2017年1月11日 更新

種のサイクルを表す「春夏秋冬」は、私たちがいかに農作とともに人生を歩んできたか、が分かる言葉。

2017年になり、新たな1年が始まりました。ところで1年の四季を「春夏秋冬」と言いますが、この由来を気にしたことはありますか?これ、種のサイクルなんです。「春夏秋冬」は私たちがいかに農作とともに人生を歩んできたか、が分かる言葉だったりもするのです。

320 view
2017年になり、新たな1年が始まりました。
ところで1年の四季を「春夏秋冬」と言いますが、この由来を気にしたことはありますか?これ、種のサイクルなんです。

「春夏秋冬」とは種のサイクル

春は「植物の命が『張る』様」。

春は「植物の命が『張る』様」。

夏は「植物がモリモリ『盛』り茂る、『満つる』様などから...

夏は「植物がモリモリ『盛』り茂る、『満つる』様などから変化したとも。

秋は「種子が実って飽和状態になる『飽き』てくる様」。

秋は「種子が実って飽和状態になる『飽き』てくる様」。

そして種が地面におちて大地に潜り…冬は「命が大地の中で『殖』える」という意味に由来すると言います。

他の説もありますが、とはいえ「春夏秋冬」は私たちがいかに農作とともに人生を歩んできたか、が分かる言葉だったりもするのです。

冬から春に向かう季節に行われる民俗芸能は五穀豊穣や子孫繁栄、無病息災などを願うもの

今は冬から春に向かう季節ですね。寒い大地の中で命が殖えて、春に大地の上に張り出してくるそんな時期に行われる民俗芸能は、五穀豊穣や子孫繁栄、無病息災などを願って神様をお迎えして行う神楽が特徴的です。富をもたらしてくれるカミサマですね。

このカミサマの中には鬼もいます。仏教的な地獄の鬼ではなく、日本古来の「隠(オニ)」由来のカミサマ。普段は姿を見せない隠れた存在が、この時期に私たちの前に姿を現すのです。

国から重要無形民俗文化財に指定されている「遠江のひよんどり」なる正月行事(浜松市)

例えば、静岡県浜松市に伝わる鬼は、まさにそんなオニ。
浜松市内には国から重要無形民俗文化財に指定されている「遠江のひよんどり」なる正月行事があります。400年ほどの歴史があると言われるこの祭り、新年に行なわれる豊作祈願の予祝(ヨシュク)行事の一つです。

寺野ひよんどり

1年間の豊穣を農作業を始める前に祝う「予祝」

予祝とは、その1年間の豊穣を農作業を始める前に祝うこと。祝われたカミサマが「接待してくれたし、じゃあ今年は豊かにしなくちゃだね」と思って実りを約束してくださるという、なんとも日本的な呪術です。

この「ひよんどり」は、「火踊り」が訛ったものらしいのですが、では誰が登場するかというと、鬼です。「鬼の舞」という演目の中で、赤・青・黒の鬼が松明の火を激しく乱打する…と言うよりは手にしたオノで松明の火を打ち消す様を「火踊り」と呼び、それが訛ったようです。鬼のほかにも数多くの演目がありますがこの3匹の鬼による火踊りが重要だったのでしょう。

このように寒い時期に姿を現し、新しい年の実りをもたらしてくれる鬼。

春くるオニは神様です。
あ、でも、節分の鬼はまた違う鬼ですので、これはまた別の機会にでも。
13 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【ソーメンガブー】「流しソーメン」は知ってても「ソーメンをブン投げるお祭」はご存知ないかも!?

【ソーメンガブー】「流しソーメン」は知ってても「ソーメンをブン投げるお祭」はご存知ないかも!?

皆様、おそらく「流しソーメン」はご存知だと思います。一度は体験している方も多いかと。時にはソーメン以外も流れてきたりして・・・夏の風物詩のひとつだと思います。が!しかし!今回ご紹介するお祭は、ソーメン(乾麺)をブンなげるお祭。本当にブン投げるんです!
山崎敬子 | 324 view
フンドシ姿での太鼓演奏はフランス生まれ?ピエール・カルダンと和太鼓の意外な関係。

フンドシ姿での太鼓演奏はフランス生まれ?ピエール・カルダンと和太鼓の意外な関係。

春が来ました。春といえば「ヤマザキ春のパンまつり」です。1981年(昭和56年)から今日まで、期間中に入手できる白いお皿を手に入れようとするファンたちの熱い戦いが日本中で繰り広げられます。ふと思いました。「祭」といえば何を連想するのだろうか?と。
山崎敬子 | 170 view
紅白歌合戦の「紅白」、そのルーツには源平合戦あり。

紅白歌合戦の「紅白」、そのルーツには源平合戦あり。

卒業式や入学式の時、ふと壁をみれば紅白の幕。あれなんでしょうね?そういえば紅白饅頭というお祝いお菓子もありますね。あれなんでしょうね?いや、それより、なんで年末「紅白歌合戦」…「紅白」なんでしょうかね?
山崎敬子 | 282 view
有名な絵本『泣いた赤鬼』、赤鬼を助けた青鬼はいま何処?

有名な絵本『泣いた赤鬼』、赤鬼を助けた青鬼はいま何処?

学校教科書にも採用されたことがある有名な絵本『泣いた赤鬼』。浜田廣介さんが書かれた日本の児童文学の代表作です。絵本をご存知の方も多いかと思いましたので、今回はこのお話。赤鬼を助けた青鬼についてです。
山崎敬子 | 1,410 view
「あんぱん」の木村屋が生んだ広告手法と芸能について。

「あんぱん」の木村屋が生んだ広告手法と芸能について。

桜がだんだん咲き始めましたね。空気も暖かくなってきた気がします。ああ、ようやく春…。桜といえば、木村屋(銀座木村屋總本店)の「桜あんぱん」を思い出した自分。木村屋のパンが、ある芸能の成長と関わりがある事をご存じでしょうか?
山崎敬子 | 302 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト