古賀稔彦 必殺の背負い投げ、絶対に勝つという決意、そして挑戦者として自分と相手に挑み攻め続けた
2016年11月25日 更新

古賀稔彦 必殺の背負い投げ、絶対に勝つという決意、そして挑戦者として自分と相手に挑み攻め続けた

小が大を制することができるのが柔道。しかしそこには小さな人間が大きな人間に挑んでいく勇気が求められる。古賀稔彦は「絶対に勝つ」と決意しつつも、安全な試合をするのではなく、挑戦者として相手に、そして自分に挑み攻め続けた。

5,598 view

ボビー・オロゴンと稽古

24時間テレビ

出典 youtu.be

九州の柔道少年

古賀稔彦が毎朝、10往復した千栗(ちりく)八幡宮の石段

古賀稔彦が毎朝、10往復した千栗(ちりく)八幡宮の石段

古賀稔彦は
小学校1年生のとき柔道を始めた
やがて家でも練習をやり始め
朝、自転車に乗る父親の背中を追ってランニングし
千栗八幡宮につくと
その石段を10往復した
学校から帰ってくると
家の庭に深い穴を掘って据えられた鉄柱に
巻いたチューブを握り
打ち込み(投げ技の練習)をした

千栗八幡宮

出典 youtu.be

講道学舎

 (1668646)

小学校卒業後
佐賀県から東京の講道学舎に入った
(また世田谷区立弦巻中学校に入学した)
講道学舎は
全国から柔道の強者を集め磨き上げるために設立された私塾で
対象は中学・高校生で全寮制
道場、学校長の推薦
家族の承諾
そしてなにより本人の熱意によって入門が許される
5:30起床
ランニング、うさぎ跳び、腕立て伏せなどトレーニング
そして道場で技の練習
寮母のつくる朝食を食べて学校に行き
授業が終わると道場にいき20:00まで練習
その後、夕食、風呂、就寝
これが1日のスケジュールだった
出典 ameblo.jp

講道学舎の動画

出典 youtu.be

岡野功

 (1668656)

古賀は
岡野功に
とくにその背負い投げに影響された
それまでは膝をついた背負い投げか
がに股での背負い投げだったが
普段から内股気味で歩き
爪先と踵のラインが平行になるように心がけ
足と肩のラインが平行に入る背負い投げを目指した

岡野功

出典 youtu.be

古賀稔彦さんが背負い投げについて解説されています

出典 youtu.be

吉村和郎

 (1671500)

あるとき練習中の道場に
スーツを着て殺気をみなぎらせて歩く男が入ってきた
古賀はヤクザだと思ったが
それが吉村和郎だった
吉村は練習では鬼軍曹のようだったが
道場の外ではいい兄貴だった
ある日の練習後、突然、吉村がいった
「明日野球やるぞ」
翌早朝
吉村を先頭に坊主頭の寮生は近所の公園にいった
勝つか負けるかの柔道に明け暮れる少年たちにとって
楽しむスポーツは非常に面白く興奮した
ワーワーと大声で遊んでいると
公園の管理人が走ってきた
早朝、しかも無断使用だったからだ
「逃げろ!」
吉村の声で全員が公園の金網をのぼって逃げた
そして管理人が消えると
また金網をのぼって中に入り野球を始めた
するとまた管理人が追いかけてくる
それを繰り返しているうち疲れてしまい
ついに管理人が追いつくのを待った
三十路の男と坊主頭の子供たちをみて管理人はいった
「あんた誰だ」
「・・・・・です」
吉村は自分の先輩の名を告げた
また中学の全国大会の1週間前
吉村は古賀たちを渋谷の映画館に連れて行った
映画館に坊主頭を並べて座っていると
シルベスター・スターローン主演の「ロッキー」が上映された
映画館を出るとき古賀はロッキーになっていた
試合当日
試合会場に向かうワゴン車の中でも
「ロッキーのテーマ」が流された♪
古賀は
「やってやるぞ!」
と燃えた
古賀は吉村から
妥協しないこと、
自主性、
そしてリラックスすることの大切さを学んだ

吉村和郎 ロンドンオリンピック柔道日本代表発表記者会見

出典 youtu.be

三四郎と呼ばれた世田谷学園高校時代

 (1671570)

古賀稔彦は
世田谷学園高校に進学した
世田谷学園高校柔道部は
古賀稔彦、吉田秀彦、瀧本誠のオリンピックメダリストをはじめ数々の柔道選手を輩出
全国高校柔道選手権では10回の優勝を誇り
これは国士舘、天理、東海大相模などの強豪を抑えて断トツの1位
以下は、古賀が高校に入った時のスポーツテストの数値である

166.5cm
73kg
胸囲98cm
握力右:50kg左:49kg
背筋力 190kg
懸垂 25回
肺活量 4800cc

特に背筋力が強い
世田谷学園高校チームは
講道学舎の選手で成り立っていたが
みんな体は小さく「小兵軍団」と呼ばれた
古賀は団体戦では大将として100㎏超級を相手にすることもあったが
「絶対に勝つこと」
そして安全な試合をするのではなく
「挑戦者として相手に挑むこと」
この2つの決心を胸に戦った
高校3年生の時には
社会人に交じって日本一を決める大会(全日本柔道体重別選手)に出た
この頃から「昭和の三四郎」「平成の三四郎」などと呼ばれるようになった

高校時代の古賀稔彦

出典 youtu.be

講道学舎について

出典 youtu.be

日体大

57 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

吉田秀彦 相手がどんなに大きくても、またどんな格闘技でも逃げることなく真っ向勝負する柔道家

吉田秀彦 相手がどんなに大きくても、またどんな格闘技でも逃げることなく真っ向勝負する柔道家

柔道では全日本体重別、世界選手権、オリンピックを制覇。全日本無差別でも2位。総合格闘技ではホイス・グレイシー、ドン・フライ、佐竹雅昭、ヴァンダレイ・シウバ、ミルコ・クロコップ、マーク・ハント、石井慧、菊田早苗、ジョシュ・バーネット、田村潔司、中村和裕らと対戦。そして43歳で柔道の現役に復帰!!!
RAOH | 23,166 view
【柔道】階級差を超えた伝説の戦い。古賀稔彦vs小川直也、吉田秀彦vs小川直也

【柔道】階級差を超えた伝説の戦い。古賀稔彦vs小川直也、吉田秀彦vs小川直也

古賀稔彦と吉田秀彦。二人のオリンピック金メダリストが重量級の世界チャンピオン小川直也と対戦した1990年・1994年全日本柔道選手権大会での活躍を振り返る。 世界を取った柔道家三人の関係値・因縁についても紹介。
きちんとチキン | 27,656 view
PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

PRIDEからHERO'S、パンクラスと格闘家の道を歩んだ大山峻護、40歳を超えてのプロレスチャレンジ!

柔道一筋の学生時代からPRIDE、HERO'S、パンクラスと格闘家としての道を歩み続けた大山峻護。眩いばかりのスポットを浴び、ときに峻烈極まる罵声に晒された彼は40歳でその格闘家人生を終え、いまはトレーニングプログラム「FIGHTNESS」を提唱して日々躍動中。そんな中、なんと42歳にしてプロレスにチャレンジするという彼に話を伺った。
怪我を乗り越え!バルセロナオリンピック柔道古賀稔彦の奇跡の金メダル

怪我を乗り越え!バルセロナオリンピック柔道古賀稔彦の奇跡の金メダル

『柔道』が『JUDO』になってからしばらく経ちますが、今も昔も日本柔道は「柔よく剛を制す」の精神でしょう。この精神を体現していたのが平成の三四郎・古賀稔彦。なかでも練習中の怪我を乗り越え金メダルを獲得した1992年バルセロナオリンピックは今も語り草です。
yt-united | 1,405 view
悲運のスイマー千葉すず。奔放な発言や五輪選考では提訴も!強烈な個性!

悲運のスイマー千葉すず。奔放な発言や五輪選考では提訴も!強烈な個性!

千葉すず。オリンピックはバルセロナ大会、アトランタ大会に出場。専門は自由形。久米宏のニュースステーションでの発言は議論を呼んだ。シドニーオリンピックの出場を巡ってスポーツ仲裁裁判所へ提訴するなど、千葉すずは強烈な個性を持ったスイマーだった!
ひで語録 | 18,955 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト