数々の賞を受賞した岩崎宏美『聖母たちのララバイ』。日本レコード大賞にはノミネートすらされなかった。その真相は?
2017年4月3日 更新

数々の賞を受賞した岩崎宏美『聖母たちのララバイ』。日本レコード大賞にはノミネートすらされなかった。その真相は?

日本歌謡大賞受賞、日本有線大賞・有線音楽賞、日本テレビ音楽祭 グランプリと数々のタイトルを獲得するも、日本レコード大賞にはノミネートすらされなかった『聖母たちのララバイ』。それは何故だったのでしょうか?

2,926 view

『聖母たちのララバイ』は岩崎宏美の28枚目のシングル

聖母たちのララバイ - 写真共有サイト「フォト蔵」 (1825918)

1982年発売

作詞:山川啓介
作曲:木森敏之、John Scott

累計130万枚を超える大ヒット曲。
発売2週目にしてオリコンシングルチャートで1位を獲得。
オリコン年間シングルチャートでは3位を記録した。

岩崎宏美 ♪聖母たちのララバイ♪

当時透き通った歌声に聞き入っていましたね~。
カラオケでもこの曲をよく取り合っていました(笑)

火曜サスペンス劇場の主題歌だった

火曜サスペンス劇場歴代テーマシングル : 懐かしいアナログ盤♪ (1825993)

1981年9月29日から2005年9月27日にかけて、日本テレビで毎週火曜日に放送された長時間ドラマ番組枠。いわゆる2時間ドラマである。通称『火サス』(かサス)。

なお、放送枠が終了した現在でも、一部の地上波局やBS日テレ(BSデジタル)、日テレプラス(CS)などで再放送が行われている。
1981年9月29日 - 1983年4月26日の期間、聖母たちのララバイが主題歌でした。

当初発売の予定がなかった

当初エンドロール用に放送される1コーラス分のみが制作されただけであった。ゆえにそれ以外のパートは製作・録音されておらず、発売の予定も立っていなかった。しかし、放送後に視聴者から作品化の要望が殺到したため、番組内のマスターテープを元に録音したものを製作し、抽選による視聴者200名のプレゼントとした。ところが、35万通を超える応募はがきが殺到したため正式なレコードとして発売されることとなり、レコード会社間での紆余曲折の後、当時岩崎が所属するビクター音楽産業(現:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント)でフルバージョンの制作が行われた。
発売予定ではなかったとはびっくりです!まさか視聴者の要望でレコード化になったとは!!
それほど視聴者の心に響く名曲だったんですよね。

日本レコード大賞にはノミネートすらされなかった??

発売された年には、第13回日本歌謡大賞を受賞、日本有線大賞・有線音楽賞、日本テレビ音楽祭 グランプリと数々のタイトルを受賞するも、日本レコード大賞にはノミネートすらされなかったのです。それは何故だったのでしょうか?
同年11月には第13回日本歌謡大賞を受賞。年末の第24回日本レコード大賞にも期待が高まったが、楽曲前半のメロディーが映画『ファイナル・カウントダウン』の劇中BGMの「ローレル&オウエンス」 (Laurel And Owens) および「ミスター&ミセスタイドマン 」 (Mr.and Mrs.Tideman) のメロディーと酷似していると、抗議のため来日した同曲の作曲者から指摘される。本曲作曲者の木森敏之がこの類似点を盗作と認めたため、作曲クレジットが木森と、盗作された上記楽曲の作曲者であるジョン・スコットとの併記という共作クレジットに修正された。この結果、外国人作家が製作した楽曲を対象外とする当時の日本レコード大賞の基準に該当し、大賞どころかノミネートにも至らなかった。
最終的には作曲者のクレジットがジョン・スコットとの併記となったそうです。

当時は外国人作家が製作した楽曲を対象外だったのですね~

『聖母たちのララバイ』は作詞家の視聴者への優しい気持ちがつまっていた

作詞を担当した山川啓介は「サスペンス劇場だから、そのまま終わるより、安らかな気持ちで眠りについてほしい、うなされたりすると困るから。」
視聴者を気づかった優しい内容の歌詞だったのですね!!!
ありがたいですっ
改めて歌詞を思い出してみましょう
さぁ 眠りなさい
疲れきった 体を投げ出して
青いそのまぶたを 唇でそっとふさぎましょう
確かに!!語りかける歌詞ですね!歌詞とメロディと岩崎さんの優しい歌声で、良い眠りにつけました♪

時を経ても色褪せない歌声です

岩崎宏美 聖母たちのララバイ

20年以上経ってもこの歌唱力。素晴らしいです!!!

2015年には姉妹で『聖母たちのララバイ』をデュエットされました

聖母たちのララバイ ☆ 岩崎宏美 & 岩崎良美 ◇ 151018

姉妹揃って美しい歌声ですね。とても贅沢です!
気持ちよさそうに歌うお二人を見ていると、カラオケで歌いたくなってきちゃいますね♪
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

山口百恵の最大ヒット曲『いい日旅立ち』のタイトルは、国鉄キャンペーンのスポンサーが由来?

山口百恵の最大ヒット曲『いい日旅立ち』のタイトルは、国鉄キャンペーンのスポンサーが由来?

山口百恵の最大ヒット曲となった『いい日旅立ち』は、国鉄のキャンペーンソングでした。タイトルの由来には、ある意外なエピソードがありました。その真相とは!?
モンステラ | 6,488 view
音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"でミドルエッジがお届けする「昭和J-popに酔いしれる!!」をご紹介!

音楽配信サイト"AWA"で公式プレイリスターとして情報提供しているミドルエッジがお届けする「‘70 ‘80 ‘90 Best」シリーズ!今回はその集大成と言える「昭和J-popに酔いしれる!!」に収録した84曲の一部をライナーノーツ的に紹介します。曲のチョイスは「何故この曲?」なんて堅いことは言いっこなし(笑、有線さながらのバックミュージックに使えて、そして懐かしむミドルエッジの王道を是非ご堪能ください。
結婚式の定番ソング『お嫁サンバ』。当初、郷ひろみは歌いたくなかった!?

結婚式の定番ソング『お嫁サンバ』。当初、郷ひろみは歌いたくなかった!?

誰もが一度は聞いたことがあるはず!結婚式で歌えば大盛り上がり間違いなしのこの曲。実は、郷ひろみは初めて出来上がった曲を聴いたとき、歌うのをためらったそうです。こんな名曲なのにどうして??どんなエピソードだったのでしょうか!!!
モンステラ | 2,805 view
たけし軍団にいた柳ユーレイの嫁!花の82年組のダークホース・川田あつ子!!

たけし軍団にいた柳ユーレイの嫁!花の82年組のダークホース・川田あつ子!!

皆さんは「川田あつ子」というアイドルを覚えていますでしょうか?1982年のいわゆる「花の82年組」のひとりです。この記事では、彼女のデビューから現在までを特集してみたいと思います。
「おニャン子クラブ」のシングル全9枚が懐かしのシングルカセットに!クレーンゲームの景品として復活します!!

「おニャン子クラブ」のシングル全9枚が懐かしのシングルカセットに!クレーンゲームの景品として復活します!!

近年、 LPレコードの復活などアナログの見直しが高まってきていますが、カセットテープにも再人気の兆しが顕れています。そんな中、「おニャン子クラブ」のシングル全9枚がシングルカセット化されることが大決定!
隣人速報 | 2,379 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト