ギター・マガジン2017年6月号は、チャック・ベリー追悼特集!
2017年5月11日 更新

ギター・マガジン2017年6月号は、チャック・ベリー追悼特集!

ロックンロールを創り上げた巨人の偉業を112ページの大ボリュームで徹底的に掘り下げた永久保存版が発売! ロックの神様「チャック・ベリー」を特集したギタリストは必ず手にしたい1冊となっています!

286 view

『ギター・マガジン2017年6月号』は先日亡くなった「チャック・ベリー」を特集!

2017年5月13日に発売される音楽専門誌『ギター・マガジン2017年6月号』では、先日90歳で亡くなったロックの神様「チャック・ベリー」追悼として、その軌跡や「ジョニー・B.グッド」、日本のロックンローラーが語るチャックの魅力など総力挙げて、丸ごとチャック・ベリーとなっている特別特集が掲載されています。
ギター・マガジン2017年6月号 表紙

ギター・マガジン2017年6月号 表紙

『ギター・マガジン 2016年6月号』
特集:追悼 チャック・ベリー
発売:5月13日
定価:(本体762円+税)
仕様:A4変型判/242ページ

総力特集 追悼 チャック・ベリー

 (1864009)

Portrait Of Chuck Berry 〜ロックンロールの軌跡

ロックンロールを創りあげた1人でもあるチャック・ベリー。
この一人の人間が残した偉大な軌跡。ロック界、ギター界に様々な影響を与えた偉大なるロックンローラーの人生を写真とともに振り返っている。
 (1864011)

 (1864014)

ロックンロール史上、最も偉大な4小節

ロックンロール史上、最も偉大な4小節とは、ハイウェイをかっ飛ばす爽快感と煙たい不良の匂いが同居した、「ジョニー・B.グッド」。ハンパじゃないエネルギーを持ったこのフレーズを、あの世のチャックに届くくらいの超爆音で鳴らしていただければ幸いである。
 (1864018)

日本のロックンローラーが語るチャックの魅力

日本屈指のロックンローラーたちにチャック・ベリーの魅力を語り尽くしてもらっている。
仲井戸“CHABO”麗市/真島昌利/JIM&TAXMAN/志磨遼平と錚々たるメンバーがチャック・ベリーの愛聴盤も紹介しているので、合わせて読みたい特集です。
 (1864021)

 (1864023)

ギター・スコアは「ジョニー・B.グッド」祭り!

チャック・ベリー大特集にちなんで、数あるカバーの中から、ジミ・ヘンドリックス版やジューダス・プリーストver.など、個性溢れる3曲をスコア化し掲載しています。

特筆すべきは映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の劇中カバー版。実際のライブ・シーンで流れているものを採譜して掲載。是非、その違いを楽しんで下さい。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

大瀧詠一と内田裕也が激突!70年代に起きた「日本語ロック論争」

大瀧詠一と内田裕也が激突!70年代に起きた「日本語ロック論争」

70年代初頭。ロックンロールという外来の音楽文化を換骨奪胎するにあたり、「日本語で歌うべきか?英語で歌うべきか?」という論争が、日本国内であったのをご存知でしょうか?今回は、そんな内田裕也と大瀧詠一が中心となって巻き起こした「日本語ロック論争」について紹介していきます。
こじへい | 1,342 view
【訃報】パンクロックバンド「アナーキー」のギタリスト、マリこと逸見泰成さんが死去

【訃報】パンクロックバンド「アナーキー」のギタリスト、マリこと逸見泰成さんが死去

パンクロックバンド「アナーキー」の元ギタリスト、逸見泰成(へんみ やすなり)さんが4日に死去していたことが分かった。57歳だった。
ロックンロール黎明期、共に切磋琢磨し、音楽の質を高めあった三人の神様たち!!

ロックンロール黎明期、共に切磋琢磨し、音楽の質を高めあった三人の神様たち!!

1950年代、アメリカの音楽界においてロックンロールが産声をあげようとしていた時に、颯爽とどこからともなく3人の創始者と呼ぶにふさわしいロックンローラーが華々しく活躍しだした。チャック・ベリー(Chuck Berry)、リトル・リチャード(Little Richard)、及び、ファッツ・ドミノ(Fats Domino)である。この3人は互いに持ち歌をカヴァーするなど、共に切磋琢磨し、ロックンロールをより高みへと導いた、言わばロックンロールの神様3人衆として現代のロックンロール信奉者やミュージシャンなどから崇められている。 3人の足跡を楽曲と共にご紹介します。
自由へと向かい、常に全力で疾走し続ているレニー・クラヴィッツ

自由へと向かい、常に全力で疾走し続ているレニー・クラヴィッツ

自身のヒット曲「自由への疾走」そのままに、1989年のデビューから今日まで走り続けているレニー・クラヴィッツ。90年代に発表した1960〜1970年代の音楽を強く意識した音作りの楽曲群は今聴いても全く古びていません。そんなレニー・クラヴィッツのデビューから1998年までをご紹介します。
obladioblada | 814 view
80年代「オジー・オズボーン」の全盛期を支えた凄腕ギタリストたち

80年代「オジー・オズボーン」の全盛期を支えた凄腕ギタリストたち

カリスマヴォーカリスト、オジー・オズボーン。彼が1980年代、ブラック・サバス脱退後、オジー・オズボーンバンドを結成してから発掘した、当時、世界的には無名に近かった3人の凄腕ギタリスト「ランディ・ローズ」「ジェイク・E・リー」「ザック・ワイルド」についてご紹介します。
gogo-one | 17,540 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト