あなたはどちら派? 〜表も裏も、梁山泊のよな個性ひしめく、アニメ「うる星やつら」〜 うる星やつらアニメ派宣言
2016年2月16日 更新

あなたはどちら派? 〜表も裏も、梁山泊のよな個性ひしめく、アニメ「うる星やつら」〜 うる星やつらアニメ派宣言

80年代に4年半の長期放送となった人気アニメ「うる星やつら」。アニメ版うる星至上主義者の観点から独断と偏見で振り返ってみます。

11,696 view
加えて、この引用にもあるように、制作体制の不足、原作エピソードの不足が、かえって押井氏の特異な才能と現場若手スタッフの自由な取り組みを可能としたのでしょうね。
アニメうる星には、引用に紹介されている回のように、うる星のキャラクターを使いながらも、もうほぼ元のうる星世界とは関係ないハナシもあるのでした。
最初のあらすじで基本的にはドタバタの繰り返しみたいなことを申しましたが、実はそれは基本に過ぎず、ときにはラヴロマンスあり冒険ものあり怪奇ものありミステリーあり、、のなんでもありが、うる星であり、それが原作漫画より遥かに吹っ切れていたのがアニメ版うる星なのでした。
でも、どれだけムチャクチャ、どれだけ好き勝手やって製作陣の個性を発揮しても、うる星キャラクターを使っている以上、なおもそれは「うる星やつら」であると、筆者は当時から観ているのであります。

メガネ≓押井守を中心としたアニメうる星 うる星やつら、アニメ至上派宣言!ヽ(‘ ∇‘ )ノ

 (1575228)

メガネ
 (1575230)

≓押井守
「うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー」を作り上げたあと、TVアニメ版うる星を去った押井氏は、その後自らの実写作品に千葉氏を主役として据え(!)、アニメうる星で培い開花した世界を押し進めるのでした。
その意味で、メガネ≓押井守。まさにメガネは押井守の体現者であり、
あれだけキャラクターの立った登場人物を粒ぞろいに生み出した原作漫画には敬意を払いつつも、
そこにさらに声優たちの多様な演技、押井氏はじめとする製作陣の多彩な才を上乗せしたアニメ版は、さらにすばらしいと、
うる星アニメ派として筆者は考えるのであります。
いかがだったでしょうか。うる星マンガ派の方のご意見もお聞き出来れば愉しいかと思います。
45 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

ルナ先生、やるっきゃ騎士、みんなあげちゃうなども網羅!『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が好評発売中!

三栄書房より、80年代に登場したラブコメ漫画のヒロインを特集したムック『ラブコメヒロイン大解剖 80´s 少年マンガ編』が現在好評発売中です。
隣人速報 | 1,854 view
【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

【訃報】「きまぐれオレンジ☆ロード」で知られる漫画家・まつもと泉さん死去。

漫画「きまぐれオレンジ☆ロード」の作者として知られる漫画家・まつもと泉さんが、脳脊髄液減少症のため10月6日に亡くなっていたことが明らかとなりました。61歳でした。
隣人速報 | 3,804 view
きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

きまぐれオレンジ☆ロード、クリィミーマミ、うる星やつら…高田明美の画集「Angel Touch」が発売決定!!

復刊ドットコムより、イラストレーター、宝飾デザイナーとして活躍する高田明美が世に送り出したイラストを振り返る画集『Angel Touch ~エンジェルタッチ~ 高田明美画集』の発売が決定しました。
隣人速報 | 1,471 view
「THE NEXT GENERATION パトレイバー」一挙放送記念で〝押井守&千葉繁トークショー開催! 【東京コミコン2018】には〝等身大イングラム〟も登場

「THE NEXT GENERATION パトレイバー」一挙放送記念で〝押井守&千葉繁トークショー開催! 【東京コミコン2018】には〝等身大イングラム〟も登場

2018年12月29日からおこなわれる「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の一挙放送を記念して、【東京コミコン2018】では〝押井守&千葉繁トークショー〟が開催される。会場には実際に撮影で使用された等身大の〝イングラム〟も登場し、デッキアップがおこなわれる予定だ。
80年代の少年誌の「ラブコメ」ブーム・輝ける青春グラフィティー16作品

80年代の少年誌の「ラブコメ」ブーム・輝ける青春グラフィティー16作品

懐かしい80年代の甘酸っぱい青春時代の記憶と当時の空気感も満喫できる不朽の名作『めぞん一刻』など少年誌の「ラブコメ」作品を振り返ってみましょう。名作は色あせず。昭和臭がむしろ良いですねえ。
ガンモ | 59,456 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト