HONDAビート…それがC君への翼からの贈り物
2017年6月7日 更新

HONDAビート…それがC君への翼からの贈り物

妖しいジムニー改をあっという間に失ったC君、その数年後の事です。キャプテン翼の高橋陽一さんが僕に言いました。「ナカガーくん、ビートいらない?」

2,339 view
ナカガー君に似合いそうだね!

ナカガー君に似合いそうだね!

そうなんです。
陽一さんにニューモデルマガジンX誌に載ったビートのスクープ写真…確かドイツかどこかを走る白いビートの記事でした…を見せた時に頂いた言葉です。

キャプテン翼とHONDAビート

確か正規のアシスタントではなくて臨時の助っ人で仕事に入っていた時だったと思います。
(…とするとCHIBIというボクシング漫画だったのでしょうか)
キャプテン翼の高橋陽一さんが僕に言いました。
「ナカガー君、ビートいらない?」
まだ発売開始してからそれほど経ってない新車同様のHONDAビートを陽一さんの弟さんが乗っていたのですがもう乗らないとのことだそうです。小さなスポーツカーが大好きだった僕は大好きな車種。

実はそれ以前に陽一さんの手伝いに入っていた時の事ですが、(おそらくエースという野球漫画の頃だったと思います。えへへ…、翼も含めて何度も手伝いに入っていますね)当時は陽一さんと同じ部屋で仕事をしていたのですが仕事が始まる前、僕はよくクルマやプロレスの雑誌を読んでいて、その時はニューモデルマガジンXという雑誌を読んでいたのですが、部屋に入ってきた陽一さんが珍しくのぞき込んで「何このクルマ?」と開いていたページに載っていたビート発売前のスクープ写真をみて聞いてきたのでした。
「ホンダから出るかもしれない軽のスポーツカーです」って言うと「ナカガー君に似合いそうだね」なんて言われたのを覚えていらのですがまさか弟さんが乗っていたとは知りませんでした。

とはいっても前に書いた通り僕はこのころすでに今も乗っている1959年製の旧いイギリスのスポーツカー、オースチンヒーレーを手に入れてしまっているわけですからいくら安く譲ってくれると言われても手が出そうにありません。

で、当然思いついたのが妖しいジムニー改を失って数年。その頃は僕の知り合いのところに入っていた元アシのC君です。
「僕は買えそうにないけどC君ならきっと!」と勧めたのです。

その場で電話して伝えると「買います!」と即決。後日僕のところに遊びに来て「いくらですかね?」なんて聞いてきました。
とりあえずほぼ新車状態ですしタダというわけにはいきませんから、買い取り価格を調べてそれよりちょっと安くしてもらったらとアドバイスしたのですが、さらにそれをある時払いのローンでお支払いということになったのでした。

C君とビートの長い蜜月

カニ目とビート

カニ目とビート

カニ目とビート…かたや1959年イギリスのFRオープンカー
そして1991年ホンダ発売のミッドシップオープンカー
ほんとによく似たクルマです。
僕の入っているチーム「ボロッ娘」というクラブの隊長のO君も
この2台を所有しているのですがうまく使い分けているようですが
家族持ちの僕にはこの2台をそろえるのはちょっと辛いですね。
僕のところを辞めた後も同じ野球チームに入っていたC君。
結局野球試合で会った時に金銭的に余裕があれば支払うなんてかなりルーズな支払いだったようですが何とか支払い続けジムニー改の時とは違ってかなり長くビートに乗っていました。

ビートはC君のところに来てすぐ借りて埼玉の定峰峠に(小さなクルマに最適の峠道です)試乗しに行ったりと僕も十分楽しませてもらいましたし、C君とどこかに出かけるときは僕が運転することも多く前に書いた550キャロルとならんで僕が多く運転した軽自動車のひとつでした。
また似たような車格のオープンカーのヒーレーと2台で一緒に走ったりもしていました。

そんなある日電話がかかってきました。

「ビートが燃えました~っ!」

実は僕はキャブセッティングの不調からヒーレーを燃やしてしまったことがあるので(修理にかなりの時間と労力、お金がかかりました)驚いたのですが、よく聞いてみるとスモーカーの彼は運転中に煙草を吸おうとして助手席に投げてあったバッグの中の100円ライターをとろうとして誤ってバッグに火がついてしまったそうでモクモクと煙をあげるバッグを運転しながら手でバンバンたたいて何とか消し止めたそうです。

ビートそのものにダメージはなかったのですが焼け焦げになってしまったシートのことでボクに相談してきたので、当時はまだパソコンなど使ってなかった彼に代わってオークションで助手席のシートを落としてあげて、さらに僕が代金を立て替え、引き取りにも行ってC君に届けてあげたのでした。

まさに至れり尽くせりの師弟愛(?)です。

さよならビートin京葉道路

ビート炎上

ビート炎上

炎上とはいっても僕が経験したカニ目大炎上事件に比べれば
ほんのボヤ騒ぎですが
走行中の助手席から煙が上がったのですから
さぞや驚いたことでは…
そんなビートとC君の長い蜜月ですが別れは突然やってきました。

これも電話がかかってきて聞いた話だったのですが、ある日千葉の友人のところにビート遊びに行っていた彼が朝方の帰り道京葉道路で入口の料金所を抜けたところでアクセルを踏み込み、グ~ンと加速したところで突然の失速…ビートの弱点でもあったタイベル切れでエンジンがお亡くなりになってしまったそうです。

割と長い間乗っていたとはいえ新車同様で手に入れたビート。
走行はまだ10万キロなんて全く届いてなかったはずですが、やはり巷できいてるようにタイベルは弱いのかもしれませんね。

そしてあの妖しいジムニー改と同じように故障現場の近くで業者に引き取ってもらいビートは手放したそうです。

その後のC君

爆走クレージュタクト…そしてご臨終

爆走クレージュタクト…そしてご臨終

元々友人のところにあったタクトを譲ってもらったのですが
丁度その頃に別の友人からホンダのビクスク、フォーサイトを
譲ってもらい全く乗らないままC君にもらわれていったのでした。

C君はかよいでアシスタントをしていたらしく
夜な夜な神奈川寄りの自宅から練馬近辺の仕事先まで往復
決して新しいとは言えずそれほど程度の良くなかった
タクト君はある日突然力尽きたのでした。
今はタクシーの運転手に転身したC君ですが、タクシー運転手になるまでもう自分の車を持つことはなかったようでスクーターを普段のアシにして各地のアシスタントに通っていました。

ある日僕のところに遊びに来て僕が奥さん用に買ったスクーター…タクトクレージュをみて譲ってくれと言い出しました。

結局奥さんはスクーターに乗る気はなくて僕も友人から譲り受けた250スクーターを乗り回していた頃ですから余ってはいたのですが、友人から10000円程度ですが譲ってもらい自賠責に入って間もない頃で迷っていたのを「それじゃ8000円ね!」と言って返事もまともに聞かずに乗って行ってしまいました。

その後1年か2年くらい顔も出さず代金も払わず名義変更すらしてくれなくて困っていたところ、突然連絡が来てあのスクーターが壊れたとなぜかボクに逆切れする始末。

ホント困った元アシスタントでした、でも憎めないんですよね(笑)
だからジムニー改やらビートやらタクトクレージュやら乗り回していたんですね。

C君が陽一さんにビートの代金全額払ったかどうかはどちらからも聞いてないので僕は知りませんがとりあえずジムニー改とタクトクレージュの代金は…

ここでしか読めない!ナカガー書き下ろしの「時空探偵マツ・de・DX」はコチラから

14 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「キャプテン翼」の足はソアラ(SOARER)

「キャプテン翼」の足はソアラ(SOARER)

ナカガー君クルマ買い替えたよ!1985年ごろだったでしょうか?当時手伝っていた「キャプテン翼」の高橋陽一さんに突然言われました。
【クイズ】「キャプテン翼」クイズ第2弾!!今度は全日本ジュニアユース編からのみの出題!!

【クイズ】「キャプテン翼」クイズ第2弾!!今度は全日本ジュニアユース編からのみの出題!!

日本のサッカー人気を一変させるほどのインパクトをもたらしたサッカー漫画「キャプテン翼」。これを読んでサッカーを始めたというサッカー少年は世界中にいることでしょう。そんな「キャプテン翼」からのクイズ第2弾!今回も10問ですが、前回と違って「全日本ジュニアユース編」からのみの出題とします。あの世界の強豪たち、憶えていますか!?
松葉杖のアシスタント、高橋陽一さん「Chibi」最終回

松葉杖のアシスタント、高橋陽一さん「Chibi」最終回

前回お話した草野球お話試合中靭帯損傷したちょっと後、高橋陽一さんから電話がありました。「Chibi(当時陽一さんが連載していたボクシング漫画です)の最終回にアシスタントが足りないから手伝ってくれない?」いやボクは靭帯損傷で松葉杖なんですけど…ということで松葉杖で東京横断してアシスタントに行くことになりました。
それはマイティボーイのようなセルボのようなジムニーでした

それはマイティボーイのようなセルボのようなジムニーでした

小畑健くんが乗ってきたレモンイエローのクルマ、それはスズキマイティボーイのようなセルボ(2代目…通称浅丘ルリ子のセルボ)のようなジムニーでした。
アニメ監督ねぎしひろし!彼が好んだリトラクタブルライト、そのスポーツカー系譜について。

アニメ監督ねぎしひろし!彼が好んだリトラクタブルライト、そのスポーツカー系譜について。

SA22C初代RX-7、AE86スプリンタートレノ、SW20MR2!80年代に大流行したリトラクタブルライトのスポーツカー。これが「天地無用」「NG騎士ラムネ&40」などで有名なアニメ監督ねぎしひろしの愛車遍歴です。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト