懐かしきサッカー日本代表ユニフォームの変遷
2016年11月25日 更新

懐かしきサッカー日本代表ユニフォームの変遷

今ではワールドカップに行くのも当たり前のような風潮になっている日本サッカー界ですが、1980年代までは、ワールドカップは夢物語で、代表戦でも閑古鳥が鳴く、不遇の時代だった。その時代に日本代表を支えていたユニフォームの変遷を紹介します。

14,237 view

懐かしきサッカー日本代表ユニフォームの変遷

今ではワールドカップに行くのも当たり前のような風潮になっている日本サッカー界ですが、1980年代までは、ワールドカップは夢物語で、代表戦でも閑古鳥が鳴く、不遇の時代だった。その時代に日本代表を支えていたユニフォームの変遷を紹介します。
 (1593150)

1980年

日本サッカーミュージアム| 公益法人日本サッカー協会 (1593152)

出典 www.jfa.jp
監督:川渕三郎
メーカー:PUMA
主な選手:原博美、木村和司、田口光久など
当時は東アジアだと、中国代表や北朝鮮代表が1歩リードした存在で、日本は予選でもほとんど勝てない時代だった。

1983年

日本サッカーミュージアム| 公益法人日本サッカー協会 (1593158)

出典 www.jfa.jp
監督:森孝慈
メーカー:PUMA
主な選手:都並敏史、加藤久、手塚聡など
初めてプロ参加が認められたロサンゼルスオリンピック。まだプロ化されていない日本は、当然のようにカヤの外状態で、アジアからはカタール、サウジアラビア、イラクという中東諸国が出場した。

1984年

日本サッカーミュージアム| 公益法人日本サッカー協会 (1593168)

出典 www.jfa.jp
監督:森孝慈
メーカー:asics
主な選手:金田喜稔、斎藤和夫、木村和司など
今見ると、某運送業者のユニフォームにも見えなくないモデルですが、アニメ「キャプテン翼」で翼君が日本代表ユニフォームのモデルとなり、着用していたモデルなので人気が高い。
 (1593170)

1986年

日本サッカーミュージアム| 公益法人日本サッカー協会 (1593163)

出典 www.jfa.jp
監督:石井義信
メーカー:adidas
主な選手:木村和司、都並敏史、松浦敏夫など
現在もサプライヤーとなっているadidasに変更。
ファーストモデルは、オーソドックスなadidas三本線のユニフォームだった。
サッカー日本代表歴代ユニフォーム | まとめ情報最前線 (1593166)

1989年

 (1593172)

出典 www.jfa.jp
監督:石井義信
メーカー:adidas
主な選手:井原正巳、長谷川健太、北沢豪など
それまでも青ベースのユニフォームだった日本代表ですが、1988年~1991年までは日の丸に由来する赤をベースカラーにした異色モデル。
34 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

サッカー好きは必見!スポーツブランド『ヤンガー』の懐かしいシューズをパシャパシャ写真に収めてきた!!

サッカー好きは必見!スポーツブランド『ヤンガー』の懐かしいシューズをパシャパシャ写真に収めてきた!!

スポーツブランド『ヤンガー』を覚えていますか?「ヤンガーロンパン」や現在では当たり前の「トレーニングシューズ(通称:トレシュー)」の発売を始めました!懐かしの画像と共にヤンガーを振り返ります。
「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

「サッカーワールドカップに出場するまで43年 チームのエースナンバー「10」を背負ってきた日本の名選手たち」

スポーツにおいて選手の代名詞となりうる存在の背番号。野球のエースナンバーは「18」番ですが、サッカーは「10」番がエースナンバーとされています。1954年スイス大会の予選初参加から1997年にフランス大会で初出場が決まるまで実に43年の長い年月がかかりました。今回はワールドカップに最も近づいたと言われる1980年代半ばから本大会出場が決まるまで背番号10番をつけた日本のエースの中から数人紹介したいと思います。
pepe | 3,305 view
赤いユニフォーム!?サッカー日本代表が「全日本」と呼ばれていた頃、短期間だけ着用された!その頃の成績は?

赤いユニフォーム!?サッカー日本代表が「全日本」と呼ばれていた頃、短期間だけ着用された!その頃の成績は?

「サムライブルー」の愛称で呼ばれ、青色が印象的なサッカー日本代表のユニフォーム。Jリーグ開幕前にサッカー日本代表のカラーが青でなく、「赤い」時代がありました。その頃の成績や着用した選手などにスポットを当てます。
ひで語録 | 2,507 view
サッカーワールドカップに初出場するまで43年 チームをまとめてきた日本の主将たち

サッカーワールドカップに初出場するまで43年 チームをまとめてきた日本の主将たち

今でこそ定着しているサッカー日本代表のワールドカップ出場ですが、1997年に初めて出場権を得るまで実に43年の長い年月がかかりました。今回は日本がワールドカップに出るなんて夢のまた夢と言われていた時代に日本代表の主将を務めチームを牽引しながらも涙を呑んできた闘将たちを数人ピックアップして紹介したいと思います。
pepe | 1,717 view
「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う

「外れるのはカズ、三浦カズ」から20年。カズの当日の様子と合宿地から金髪で帰国するまでの空白の足取りを追う

1998年6月。サッカー日本代表初のワールドカップ出場となるフランス大会直前。エース・カズ(三浦知良)の代表落ちが話題をさらった。スイス「ニヨンの屈辱」とも言われるカズの落選から、成田空港に金髪で現れるまでの空白の足取りを振り返ってみる。
ひで語録 | 7,340 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト