黒澤浩樹  圧倒的な空手家  驚異の下段回し蹴り 格闘マシン  ニホンオオカミ 反骨の戦士
2018年8月16日 更新

黒澤浩樹 圧倒的な空手家 驚異の下段回し蹴り 格闘マシン ニホンオオカミ 反骨の戦士

他の一切を拒否し「最強」を目指すことのみに生きた男。 敵の脚と心をへし折る下段回し蹴り(ローキック)。 ルール化された極真空手の試合においても、ポイント稼ぎや体重判定、試割判定で無視し、倒すこと、大きなダメージを与えることを目指す姿は、まさに孤高のニホンオオカミ。 また指が脱臼し,皮だけでぶら下がっている状態になったり、膝の靱帯が断裂しグラグラになっても、絶対に自ら戦いをやめない格闘マシン。 総合格闘技やキックボクシング(K-1)への挑戦し戦い続けた反骨の戦士。 黒澤浩紀は、最期まで退くことを知らず死んでいった。

5,958 view

格闘戦士 黒澤浩樹

ヴァイオリン & ヴァイオレンス

 (2029033)

黒澤浩樹は、1962年9月6日、東京都品川区豊町に生まれ た。
父親は、東京大学経済学部を卒業後、埼玉銀行を経て富士通の役員になり、母親は、共立薬科大を卒業し薬剤師となった人物で、2人で俳句を詠み、同人誌の編集にも携わるような夫婦だった。
子供の頃の黒澤浩樹は体が弱く、ひどいときは学校に月に2日しかいけないこともあった。
しかし小学2年生のときに5年生とケンカするほど負けず嫌いで勝気だった。
またヴァイオリンを習っていたが、他の子に負けるのが嫌で毎日、練習を欠かさなかった。
これは極真空手の入門するまで続けられた。
ヴァイオリンのレッスンの帰りには悪い仲間とゲームセンターにいった。
タバコやシンナーをする仲間もいたが、黒澤浩樹はそういうことはしなかった。
しかしよくケンカをして、警察に連れて行かれることもあった。
 (2037536)

小学4年生のとき、ブルース・リーの映画「ドラゴン危機一髪」を観て衝撃を受ける。
モップの柄でヌンチャクを自作し学校へ持って行った。
サイやトンファー、模造刀などを買い、それを持った友人や兄とヌンチャクで戦った。
 (2037538)

中学になると「仁義なき戦い」も黒澤浩樹のバイブルとなった。
殺るか殺られるか。
そんなギリギリの状態で生きる任侠の男に憧れた。

俺は極真だ

映画 『世界最強のカラテ キョクシン』 1985 01 12

ある日、無料チケットを持った学校の友人に誘われ、映画「地上最強のカラテ」を観た黒澤浩樹は、スクリーンにくぎづけになってしまった。
鍛え上げられた肉体が氷柱を叩き割り、血まみれになってのド突き合う。
それはブルース・リーのように華麗ではなかったが、気持ちを折り合うようなド突き合いで「仁義なき戦い」にはないストレートさがあった。
このときから黒澤浩樹の頭の中から「極真」の2文字は離れることはなかった。

空手バカ一代 全29巻完結 [マーケットプレイスセット] | 影丸譲也 |本 | 通販 | Amazon

Amazonで影丸譲也の空手バカ一代 全29巻完結 [マーケットプレイスセット]。アマゾンならポイント還元本が多数。影丸譲也作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また空手バカ一代 全29巻完結 [マーケットプレイスセット]もアマゾン配送商品なら通常配送無料。
黒澤浩樹は、すぐにマンガ「空手バカ一代」を全巻揃え読み漁った。
大山倍達や弟子の豪快なエピソードがたまらなかった。
日に日に思いは高まり、両親に池袋の極真空手の本部道場に通いたいと頼んだ。
家がある品川から池袋は遠い上、当時は治安が悪い地域だった。
両親はもっと近くの道場をすすめたが、黒澤浩樹は大山倍達がいる道場でなければ意味がないと主張した。
「それじゃダメなんだ。
もしケンカになったときに相手が極真をやっていたら俺は負けてしまう」
次の休日、父親に連れられ、山手線に乗って池袋駅でおり、極真会館を訪ねた。
門の前には内弟子が立っていた。
その威圧感に圧倒された。
入り口には大山倍達の大きな写真が飾ってあった。
(うわーっ、もし大山倍達が出てきたらどうしよう。
ひれ伏すしかない)
受付で入会の説明を受け書類をもらって帰っただけだったが、鼓動が高まり緊張しっ放しだった。
 (2037990)

翌日の月曜日、母親と共に再び池袋に向かった
道中、黒澤浩樹は、ずっとため息をついていた。
怖かった。
しかし極真には入門しなければならない。
池袋駅に着く前に黒澤浩樹は母親にポツリといった。
「もしケガしても、絶対、止めろなんていわないでね」
道場では、まず
「押忍!」
という挨拶の仕方を教わった。
次の日、学校にいったときはもう戦闘モード。
「俺は極真だ」
そんな気持ちだった。

Sosai Mas Oyama 大山 倍達 - Classic Kyokushin Seminar from 1971

結局、黒澤浩樹は本部道場に週2~3回、4年間通うことになるが、その間、緊張の連続だった。
大山倍達は
「君たち、強くなりなさい。
そのためには学校と家と道場。
この3つだけを往復していればいい。
そうしたら強くなれるから」
といった。
黒澤浩樹の生活の中心は学校ではなく道場だった。
17時に学校から帰るとそのまま道着を持って池袋へ。
19時、稽古開始。
準備体操。
基本稽古。
移動稽古。
そして21時頃から組手が始まる。
組手、つまりスパーリングは嬉しくもあり、怖かった。
試合のルールと違い、髪の毛を引っ張られ膝蹴りを入れられることもあるような荒く激しいもので、ただひたすら殴り殴られ、蹴り蹴られる。
痛くても我慢する。
「痛い」
なんて口が裂けてもいってはいけない。
たとえケガをしていても隠して戦う。
それが強くなる道だった。
ケガ人や辞めていく者が続出した。
去る者は追わず、来る者は拒まない硬派な道場だった。
組手が終わると整列し、正拳突きと前蹴りを行い、道場訓を読んで稽古は終了した。

高校1年生からウエイトトレーニング開始

kyokushin karate 黒澤浩樹の凄まじいウェイトトレーニング

ある日、道場で黒帯の先輩が後輩に話しているのが聞こえた。
「強くなりたかったらボディビルやれ」
その日の帰り、黒澤浩樹は五反田のボディビルジムへ立ち寄った。
そして次の日には入会した。
まだ高校1年生、緑帯の黒澤浩樹だった。
やがてベンチプレスが95㎏挙がるようになると黒帯の先輩と組手をしても打ち合えるようになった。
178 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

角田信朗  冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

角田信朗 冷徹なリングでモロに感情を露出させる愛と涙と感動のファイター!

K-1や空手のトーナメントでの優勝経験ナシ。 なのに正道会館の最高師範代であり、メディアへの露出度も多い。 特筆すべきは彼の試合は、その人間性や感情があふれ出てしまうこと。 これは選手としても、レフリーとしてもそうで、インテリとむき出しの感情を併せ持つ愛と涙と感動の浪花男なのである。 最近、ダウンタウンの松本人志との騒動が話題になり、角田信朗の人間性を批判する人もいるが、私はその批判している人の人間性を疑っています。
RAOH | 5,556 view
【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~

【空手家】八巻建志(後編) ~俺の前に立ったら30秒と立たせておかない~

極真空手の全日本大会で初優勝した八巻建志 は、自分は日本一、世界一強いと思った。 しかしその後、バイク事故で彼女に大ケガを負わせてしまう。 以後、5年間、地獄をさまよった後、復活し、2度目の全日本大会優勝、100人組手達成、世界大会優勝。 最強の空手家となった。
RAOH | 24,602 view
【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

【空手家】八巻建志(前編) ~それはふざけた兄が入れたソリコミから始まった~

その肉体、その身体能力、その空手は圧倒的。極真空手の全日本大会と世界大会で優勝。100人組手という荒行も達成した。しかしその格闘技を始めたきっかけは、兄がふざけて入れた剃り込み、そしてイジメに対する報復だった。
RAOH | 17,113 view
佐竹雅昭  生涯一空手家 永遠の空手バカ

佐竹雅昭 生涯一空手家 永遠の空手バカ

あくまで最強の男を目指し、「闘志天翔」というテーマと、「1位.夢、2位.健康、3位.お金」という人生価値観を実践し続ける男。 空手を武器に総合格闘技のリングにも立った空手バカ一代男は、90年代の格闘技ブームの立役者となった。 批判されることもあるけど、ほんとうに強いし、ほんとうにナイスガイ。 間違いなく格闘技ヒーローである。
RAOH | 25,164 view
芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男

芦原英幸 「ケンカ買わない?」とケンカを売り「それ空手?」と道場破り「アンタ「牛殺しの大山」といわれちょるんでしょ」と大山倍達にさえケンカを売った恐怖の男

その強さは、猛者ぞろいだった初期の極真空手の中でも飛び出た存在。 真正面から打ち合うのではなく、一歩後ろ、一歩サイド、相手の技が届かないところから、いかに自分の技を届かせるかという空手。 そして決して負けることを許さない強烈な闘争本能。 道場の外でもヤクザ相手のストリートファイトや道場破りで名を売り恐れられた。 陰湿なこと、卑怯なことを嫌い、そのために多くの戦いを挑んだが、その中には師:大山倍達さえいた。
RAOH | 36,259 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト