『カース』は決して「カス」なんかじゃあないぜッ!!
2017年1月24日 更新

『カース』は決して「カス」なんかじゃあないぜッ!!

実にオーソドックスな「シューティングゲーム」として定評のある本作。「佳作」「ワゴンセール」といった両極端な評価にも理由がある。

2,025 view

1989年12月23日「マイクロネット」からリリースされた。

「マイクロネット」のメガドライブ参入第一弾ソフト 定価...

「マイクロネット」のメガドライブ参入第一弾ソフト 定価6800円

謎のパーケージイラスト・・・



















・・・実はラスボスだったりします。

それで、「カース」のストーリーって?

 惑星セネカのルーツとされる惑星パルセリアが、突然あらゆる接触を絶ち数百年がたった。パルセリアは伝説として忘れ去られ、兄弟星のあった空を見上げる者も絶えて久しかった。そして・・・・。パルセリアからの侵略は、突然はじまった。圧倒的なパルセリアの攻撃にセネカの防衛部隊には、なす術がなかった。いまや惑星セネカは、壊滅状態にあった・・・・。しかし、反撃のチャンスはきた!パルセリアの主力攻撃部隊が到着する前に敵主力母艦「マザー」内にある謎の物体を叩くのだ! セネカの希望を背負って万能恒星間宇宙船バルトアンデルスはいま旅立つ。
自機の名前「万能恒星間宇宙船バルトアンデルス」

ゲームの紹介

オープニング(タイトル画面)

オープニング(タイトル画面)

パッケージイラストから連想するスチームパンクな世界観~タイトル画面の宇宙を漂っている感~重圧なサウンド。

ドキドキしながら、スタートボタンを「ポチッ」
ステージ1スタート

ステージ1スタート

ステージ1が始まりました。
「ん?」
予想に反して、爽やかで軽快なメロディが流れてきます・・・。
「あれ?」
画面がカクカクする・・・。
「!」

・・・と言った感じで、のっけからツッコミ所満載です。
ステージ1BOSS

ステージ1BOSS

ステージ1のBOSSは鳥の大群。・・・なぜ?
そして、ラスボス

そして、ラスボス

まさしくパッケージイラストの奴ですね。
ラスボス、真の姿

ラスボス、真の姿

結構グロテスクです。スチームパンクな世界観が最後の最後にやっと登場します。
そして、エンディング

そして、エンディング

非常にあっさりしています。

これだけでは、まだ「ワゴンセール」レベルの評価

では「佳作」レベルと言わしめる、本作が愛されている理由とは

・全5ステージと、多くも少なくもない絶妙なステージ数。

・ライフ制シューティングという優しい設計で、がんばればクリアできる難易度。

・「タイトル画面」で「A「B」「C」いずれかのボタンを押しながら「スタート」を押すと出現する「CONFIGURATION」では、ステージセレクトができます(1~4ステージのみ)

・ある意味、他メーカーが真似をする事のできない「カクカク」動く画面。

・そして、最大の魅力は何と言っても「サウンド」ですね。特に「1ステージ」「4ステージ」の曲は多くのユーザーから支持されています。

「オンリーワン」だから記憶に残る。そんな「シューティングゲーム」です。

カース メガドライブ エンディング付 - YouTube

各ステージの一部とボス映像で、ゲームの雰囲気を味わって下さい 下記の点をご容赦下さい。 ・ラスボス、エンディングがあるので「見たくない方」は5分過ぎで視聴を止めて下さい ・古いビデオ映像なので低画質、乱れ、ノイズがあります ・ゲームプレイは下手です ゲーム著作権:マイクロネット
16 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

アメリカンライクな世界観が魅了する、丁寧に作られたアクションゲーム『ザ・スーパー忍』

アメリカンライクな世界観が魅了する、丁寧に作られたアクションゲーム『ザ・スーパー忍』

外国人がイメージする違和感のある日本文化が魅せる世界観。耳に残るBGMは忍者=和の常識を打ち破る。全クリアできる難易度設定!メガドライブオリジナルアクションゲームとして非常に丁寧に作られたゲーム性にボルテージMAX!!
「破茶滅茶」とは(常軌を逸しているさま。めちゃくちゃ。)=『おそ松くん はちゃめちゃ劇場』

「破茶滅茶」とは(常軌を逸しているさま。めちゃくちゃ。)=『おそ松くん はちゃめちゃ劇場』

俗にいう「クソゲ-」、ある意味「シュール」。昔はこんなゲームでも、みんなでワイワイ盛り上がれたよね!「赤塚 不二夫先生」のキャラクターと「レトロゲーム」が合わさったら楽しくない訳がない。
メガドライブ版ファミスタ?・・・実は全然違う野球ゲームだった『球界道中記』

メガドライブ版ファミスタ?・・・実は全然違う野球ゲームだった『球界道中記』

「ナムコ」の野球ゲームといえば『ファミリースタジアム(※ファミスタ)』 プロ野球ゲームのスタンダード的な存在だと思います。ファミコンには「ファミスタ」、PCエンジンには「ワールドスタジアム(※ワースタ)」、そしてメガドライブには『球界道中記』・・・ん? ナムコのメガドライブ参入第9弾ソフトである野球ゲーム「球界道中記」とはいったい!?
「メサイヤ」のメガドライブ参入第1弾ソフトは『史上最大の倉庫番』だった。そして以外にも知られていないブランドロゴの秘密とは

「メサイヤ」のメガドライブ参入第1弾ソフトは『史上最大の倉庫番』だった。そして以外にも知られていないブランドロゴの秘密とは

日本コンピュータシステム(※NCS)のゲームブランド名【メサイヤ】 「PCエンジン」や「メガドライブ」には欠かせない良質のオリジナルゲームを開発していたサードパーティでした。そのメガドライブ参入第1弾ソフトが『史上最大の倉庫番』とは意外にも知られていない事実です。誰もが「重装機兵レイノス」だと思ってたことでしょう!? そんなメサイヤのロゴマーク(※ブランドネーム)に込められた思いとは?
運命に抗え!!奴隷が主人公のRPG『闘技王キングコロッサス』

運命に抗え!!奴隷が主人公のRPG『闘技王キングコロッサス』

「孔雀王」の「萩野真」総合プロデュースの触れ込みで話題を集めたゲーム『闘技王キングコロッサス』は、セガのARPG。闘技奴隷となった主人公が、運命(さだめ)に立ち向かい、未来を切り開いていく姿は圧巻です。何気にモテモテの主人公に嫉妬してしまいそう。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト