昔のラジカセ等のオーディオ機能まとめ。【Auto Reverse】横文字でなんだかカッコよかった!
2016年2月12日 更新

昔のラジカセ等のオーディオ機能まとめ。【Auto Reverse】横文字でなんだかカッコよかった!

デジタル時代には無い、アナログだからこそのオーディオ機能をまとめました。より良い音質を求めて各社、様々な機能を追加してきました、その名前も横文字ばかりでしたね。あなたはいくつ覚えていますか?

22,188 view

ドルビーNR

ドルビーNR

ドルビーNR

システムには業務用のA、SR、民生機用のB、C、Sがある。B、C、Sはコンパクトカセット用デッキに搭載され、再生時に発生するテープヒスノイズを低減するのに用いられる。

出典 ドルビーノイズリダクションシステム - Wikipedia

ラジカセではBタイプが主流でしたね。
Aタイプを基に簡略化し、民生用で使える仕様にしたもので、最も普及している。ヒスノイズが耳につく高い周波数の入力音声信号を、テープに記録する際にレベルを上げて記録(エンコード)し、再生するときには元のレベルに戻して再生(デコード)する。これにより、聴感上ヒスノイズが低減される。ただし単純にレベルを上げるだけでは、大きな入力レベルの時に飽和を起こしてしまい、まともに記録できない。そこで、大きな音の時にはノイズが聞こえにくいという、人間の耳のマスキング効果を利用し、入力レベルが大きい時には倍率を上げず、小さい時には倍率を上げる、圧縮記録の考え方を用いている。最も入力レベルが小さい時には150Hz付近からレベル上昇させ、5kHz付近でのS/N比が約10dB改善されるように設定されている。

REC-MUTE

REC-MUTE

REC-MUTE

画像左上に「REC-MUTE」
ワンタッチでテープに無音録音できる編集機能!
曲の頭出し機能を使うためにに使っていましたね。

ちなみに、DAT時代にもこの機能はありましたね。

マトリックスステレオ

マトリックスステレオ

マトリックスステレオ

モノラル、ステレオでは物足りないということで、疑似的に音源を4チャンネルにするそうです。

3ヘッド

3ヘッド

3ヘッド

プロ仕様のデッキに採用される事が多かった3ヘッド方式。

主にアナログ録音機の場合には、録音しながら同時にテープに録音された音をモニターできるものがあります。これは「3ヘッド方式」と言って、磁気ヘッドが3個ある録音機固有の機能です。テープは、まず始めにテープを初期化する「消去ヘッド」を通過し、「録音ヘッド」で記録され、「再生ヘッド」でモニターされます。何度でもやり直しができる場合は良いのですが、ライヴ録音などは一度限りで失敗することはできません。同時モニターができる機能が付いた録音機器の場合は、必ずモニターをしながら録音するべきです。

エンドチェッカー

エンドチェッカー

エンドチェッカー

テープ残量が光でチェックできるエンドチェッカー。録音中に曲の途中でカセットテープが終わってしまった! こんな録音ミスを未然に防ぐのがエンドチェッカーです。

曲頭出し機能

ラジカセの多くに搭載された曲頭出し機能。メーカーによって名称は異なりましたが、この機能は画期的でしたね。飛ばしたい曲数の設定なども可能。
ソニー 「AMS」

ソニー 「AMS」

ソニーはAMS(オートミュージックセンサー)
シャープ 「APSS」

シャープ 「APSS」

シャープお得意の一発選曲機能「APSS」搭載。メーターパネル上部の1~5のLEDで曲番表示されます。
日立 「デジタル選曲」

日立 「デジタル選曲」

今だと、デジタル選曲?アナログテープでデジタルと言われても...と思ってしまいますが。当時はこれが良かった。
AIWA 「キュー/クイックレビュー」

AIWA 「キュー/クイックレビュー」

メタルテープ対応

カセットの種類に対応!

カセットの種類に対応!

ノーマル、クローム、メタルと様々な種類のカセットが出ると、デッキ側も対応!わざわざ切替ボタンまで必要なのかと思ってしまいますが。
46 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

あなたが持っていたのはどっち?「コンポ V.S. ラジカセ」

あなたが持っていたのはどっち?「コンポ V.S. ラジカセ」

ラジカセやコンポ持っていたはどっちですか?持っていなかった人は憧れたのはどっち?
木目調ボディーで昭和レトロなラジカセ「TY-1710」が販売中!USBメモリーやSDカード対応など機能が充実!

木目調ボディーで昭和レトロなラジカセ「TY-1710」が販売中!USBメモリーやSDカード対応など機能が充実!

「カセットテープ」の人気が若い世代を中心に再燃している現在ですが、それを再生する機器メーカーが減少しています。そんななかCICONIA(チコニア)ブランドからクラシカルラジカセ「TY-1710 ラジオ/カセットプレイヤー」が販売されています。
オーディオマニア必見!懐かしの名機を堪能できる「大ラジカセ展」が西武渋谷店で開催!!

オーディオマニア必見!懐かしの名機を堪能できる「大ラジカセ展」が西武渋谷店で開催!!

8月14日までの期間、西武渋谷店「A館7F特設会場」にて『大ラジカセ展〜shibuya extra【since1968】〜』が開催されています。近年若い世代にもブームの兆しを見せているラジカセ。ミドル世代に限らず若者にも、この展覧会が注目されています!
隣人速報 | 2,506 view
「アイワ(aiwa)」ブランドが十和田オーディオで復活!今秋から続々と商品が発売へ!

「アイワ(aiwa)」ブランドが十和田オーディオで復活!今秋から続々と商品が発売へ!

ソニーからアイワ(aiwa)ブランドを譲渡された十和田オーディオ。今年新会社「アイワ株式会社」を設立。同社がアイワブランドを活用し、9月末からCDラジカセや4Kテレビなどを製造、発売していく。
ミニコンポの大きな魅力だったグライコ(グラフィックイコライザー)!波形と一緒に体も動いてませんでしたか?

ミニコンポの大きな魅力だったグライコ(グラフィックイコライザー)!波形と一緒に体も動いてませんでしたか?

ミニコンポ全盛だった80~90年代、各社がこぞって魅力的な商品を投入していました。なかでも少年の目に分かりやすいグライコ(グラフィックイコライザー)は、購買の決め手に繋がるほどのインパクトを誇っていましたよね。
青春の握り拳 | 8,632 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト