福岡を根拠に活動した心響く熱いロックンロールバンド『アンジー』
2017年10月16日 更新

福岡を根拠に活動した心響く熱いロックンロールバンド『アンジー』

ボーカルの歌声とサウンドと純文学的ぽい歌詞が、青春パンクぽくとても懐かしい感じで、元気を貰えます。

14,182 view

アンジー

バンド『アンジー』

バンド『アンジー』

1980年結成、1992年活動停止。
(メンバー)
第一期(結成~1983年)、水戸華之介(Vo. / 1962年6月7日 - )、中谷のブースカ(B. / 1963年4月20日 - )、植中ぼんじ (G. / 1963年 - ) - 1983年に脱退、藤井がちゃ彦(Dr. / 1963年10月11日 - )

第二期(1983年~1986年)、三戸(水戸改め)華之介 (Vo.)、中谷のブースカ (B.)、嶋尾ジョージ(G. / 1963年 - 2000年6月9日) - 1986年3月に脱退、藤井がちゃ彦 (Dr.)

第三期(1986年~解散)、三戸華之介 (Vo.)、中谷ブースカ (G.)、岡本様ひこ(B. / 1963年9月9日 - ) - 後に「岡本有史」と改名、藤井がちゃ彦 (Dr.)
1980年に山口県長門市で結成されたバンドで、福岡を拠点に活動して人気があったバンドです。
バンド・ブームの終焉と、ビーイング系の産業ロックの台頭に押し出される形で消えた文学的な叙情を詩だけでなく楽曲にもしたためていたビート/パンク・バンド

インディーズ時代

1980年に山口県長門市で結成。

1980年に山口県長門市で結成。

1982年メンバーは、第一経済大学に入学、福岡県福岡市に活動拠点を移し、本格的に活動開始
ホールでのソロコンサートの開催や自主制作レコードなどの発売と、アマチュアとしては異例の人気を誇った。

1983年に植中が脱退。長門時代に同級生だった嶋尾が加入する。この頃、福岡市内にある焼肉屋のCMに出演し、一部のファンに強烈な印象を残した。

1984年~1985年にかけて、ホールでのソロコンサートの開催や自主制作レコードの発売などアマチュアとしては異例の人気を誇り、当時の博多アマチュアミュージックシーンをリードしていたモダンドールズ、キッズ、アクシデンツ、ゴジラらと並び称されるトップバンドの一つであった。
1982年2月にインディーズアルバム『嘆きのばんび』を...

1982年2月にインディーズアルバム『嘆きのばんび』を発売します。

発表当時、東京でも話題になったアルバムで、日本語ビート・バンド・ブームを先取りしたような痙攣サウンドが基調。
≪視聴コメント≫
本作は、「ロック」というジャンルを意識しないで、とにかくシニカルで温かいアンジーらしさに満ちている気がします。現在実写版公開中の「るろうに剣心」の作者、和月伸宏氏がお気に入りと公言していた「銀の腕時計」は誰もが納得の名曲ですが、「でくのぼう」「パンを一切れ」「バンビの死」「ラッキー」・・・どれも、水戸さんらしい素敵な詩が堪能できます。
1980年代中盤、博多の重要バンドだったアンジ-の博多時代のアルバム。プロデューサーはこれも博多ロック界のゴッドファーザーとも言うべき松本康氏。当時UKビートの影響が強かった博多のロックシーンにおいて、アンジ-は特異な存在でした。しかし結果として今聞くとビート色が強いサウンドになっているのは興味深いです

アンジー パンを一切れ - YouTube

アルバム『嘆きのばんび』の1曲『パンを一切れ』
1984年4月12日に『木偶の坊』、1985年3月に『罪と罰』、1985年8月に『ガセネタ』のカセットマガジンを発売しました。また1987年7月7日にバンビ・レーベル(自主制作)からベイシティローラーズのカバーのカバー曲『ロックンローラー』を発売します。
1985年5月5日、「天神解放地帯」と称し、天神ビブレ...

1985年5月5日、「天神解放地帯」と称し、天神ビブレ屋上で行われたライブが行われました。

そして1985年10月25日「都久志会館」でライブを行いました。

1986年3月に嶋尾が病気(若年性糖尿病)を理由に脱退。

上京目前の1986年10月25日、地元福岡のビブレホールで「博多さよならライブ」を敢行。観客が盛り上がりすぎて、ホール下のコンクリート天井に亀裂が入り今も痕が残っています。
出典 ameblo.jp
福岡でのインディーズ時代は長く、そこで数々の伝説を築きあげて行きました。

インディーズのウラギリモノとは

80年代後半のシーンの悪い風潮というかどうなのか?インディーズからメジャーへと活動の場所を移したバンドを「インディーズのウラギリモノ」と称して攻撃する風潮がありました
ラフィン・ノーズしかりウィラードしかり有頂天のインディーズ三羽烏でさえ裏切り者と称されていました
「インディーズのウラギリモノ」にバンド『アンジー』も加わり、インディーズ時代身近にいたバンドが遠い存在になっていくのが堪えられないファンが多かったようです。

デビュー作、シングル『天井裏から愛を込めて』とアルバム『溢れる人々』

1987年キャプテンレコードから「砂漠のマドンナ」「トモダチ」「髑髏の丘」をリリース

1988年5月シングル「天井裏から愛を込めて」とアルバム「溢れる人々」の同時リリースでメジャーデビュー
1988年5月21日にデビューシングル『天井裏から愛を...

1988年5月21日にデビューシングル『天井裏から愛を込めて』を発売する。

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

伝説のパンクバンド「アナーキー」!逸見泰成の死を乗り越え、18年ぶりにアルバムを発表!!

和製パンクバンドの始祖として名高い亜無亜危異(アナーキー)が、18年ぶりの新作アルバム「パンクロックの奴隷」をリリースすることが明らかとなりました。発売予定日は9月5日。
隣人速報 | 5,304 view
“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

“日本語ロック”の先駆者「ジャックス」の元メンバー・木田高介の入手困難な名盤がついにCD化!!

元ジャックスのメンバーで、作曲家・編曲家・プロデューサーとしても日本のフォーク/ロック創生期に重要な役割を果たした木田高介唯一のソロ名義アルバム『DOG'S MAP & CAT'S MAP』が、ソニーミュージックの通販サイト「オーダーメイドファクトリー」からCD再発されることが決定しました。
隣人速報 | 335 view
シーナ&ロケッツがついにデビュー40周年!ビクターとソニーから2枚組ベストがそれぞれ発売されます!!

シーナ&ロケッツがついにデビュー40周年!ビクターとソニーから2枚組ベストがそれぞれ発売されます!!

1978年のデビュー以来、日本のロックシーンを牽引してきた「シーナ&ロケッツ」。今年でデビュー40周年を迎えます。それを記念し、ソニーとビクターから2枚組ベスト盤「ゴールデン☆ベスト」がそれぞれ発売されます。発売予定日はソニー盤が2018年2月28日、ビクター盤が2018年3月28日となっています。
隣人速報 | 698 view
日本での人気も高いカリフォルニア発のパンク・ロックバンド『The Offspring』

日本での人気も高いカリフォルニア発のパンク・ロックバンド『The Offspring』

1984年結成のパンク・ロックバンド『The Offspring』。90年代のサーフィン、スケートボード、スノーボードなどストリートカルチャーと絡んで世界的なバンドとなりました。
gogo-one | 2,813 view
『THE BARRETTザ・バレット』元MY LITTLE LOVERの藤井謙二が加入していたロックバンド!!

『THE BARRETTザ・バレット』元MY LITTLE LOVERの藤井謙二が加入していたロックバンド!!

THE BARRETTは、1990年にテイチクからデビューしたロックバンドでした。ギターの藤井謙二は、元MY LITTLE LOVERとして知られており、数多くのアーティストのレコードに参加し、『The Birthday』のギタリストとして現在も活躍しています。
星ゾラ | 2,467 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト