パンタといえば知る人ぞ知る存在かもしれませんが、更に知る人ぞ知る存在かもしれないPanta & HAL は、知らないと後悔するよ!
2018年5月18日 更新

パンタといえば知る人ぞ知る存在かもしれませんが、更に知る人ぞ知る存在かもしれないPanta & HAL は、知らないと後悔するよ!

パンタと聞いてピンとくる人は余程の音楽好きだと思われます。更にそのパンタが70年代後半からやっていたPANTA & HALとなると、知っている人は音楽好きというよりもマニアの域に達していると言ってもいいかもしれません。しかし、知っていて損はなし!というよりも、知らないと後悔するかもですよ。

460 view

Panta

パンタ&ハルのことについて触れたいのですが、ご存知ない方の方が多いのかもしれませんね。パンタ&ハルとはパンタとハルの2人組ではありません。パンタは個人名ですがハルはバンド名です。
パンタ。一般的な認知度としては余り高くないのかもしれませんが、日本を代表するといっていいボーカリストです。
パンタ

パンタ

出生名:中村 治雄
生誕:1950年2月5日
出身地:埼玉県所沢市
担当楽器:ボーカル、ギター
活動期間:1970年~現在
デビューは1972年の頭脳警察でした。頭脳警察というとバンドっぽいですが、パンタとトシの2人組です(なんか紛らわしいですね)。頭脳警察。なんともいえませんね。哲学的なユニット名ですが、これはフランク・ザッパの曲名からとられたものです。
フランク・ザッパ。これまたなんともいえませんね。
頭脳警察1

頭脳警察1

1. イントロダクション~世界革命戦争宣言
2. 赤軍兵士の詩
3. 銃をとれ (Part 1)
4. さようなら世界夫人よ
5. 暗闇の人生
6. 彼女は革命家
7. 戦争しか知らない子供たち
8. お前が望むなら
9. 言い訳なんか要らねえよ
. 銃をとれ (Part 2)
新左翼過激派シンパの頃のアジテーション色の強いロック。歌詞の問題等でレコード会社が自主規制し発売中止となり、75年に自主制作盤として限定発売。その後2001年に公式発売。いわゆる「革命三部作」(共産主義者同盟赤軍派の宣言文を絶叫する「世界革命戦争宣言」、ブレヒトの詩を翻案した「赤軍兵士の詩」、「銃をとれ」の3曲)を収録。
ジャケットに3億円事件の犯人のモンタージュを使ったこのアルバムは、いきなりの発売禁止というセンセーショナルなものでした。
内容的には1972年1月の京都府立体育館でのライヴです。後に代表曲となる「銃をとれ」などが収録されています。

銃をとれ

頭脳警察
(71年の貴重な野外ライブ映像です)
再結成はするものの頭脳警察は1970年~1975年まで活動し、アルバムを6枚リリースしました。今や伝説となっている頭脳警察の解散後パンタは1975年~1977年までソロ活動を行います。

ソロ活動

頭脳警察を解散後、1975年~1977年の間パンタはソロ活動を行い、「PANTAX'S WORLD」「走れ熱いなら」という2枚のアルバムをリリースしています。
PANTAX’S WORLD

PANTAX’S WORLD

1. 屋根の上の猫
2. EXCUSE YOU
3. 三文役者
4. 青い烏のブルース
5. 明日天気になれ
6. ロックもどき
7. マーラーズ・パーラー
「屋根の上の猫」で完璧なアレンジのホーンセクションをバックに堂々とシャウトするパンタ!これを聴いて熱くならない奴はロック聴くのやめろ!
このアルバム以前と以後では、日本のロックのスタイルが変わってしまったと言っても過言ではない!
この時期の2枚のソロアルバムはどちらも素晴らしいです。甲乙つけがたいとはこのことでしょう。もっとも、甲乙つける必要もありませんが。
そしてこの後、いよいよパンタ&ハルが結成されます。

マラッカ

PANTA&HALを結成したのは1977年。最初のアルバムとなるのが「マラッカ」です。
マラッカ

マラッカ

1. マラッカ
2. つれなのふりや
3. ブリキのガチョウ Tin Goose
4. 裸にされた街
5. ココヘッド
6. ネフードの風
7. 北回帰線
8. 極楽鳥
HALは映画「2001年宇宙の旅」に出てくるコンピュータの名前からとられています。

さて、このアルバム。収録曲は粒揃いで、日本で最初期的なレゲエナンバーである「つれなのふりや」や、「さすが詩人」と思わず声に出てしまいそうになる程リアルな内容が素晴らしい「裸にされた街」などは聴きどころでしょう。

裸にされた街79'

PANTA&HAL
Panta & HAL の第1期メンバーは以下のとおりです。

PANTA/Vocal
平井光一/Guitar, Chorus
今剛/Guitar, Slide Guitar, Accousitic Guitar, Back Vocal
村上元二/Bass, Back Vocal
浜田文夫/Drums, Synth Drums, Back Vocal
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

和製パンクバンドの始祖として名高い亜無亜危異(アナーキー)が、18年ぶりの新作アルバム「パンクロックの奴隷」をリリースすることが明らかとなりました。発売予定日は9月5日。
隣人速報 | 4,883 view
“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

元ジャックスのメンバーで、作曲家・編曲家・プロデューサーとしても日本のフォーク/ロック創生期に重要な役割を果たした木田高介唯一のソロ名義アルバム『DOG'S MAP & CAT'S MAP』が、ソニーミュージックの通販サイト「オーダーメイドファクトリー」からCD再発されることが決定しました。
隣人速報 | 250 view
「イカ天」に出演していた頃のBLANKEY JET CITYを振り返ります。アマチュア時代から既に神ですね!

「イカ天」に出演していた頃のBLANKEY JET CITYを振り返ります。アマチュア時代から既に神ですね!

日本の音楽史を一気に塗り替えたBLANKEY JET CITY。彼らのアマチュア時代、イカ天で5週勝抜いた楽曲、映像と共に振り返ります。それにしても今改めて見ても、デビュー前から既に完成されています。つくづくブランキーって神だなぁと思います。
obladioblada | 9,839 view
新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

新しいモッズ像を創造し定着させた、ポール・ウェラー率いるスタイル・カウンシルのイキなセンス。

キング・オブ・モッズとして今なおイギリス国民から尊敬されているポール・ウェラー。その彼が80年代に率いたスタイル・カウンシルは、本国以上に日本でバカ受けしました。その理由はオシャレなサウンドとファッションセンス。今でも魅力的です。
obladioblada | 694 view
シーナ&ロケッツがついにデビュー40周年!ビクターとソニーから2枚組ベストがそれぞれ発売されます!!

シーナ&ロケッツがついにデビュー40周年!ビクターとソニーから2枚組ベストがそれぞれ発売されます!!

1978年のデビュー以来、日本のロックシーンを牽引してきた「シーナ&ロケッツ」。今年でデビュー40周年を迎えます。それを記念し、ソニーとビクターから2枚組ベスト盤「ゴールデン☆ベスト」がそれぞれ発売されます。発売予定日はソニー盤が2018年2月28日、ビクター盤が2018年3月28日となっています。
隣人速報 | 652 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト