【マドンナ】今でも第一線で活躍する彼女のデビュー当時から「ヴォーグ」までを再度、まとめてみます。
2016年5月27日 更新

【マドンナ】今でも第一線で活躍する彼女のデビュー当時から「ヴォーグ」までを再度、まとめてみます。

 言わずと知れた「クイーン・オブ・ポップス(ポップス界の女王)」。80年代のデビュー当時から21世紀の現在まで、様々なゴシップを振りまきながらも、変わらずその座に居続けているマドンナの、デビューから90年代初頭のシングル「ヴォーグ」までを数あるヒット曲を通して振り返ってみます。

10,322 view
「ライク・ア・プレイヤー」MV

「ライク・ア・プレイヤー」MV

物議をかもしたMVでした。
出典 youtu.be

Madonna - Like A Prayer - YouTube

© 2006 WMG Like A Prayer
出典 youtu.be

「エクスプレス・ユアセルフ」…レディ・ガガと…

 「オープン・ユア・ハート」から個人的に「好きな曲メドレー」状態だったのですが、この「エクスプレス・ユアセルフ」も好きです。
 「ライク・ア・プレイヤー」で「人生って不思議ね。誰もが独りなのよ」とひっそりと、しかしゴスペルふうにドラマティックに歌ったかと思えば、「エクスプレス・ユアセルフ」では「二番じゃ駄目よ、一番を狙うのよ!」と高らかに歌っっていたマドンナさんです。…が、この曲は21世紀に入ってから、ひょんなことでまたもや注目を浴びることになりました。
 それが、レディ・ガガさんの「ボーン・ディス・ウェイ」でのことです。
 まずは、マドンナさんんの「エクスプレス・ユアセルフ」。

Madonna - Express Yourself - YouTube

Music video by Madonna performing Express Yourself. © 1989 Sire/Warner
出典 youtu.be
レディ・ガガ

レディ・ガガ

Lady Gaga - Born This Way - YouTube

WRITTEN BY LADY GAGA. EXECUTIVE PRODUCER: VINCENT HERBERT. DIRECTED BY NICK KNIGHT. CHOREOGRAPHY BY LAURIE ANN GIBSON. #VEVOCertified on Oct. 3, 2012. http:/..
「ボーン・ディス・ウェイ」.
出典 youtu.be
 マドンナさんの「エクスプレス・ユアセルフ」とレディ・ガガさんの2012年作「ボーン・ディス・ウェイ」が似てると…。MVの映像でないですよ(ガガさん、長かったですね^_^;)。曲調が似てる、しかも、当初は「エクスプエレス・ユアセルフ」と「ヴォーグ」を足したような曲…と言う方までいらっしゃいました。
 これで、いろいろまたまた物議を…!
 マドンナさんは、ガガさんを自分のライヴに呼んだそうですが、ガガさんはお断りされたそうです。そのニュースを見て間もない頃、YouTubeでマドンナさんがこの「エクスプエレス・ユアセルフ」を歌っているライヴで、なんと途中にガガさんの「ボーン・ディス・ウェイ」のフレーズを混ぜて歌っていた動画を見ました!
 ありました! この動画では順番に歌ってる感じ(途中で混ぜてますね)ですが、似てると言えば、似てるので、違和感がないところが、なんとも複雑な気持ち…。

Madonna Express Yourself / Born This Way (NEW) MDNA Tour EUROPE Bluray - YouTube

TAKE IT! LIKE IT OR NOT ! Every stupid rude comment from lil monsters will be deleted so don't waste your time kids here is the final product, i will put all...
「エクスプレス・ユアセルフ」+「ボーン・ディス・ウェイ」マドンナ・ライヴにて。
出典 youtu.be
 とはいっても、2012年の話です。
 
 書き忘れないうちに…。最初に故プリンスさんの追悼パフォーマンスについてのニュース記事を載せました。中には「なんでマドンナなの?」という意見もあったようですが、マドンナさんとプリンスさんはこのアルバム内で、共同して「ラブ・ソング」という曲をつくってデュエットしています。だから、プリンスさんの追悼パフォーマンスをする「資格がない」というのは、ちょっと違うのでは…とも思いますが…詳細がよくわからないので、なんとも言いようがないですね…。

アイム・ブレスレス

アイム・ブレスレス

アイム・ブレスレス

1990年。
マドンナ自身が出演した映画「ディック・トレイシー(Dick Tracy)」に使用された楽曲と、映画に影響を受けて制作された楽曲が収録されている。
「ブレスレス」は映画でのマドンナの役名。
映画と連動したコンセプトアルバムであるため、オリジナルアルバムとして扱われないこともある。

ヴォーグ

ヴォーギング

ヴォーギング

ファッション誌「ヴォーグ」のポーズから生まれ、マドンナが広めた「ヴォーギング」。
当時、流行りました。
出典 ameblo.jp
 ポップ・ミュージック史に残るダンス・クラシックとして知られるマドンナの「ヴォーグ」は、本国アメリカにおいて、マドンナ最大のヒット曲であるだけでなく、当時メインストリームに席巻していたハウス・ミュージックを代表する一曲としても知られている。
 また本作は当時ニューヨークのサブカルチャーに生まれたダンス・ムーブメントであった「ヴォーギング」を一躍世界中に流布する火付け役となる。「ヴォーグ」はマドンナの経歴にとって重要な作品であり、その後の彼女の音楽的な進路を変える大きな基軸となる楽曲である。

Madonna - Vogue (video) - YouTube

© 2006 WMG Vogue (video)
出典 youtu.be

ABBAとマドンナ

Madonna - Hung Up (Official Music Video) - YouTube

"Hung Up" by Madonna from Confessions On A Dance Floor, available now. Download on iTunes: Connect With Madonna: Website: http://www.madonna.com/ Facebook: h...
「ハング・アップ」
出典 youtu.be
 最後は、これまた懐かしいABBAの「Gimme! Gimme! Gimme!」をサンプリングした2005年のシングル「ハング・アップ」でした!

 80年代から30年以上も「クイーン」であり続ける…というのは、並大抵なことではないな…と思います。今もなお、活動的にツアーも行っているマドンナ…ほんとにパワフルで偉大な方です。
 これからも、またいろんな話題をふりまきながら、おばあちゃんになっても「マドンナ」で居続けてほしいです。
60 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【訃報】ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去。

【訃報】ハードロックバンド「ヴァン・ヘイレン」のギタリスト、エディ・ヴァン・ヘイレンさん死去。

「ヴァン・ヘイレン」でギタリストを務めるエディ・ヴァン・ヘイレン(エドワード・ヴァン・ヘイレン)さんが、癌のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。65歳でした。
隣人速報 | 1,215 view
東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東村山に変な銅像が!?東京・東村山市が志村けんさんの銅像を建立するプロジェクトを始動させる!!

東京・東村山市は、今年3月に新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった同市の名誉市民・志村けんさんの銅像を建立するため、クラウドファンディングサイト「READY FOR」にて資金獲得のための「ありがとう志村けんさん。東村山市に銅像をつくるプロジェクト」をスタートさせました。
隣人速報 | 719 view
シルバニアファミリーがついに35周年!人気ファミリーの復刻など、様々な企画が目白押し!!

シルバニアファミリーがついに35周年!人気ファミリーの復刻など、様々な企画が目白押し!!

エポック社が販売するドールハウス&人形の「シルバニアファミリー」が35周年を迎えたのを記念し、様々な企画が開催されています。
隣人速報 | 452 view
女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

女優・高岡早紀(47)、愛娘が選んだ水着を着用した「アラフィフビキニショット」を公開!!

80年代から90年代にかけてアイドルとして活動し、現在は女優として活躍する高岡早紀(47)が、自身のインスタグラムにてセクシーなビキニショットを披露し話題となっています。
隣人速報 | 46,711 view
懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

懐かしのバンドが目白押し!楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」が決定!!

島村楽器株式会社が、このたび従業員に対して洋楽ロックバンドに関する調査を実施しました。その結果、楽器店員が選ぶ「推しバンド」「加入希望バンド」に加え、一番ロックが盛り上がっていたのはどの年代だったのかも明らかに!
隣人速報 | 2,913 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト