キャンディーズがモデル!波乱万丈の芸能活動を送る猫アニメ『スーキャット』
2016年5月23日 更新

キャンディーズがモデル!波乱万丈の芸能活動を送る猫アニメ『スーキャット』

猫のスーが家族を探すために芸能界で歌手として頑張ります。しかし芸能界は甘くなく、色々な壁に当たりながらたくましく生きていきます。

6,500 view

スーキャット

アニメ『スーキャット』

アニメ『スーキャット』

東京12チャンネル(現:テレビ東京)にて、1980年4月6日から同年12月29日まで放送。
放送回数は全40回。
『スーキャット』は、ナックが制作したテレビアニメ。企画はクラウン音楽芸能とよみパック。擬人化された猫キャラクター達が織り成す物語で、アイドル歌手を目指す「スー」(モデルとなったのは、キャンディーズの故・田中好子)を主人公とした“猫版・スター誕生”である。
重厚かつシリアスなストーリーを意識するため、ナレーションを導入。ナレーターには青森伸を起用し、青森独特の語りが物語を引き立てた。

あらすじ

事故によって記憶を失った少女・スー。

事故によって記憶を失った少女・スー。

スーは、離散した家族と再会するためプロの歌手になる事を...

スーは、離散した家族と再会するためプロの歌手になる事を決意。歌手として有名になれば、テレビへの露出機会もあろうし、母や妹達に又めぐり会えるかもと考えたからである。

様々な困難を乗り越えた末、漸く姉妹のランやミキとの再会...

様々な困難を乗り越えた末、漸く姉妹のランやミキとの再会を果たしたスー。その後、スーは姉達と「スーキャット」というトリオを結成し活動を始めるのだが・・・。

メインキャラクター

スー

スー

本編の主人公。事故に遭い独りぼっちになったが、大衆食堂の家族を始めとする下町の住民の暖かい愛情のおかげで明朗快活な性格に育った。
離散した家族を探すため、プロの歌手を目指すが、オーディションでマリア三毛村にぶつかった事から彼女を怒らせてしまい、以後苦労の連続で、挙げ句に一旦芸能界から追放されてしまう。
しかし、その直後に母や姉妹と悲願の再会を果たした彼女は、今度は行方不明の父を探す為新しい事務所の社長の提案で姉妹と共に「スーキャット」を結成、それをきっかけに奇跡の逆転劇を始める。
スーキャットにおけるイメージカラーは赤。
スーの父親はスーの事故後、妻や二人の娘の前から行方を暗...

スーの父親はスーの事故後、妻や二人の娘の前から行方を暗ませていたが、最終回で妻や三人の娘(=スーキャット)と再会し、遂に家族全員が揃います。

マリア三毛村

マリア三毛村

スーのライバル。「三毛村財閥」の令嬢であり、プロの歌手としては歌謡界屈指の実力派である。

ただぶつかったと言うだけでスーを目の敵にして一度は芸能界から追い出し、再起の際一緒にデビューしたランとミキに対しても卑劣な妨害をするが、本物の人気と実力を付け怒濤の追い上げを見せるスーキャットにはかつての妨害は通用しなくなった上、(ヤクザ絡みの)陰謀の発覚や手下の裏切り(もとい改心)が相次ぎ、人気絶頂の中先手を打って引退せざるを得なくなる。
ラストでマイクを追ってハリウッドへ向かうが、恋愛成就の可能性は極めて低い。
マリア三毛村の性格は高慢で、本当の意味での人間関係は築...

マリア三毛村の性格は高慢で、本当の意味での人間関係は築けないタイプ。

虎渕

虎渕

作曲家。ドラヤマプロからスーを救い、歌手への修行を勧める。スーにとっては歌手としての恩師だが、無類の酒好きが高じて死去。
親方

親方

事故に遭ったスーを引き取り、面倒を見た大衆食堂の主人。彼とその家族のおかげでスーは「下町の花」と呼ばれる明朗快活な少女に育った。
トラ夫

トラ夫

親方とフクの息子で、スーの幼なじみ。陽気で正義感も強い。両親と共に最後までスーの味方で、スーキャットの成功を喜んだ。
フク

フク

親方の妻で大衆食堂のおかみさん。スーを我が子同然に可愛がっていたが、歌手になる事にはスーを心配するあまり、当初難色を示した。
ドラヤマ社長

ドラヤマ社長

スーが最初に入った悪徳芸能プロ「ドラヤマプロ」の社長。実はヤクザ。
マイク=タイガー

マイク=タイガー

人気俳優。ゴシップ記事によく登場するが、実際は向上心のある努力家で、周囲との関係も大切にするタイプ。恋人役だったマリアに惚れられているが、彼自身は彼女に気は無い模様。
最後はマリアを振り切るかの様に渡米、ハリウッドに挑戦する。
ミキ(右)、ラン(左)

ミキ(右)、ラン(左)

・ミキ(スーの妹。女の子らしい服装を好む。大人しいが思いやりのある性格。ラン同様芸能界を干された直後のスーとの再会を心から喜んだ。特技は楽器演奏で、大抵の楽器は弾きこなせる。スーキャットにおけるイメージカラーは、キャンディーズと同じ黄色。)

・ラン(スーの姉。ボーイッシュないでたちをしている。性格も少々男勝りだが明朗で気だてが良い。
母やミキと共にスーを探しており、芸能界を干された直後のスーを見つけ、再会を喜んだ。特技はダンスだが、多少ピアノ演奏もできる。スーキャットにおけるイメージカラーは青)
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

大人の女子にとってはどれも懐かしい!女子に人気の記事・スレッド一覧

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

安室奈美恵が引退!アムラーを生み出したカリスマ歌姫の伝説をまとめてみました!

あの安室奈美恵が、公式HPにて2018年9月16日をもって引退することを電撃発表しました。今年デビュー25周年を迎え、地元・沖縄で凱旋公演を行ったばかりでの今回の発表。日本中が衝撃に包まれています。
隣人速報 | 11,046 view
【楳図かずお】「おろち」人間の心の機微を描いた異色のホラー作品!【わたしはおろち】

【楳図かずお】「おろち」人間の心の機微を描いた異色のホラー作品!【わたしはおろち】

楳図かずお先生作「おろち」。楳図先生といえばホラー・ギャグ・SF…などと多種に渡り作品を発表された漫画界の巨匠ですが、「おろち」では人間の特に家族間でおこる細やかな感情や歪みを丁寧に描いています。どのような作品かまとめました。
成瀬梨々 | 16,070 view
「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

「マーフィーの法則」のマーフィーの子孫が登場するアニメが放送決定!『マイロ・マーフィーの法則』

アニメ『マイロ・マーフィーの法則』が、ディズニー・チャンネルで4月16日(日)から放送開始。同アニメでは「マーフィーの法則」で知られているマーフィーの子孫が主人公として登場する。
red | 552 view
【70年代サンリオキャラシリーズ】75年に生まれた双子の姉弟♡『リトルツインスターズ』

【70年代サンリオキャラシリーズ】75年に生まれた双子の姉弟♡『リトルツインスターズ』

ハローキティやマイメロディと並ぶ大人気のサンリオキャラクター『リトルツインスターズ』!75年に生まれた双子の姉弟「キキ」と「ララ」を覚えていますか?
ロングアゴー | 2,915 view

関連する記事こんな記事も人気です♪

キャンディーズのラストシングル『微笑がえし』は、製作者からある粋なはからいがありました。一体何があったのでしょう?

キャンディーズのラストシングル『微笑がえし』は、製作者からある粋なはからいがありました。一体何があったのでしょう?

キャンディーズの解散宣言後からラストシングルとしてリリースされた『微笑がえし』。キャンディーズが最後のレコーディングの際に、”微笑がえし”の作曲者からある粋なはからいがありました。一体どんなものだったのでしょうか。
モンステラ | 6,620 view
アニメ『oh!ファミリー』ゲイが沢山登場!家族の日常を描いたコメディー作品だった!!

アニメ『oh!ファミリー』ゲイが沢山登場!家族の日常を描いたコメディー作品だった!!

アニメ『oh!ファミリー』は、渡辺多恵子の漫画を原作とした恋愛コメディー作品でした。また、キャラクター設定が凄かったです。隠し子や登場する男性のほとんどがゲイ。主人公の彼氏はお兄ちゃんの元恋人など・・・。とにかく驚かされる内容でした。
星ゾラ | 2,859 view
アニメ「超くせになりそう」原作の設定から離れ、完全なオリジナルストーリーになってしまった悲しい作品だった!

アニメ「超くせになりそう」原作の設定から離れ、完全なオリジナルストーリーになってしまった悲しい作品だった!

1993年7月号から1995年1月号までなかよしで掲載されていた吉村杏原作の「超くせになりそう」を元にアニメ化。しかし、内容は完全オリジナルでした。アイドルでありながら格闘技好きの主人公が、男として学校に通い一目惚れした相手と恋愛へと展開するラブコメディー作品です。
星ゾラ | 3,595 view
「アイドル」親衛隊時代。「松田聖子」さんと「SEC・松田聖子隊」の一体感・コミュニティ感はアイドル黄金期を象徴する伝説

「アイドル」親衛隊時代。「松田聖子」さんと「SEC・松田聖子隊」の一体感・コミュニティ感はアイドル黄金期を象徴する伝説

松田聖子さんと松田聖子隊の一体感・コミュニティ感はアイドル黄金期を象徴している素晴らしい伝説です。1970年代から80年代の人気アイドルは、熱狂的かつ活動的なアイドル親衛隊に支えられていました。当時のアイドルには、みな親衛隊がいましたが、いずれの親衛隊もアイドルをバックアップする使命感を持ち、気合の入った応援でサポートしていました。
トントン | 12,417 view
日常アニメ『サイボットロボッチ 』人間スタイルのロボットや動物メカが登場したドタバタコメディー

日常アニメ『サイボットロボッチ 』人間スタイルのロボットや動物メカが登場したドタバタコメディー

アニメ『サイボットロボッチ』は、石川賢と安藤豊弘の原作によるギャグアニメです。ロボッチの仲間のサイボットや村人、悪人が繰り広げるドタバタ事件や楽しい日常を描いたナック制作の懐かしい作品です。
星ゾラ | 2,007 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト