アメリカンライクな世界観が魅了する、丁寧に作られたアクションゲーム『ザ・スーパー忍』
2017年1月24日 更新

アメリカンライクな世界観が魅了する、丁寧に作られたアクションゲーム『ザ・スーパー忍』

外国人がイメージする違和感のある日本文化が魅せる世界観。耳に残るBGMは忍者=和の常識を打ち破る。全クリアできる難易度設定!メガドライブオリジナルアクションゲームとして非常に丁寧に作られたゲーム性にボルテージMAX!!

3,356 view

1989年12月2日「セガ」からリリースされた

 (1558621)

・「ザ・スーパー忍」といえば「セガ」を代表するタイトルである。近年では「Wii」「PlayStation 3」「Xbox 360」まで幅広く展開された人気のシリーズであり、メガドライブでプレイする事ができた上質の「オリジナルアクションゲーム」であった。海外を意識した「世界観」や「古代祐三」氏の音楽などが非常にマッチした作品に仕上がっている。

・大場規勝&古代祐三、後の「ベアナックル」コンビが手掛けた作品なので「効果音」がベアナックルと同じだったり、似ている部分にニヤリとさせられる。

ストーリー

主人公の忍者の名前はジョー・ムサシ。以前に滅ぼした犯罪結社ZEEDの残党が活動を再開し、忍びの里を襲われた挙げ句、許嫁のナオコも連れ去られてしまった。ムサシの復讐の戦いが始まる。

いざ参る、全クリア!!「ザ・スーパー忍」!!!

タイトル画面

タイトル画面

「キンッ」「キンッ」と、手裏剣を刀で弾くオープニングがカッコイイ!

ゲームを始める前に「手裏剣」が「無限」になる「裏技」は必ず実行しておきたい(無限手裏剣)

 (1564380)

オプション画面で「SHURIKINS」にカーソルを合わせ数字を「00」に合わせる。
しばらくすると効果音と共に数字が「00」から「∞」に変わる。
ゲームを始めると手裏剣の数が「999」になっている。使用しても「999」から数は減らない。

ラウンドは全部で「8ROUND」

全ラウンドを通して「前半」~「後半」~「ボス戦」の流れになっている。

主人公の名前は「ジョー・ムサシ」~アクションの紹介

八双手裏剣(はっそうしゅりけん)

八双手裏剣(はっそうしゅりけん)

「二段ジャンプ」中に「手裏剣」を投げると、広範囲(8方向)に攻撃が可能になる。
もちろん投げた数だけ手裏剣は減っていく(※画像は「裏技」の無限手裏剣を使用している)
八双手裏剣(パワーアップ後)

八双手裏剣(パワーアップ後)

木箱を破壊すると出現する「Pow」アイテムで「ジョー・ムサシ」がパワーアップする。
攻撃力も上がり、エフェクトも派手になる(※パワーアップ後の移動中は「防御」の構えになり、敵の飛び道具等をガードできるようになる)
苦無(くない)で攻撃

苦無(くない)で攻撃

敵との距離によって「手裏剣を投げる」と「接近戦」が自動的に切り替わるのが斬新。
忍者刀(パワーアップ後)で攻撃

忍者刀(パワーアップ後)で攻撃

「Pow」アイテムでパワーアップ後は、接近戦が「忍者刀」での攻撃に変わる。

「忍術」は惜しまずに使い危険回避!

雷(いかずち)の術

雷(いかずち)の術

雷を身体に纏いバリアを張る。敵からの攻撃を4回防ぐことができる。
火龍(かりゅう)の術

火龍(かりゅう)の術

火龍を呼び出すことで、画面上の敵に攻撃する。
ボスにはダメージを与えることができる。
浮身(ふしん)の術

浮身(ふしん)の術

身体を分身させて通常より高くジャンプすることが可能になる。
90 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

主人公「ジョー・ムサシ」の活躍を描いた「忍」シリーズの続編『ザ・スーパー忍Ⅱ』

主人公「ジョー・ムサシ」の活躍を描いた「忍」シリーズの続編『ザ・スーパー忍Ⅱ』

「セガ」の人気アクションゲーム「ザ・スーパー忍」から約4年の歳月を経て登場した続編『ザ・スーパー忍Ⅱ』。前作を超えるアクションを引き下げて、再び「ジョー・ムサシ」の戦いが幕を開ける。パワーアップしたグラフィック、乗り物を使ったスピードバトル、「忍」シリーズの最高傑作がここに誕生した。
伝説の忍者「ジョー・ムサシ」の息子"疾風(ハヤテ)"が活躍する『シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビ』

伝説の忍者「ジョー・ムサシ」の息子"疾風(ハヤテ)"が活躍する『シャドーダンサー ザ・シークレット・オブ・シノビ』

セガのヒット作「ザ・スーパー忍」の登場から丁度1年後に発売された本作はメガドライブ「忍シリーズ」の2作品目にあたる。アーケード版「シャドー・ダンサー」と「忍-SHINOBI-」をミックスしたようなゲームになっていて、主人公も「ジョー・ムサシ」ではなく息子の「疾風(ハヤテ)」となり外伝的な印象。システムは変わっても要所にはメガドライブの「忍」らしさが残っている。
ディズニーの映画『アラジン』がゲームになって登場!映画のようにヌルヌル動く魅力的なキャラクターにウットリする!

ディズニーの映画『アラジン』がゲームになって登場!映画のようにヌルヌル動く魅力的なキャラクターにウットリする!

「愛は冒険を生む」「冒険が愛を育てる」良質のディズニーゲームを作ることに定評がある「セガ」が本気をだしてリリースした『アラジン』キャラクターの細かい動きも映画さながら、プレイヤーが操作できる「アラジン」がここにいる。
『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』とは「セガ」から発売された「2人同時プレイも可能」な「ベルトスクロールアクションゲーム」。「1作目」にして準最高傑作

『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』とは「セガ」から発売された「2人同時プレイも可能」な「ベルトスクロールアクションゲーム」。「1作目」にして準最高傑作

「セガ」の「看板タイトル」にもなりえるポテンシャルを秘めた原石。シリーズ最高傑作「ベア・ナックル2」へのレールは、すでに出来上がっていた。シリーズ1作目「ベア・ナックル 怒りの鉄拳」の「小ネタ」や「自己満足な遊び方」を紹介します。
メガドライブの隠れた名作『ランボーⅢ』を知っているか!?

メガドライブの隠れた名作『ランボーⅢ』を知っているか!?

「シルヴェスター・スタローン」主演の映画「ランボー」から、同シリーズの「ランボー3 怒りのアフガン」をゲームにしたのが、今回紹介する『ランボーⅢ』です。メガドライブのソフトとしては、比較的初期の頃に発売されたタイトルなので、円熟期のメガドライブファンには馴染みが薄いかも?…ファミコン世代の方にも「CM」は覚えてる!なんていう人もいるのでは!?

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト