 芝2500m 晴 良 1着 7枠10番 マヤノトップガン 牡4 55 田原成貴 2.33.6 (35.3) 2着 2枠2番 タイキブリザード 牡5 57 坂本勝美 2.33.9 2馬身 3着 1枠1番 サクラチトセオー 牡6 56 小島太 2.34.0...

世紀の名勝負

年度代表馬となったマヤノトップガンは明け1996年、春の天皇賞を目指すべく、阪神大賞典に出走をする。
ここには復活を目指す三冠馬のナリタブライアンも出走していた。
人気は二頭に集中し、連番オッズも2倍という、まさの2強状態であった。
3000メートルという長距離レースにも関わらず、直線早めに先頭に立つ
マヤノトップガンとナリタブライアン、あとはひたすら二頭の叩き合いで
3着以下には9馬身差をつけ、2頭同時にゴールを駆け抜ける。
結果、ナリタブライアンがわずかに出ており、マヤノトップガンにとっては悔しい敗戦となった。しかしながら、春の天皇賞に向けて、この二頭が主役ということを大きく印象付けるレースでもあった。

ココでしか入手不可能な大川慶次郎メソッド情報!! → http://jump.cx/sTXQK 競馬ファンなら知っている名勝負。1996年の阪神大賞典 ナリタブライアンVSマヤノトップガンの最後の直線での二頭の壮絶なマッチレース。
 (1561361)

グランプリ連覇

予定通り、春の天皇賞に進んだマヤノトップガンであったが、折り合いを欠くことやナリタブライアンを意識しすぎてか、5着に敗れる。勝ったのはサクラローレル、今の段階では全くノーマークだった馬だが、今後、マヤノトップガンの前に大きく立ちはだかる一頭となる。
気を取り直して、グランプリ宝塚記念では、手薄なメンバーということもあってか貫禄を見せつけ勝利、G1レース3勝目をあげ、グランプリ連覇を飾る。
あまりにもあっさり勝ちすぎたため、マヤノトップガン史上インパクトの薄いレースもこのレースである。

1996.07.07 第37回 宝塚記念(GⅠ) 阪神競馬場 芝2200m 曇 良 1着 6枠9番 マヤノトップガン 牡5 58 田原成貴 2.12.0 (34.6) 2着 4枠4番 サンデーブランチ 牡5 58 熊沢重文 2.12.2 1 1/2馬身 3着 5枠7番 ダンスパートナー 牝5 56 四位洋文 2....

立ちはだかる壁

秋初戦、オールカマーから始動したマヤノトップガンであったが、ここでも宿敵サクラローレルの後塵を喫することとなる。しかも、牝馬二頭にも先着され、全く良いところがない敗退だった。続く天皇賞では、サクラローレルの騎乗ミスもあって、サクラローレルには先着するも、3歳のバブルガムフェローに敗れ、2着敗退、昨年制した有馬記念もサクラローレルに屈して7着惨敗と、サクラローレルが勝ったレースでは3着にも入れないのだった。苦手意識もあるかもしれないが、とにもかくにもマヤノトップガンにとってはサクラローレルが立ちはだかった1年であった。
 (1561362)

脚質変更と3強対決

年が明けて1997年、マヤノトップガンは昨年ナリタブライアンに惜敗した
阪神大賞典から始動する。ここでなんと最後方追走という追い込み戦法に出たマヤノトップガンは客席をどよめかせるものの、4コーナーで先頭に立って、押し切って圧勝。

続く天皇賞春では宿敵のサクラローレルとマーベラスサンデーとともに3強対決と言われた。
レースは先行するサクラローレルとマーベラスサンデーを最後の直線で一気に差しきり、見事優勝。
3分14秒4はライスシャワーのレコードを2秒7も更新する驚異的なレコードだった。
天皇賞の栄誉と4つ目のG1タイトル、何よりもサクラローレルを下しての価値ある勝利となった。3強が凌ぎを削ったこのレースは90年代の名勝負の一つと言っていいだろう。
30 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

世界へ飛翔した名馬!!エルコンドルパサー

世界へ飛翔した名馬!!エルコンドルパサー

日本馬の目標といえば、国内のG1制覇ではなく、凱旋門賞制覇になりつつある昨今 その凱旋門賞で日本馬として初めて連対をし、勝利まであと一歩のところまで近づいたのがエルコンドルパサー 国内G1はわずか2勝でも顕彰馬である彼がどれだけ偉大かを振り返っていきたい。
hirokibulk | 1,174 view
競馬ゲームはゲーセンの花形!メダルゲームの楽しさを教えてくれました。

競馬ゲームはゲーセンの花形!メダルゲームの楽しさを教えてくれました。

大きなゲームセンターに行くと、奥の方に賑やかなメダルゲームコーナーがありましたよね。スロットやポーカーなどの機械の真ん中にひときわ賑やかな競馬ゲーム!メダルゲームの楽しさを教えてくれました。
青春の握り拳 | 1,219 view
三冠馬・ディープインパクト死去。オグリキャップらかつての名馬の引退後を振り返る。

三冠馬・ディープインパクト死去。オグリキャップらかつての名馬の引退後を振り返る。

2000年代を代表する無敗の三冠馬・ディープインパクトが、繋養先である北海道・安平町の社台スタリオンステーションにて、頸椎骨折により安楽死処分となっていたことが明らかとなりました。17歳でした。
隣人速報 | 986 view
平成最後の〝有馬記念〟と来年40周年を迎える「機動戦士ガンダム」がコラボ!〝有馬戦士ガンダム〟の特設サイトが始動!

平成最後の〝有馬記念〟と来年40周年を迎える「機動戦士ガンダム」がコラボ!〝有馬戦士ガンダム〟の特設サイトが始動!

各分野とのコラボ実績、及びその完成度に定評のある日本中央競馬会(JRA)が超大物とコラボレーション! 今回のお相手は、2019年に40周年を迎える「機動戦士ガンダム」! 定番の動画はもちろんのこと、プレゼント企画と連動したゲームやキャンペーンが展開されている。「アリマ、行きまーす!」の声はもちろん古谷徹さん!
ニュースFレン | 2,847 view
競艇・麻雀・競馬など、生き方そのものもギャンブル?芸能人ギャンブル狂伝説!

競艇・麻雀・競馬など、生き方そのものもギャンブル?芸能人ギャンブル狂伝説!

売れるかどうか運否天賦に委ねられている芸能界に身を投じるのはある種のギャンブル。それゆえ、親和性が高いからなのか、賭け事に熱中する(していた)タレントというのは意外と多いものです。今回はその中でも特に選りすぐりの芸能人ギャンブラーを紹介していきます!
こじへい | 4,170 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト