女子バレーボール界に旋風を起こした斎藤真由美の壮絶な半生と現在
2022年11月23日 更新

女子バレーボール界に旋風を起こした斎藤真由美の壮絶な半生と現在

1980年代後半の女子バレーボール界に彗星のごとく現れた斎藤真由美さん。当時10代という若さとアイドルのように可愛いルックスから繰り出す強烈なスパイク。当時のバレーボール人気を高める一因となりました。そんな斎藤真由美さんですが、トラックと衝突するという大事故で大けがを負ってしまいましたが、不屈の精神力で奇跡の復活を果たしています。今回はそんな斎藤真由美さんの半生と現在についてご紹介します。

440 view

斎藤真由美のプロフィール

斎藤真由美シャッターチャンス

まずは斎藤真由美さんのプロフィールからご紹介します。
生年月日:1971年2月27日
出身地:東京都練馬区
愛称:マッチョ
身長:177センチ
体重:62キロ

中学入学と同時にバレー部に入部し、本格的にバレーボールを始め頭角を表します。
バレーボールの名門中村高校に進学すると、1年でレギュラーに選ばれました。
そして同年8月のインターハイで3位に入ったものの、「まだ若い」という理由で国体の東京選抜のメンバーから外されてしまったのです。
大人への不信感でいっぱいになり、中村高校を中退してしまいました。

同年11月、中退の噂を聞きつけて声をかけたイトーヨーカドーに入社します。
名門高校で1年生からレギュラーで、中退してもすぐに実業団からスカウトがくるとは、才能は隠せませんね。
一本気な性格も素敵です。

1989 W杯バレーボール女子 日本VSペルー 第1セット / W-CUP Volleyball 1989 JAPAN VS PERU 1SET

1987年のダイエー戦でデビューした斎藤真由美さんは、1988年のソウルオリンピックの第一次候補選手に選出されると、その可愛らしい実力とルックスから未来の全日本エースと期待をされています。
バレーボール界のゴクミ(当時美少女ブームで人気だった後藤久美子)と称されるほどでした。

ただソウルオリンピックは、全日本招集時に「ベンチに座っていればいいから」と言われたことを不満に思い辞退しています。

チャンスを逃したかに見えた斎藤真由美さんが大ブレイクしたのは、1989年のバレーボールワールドカップでした。

1989ワールドカップバレーボール女子 日本VSペルー 第2セット

当時は4年に1度、日本開催で行われていたバレーボールワールドカップ。
凄く盛り上がっていて、当時は学校でも話題になっていました。
強くてアイドル並みに可愛い斎藤真由美さんは大人気で、みんな応援していましたね。
益子直美さん、中田久美さんなどと共にキューバや中国などの強豪を相手に健闘し、敢闘賞を受賞した斎藤真由美さんです。

斎藤真由美プロモーションビデオ

ただその後はケガに苦しみ、全日本に選出されるたびに身体を壊すようになってしまいます。
がむしゃらに頑張ってきた無理が、身体に変調をきたしてしまったのでしょう。
19歳の時には右肩が上がらなくなり、くしで髪を梳かすこともことも出来なくなってしまいました。
必死でリハビリを続けて、ようやく身体が動くようになった矢先の1993年8月…交通事故に巻き込まれてしまったのです。
今度は交通事故に巻き込まれてしまったんです。

 トラックのドライバーの飲酒運転と居眠りが原因でした。たまたま帰省で実家に帰り、食事に出かけた帰りがけ、家族が乗っている車に正面衝突されて。運転していた兄、助手席に乗っていた私も大ケガを負い、後部座席に乗っていた母は両肩を脱臼して身体障害者となりました。

 私も脱臼や額を13針縫うなどしましたが、特にひどかったのは両ひざ。手術をしたものの、『このケガをしてまたプレーができるのか。たとえコートに立てても、自分を奮い立たす力が出るのか』と、まったく先が見えませんでした」
ご家族も負傷され、また顔をフロントガラスに強打してしまった、色々なところにガラスが刺さってしまったこと…。
若い女性にとって顔をケガしてしまった辛さは筆舌に尽くしがたいですよね。
そんなときに70代の看護師さんに看護師さんが『あきらめちゃダメよ。頑張っていれば、その傷が人生の勲章になる時が必ずくるから』と励まされ、その言葉で奮起出来たそうです。

以前の肩のリハビリと合わせて合計で6年半、コートから遠ざかったあとに復帰しました。
ただ所属チーム、イトーヨーカドーの地下のトレーニングルームで1人トレーニングに励んでいたら、メンタルをやられてしまったそうです。

みんなが上で練習する声が聞こえて、取り残されるような気持ちになってしまったのでした。
少しバレーボールから離れて、北海道の病院に転院し道内のバレーボール少年団との交流などから、奮起した斎藤真由美さんはチームに戻ってリハビリを再開したのです。

その後の斉藤真由美

 「先日、バレーボールの斎藤真由美さんに話を聞きました。各国で指導をされていたセリンジャーという監督について斎藤さんは『彼は素晴らしい監督です』と言っていました。斎藤さんは交通事故で顔面何十針も縫って再起不能と言われていましたが、斎藤さんが復帰した試合の時に、相手のダイエーは敵なのに、優勝インタビューでセリンジャーは『今日は私たちが勝ったことより、斎藤が戻ってきたことに拍手を送りたい』と、聞いたら涙が出てきちゃうようなことを語ったそうです。その後、米国に戻っていたセリンジャーに『お願いします。絶対に日本に来てください』と呼びかけたのが斎藤さんです」
チームに戻って主将として復帰した斎藤真由美さんはその後ダイエーに移籍しました。
そしてセリンジャーという監督は、自チームの優勝したよりも斎藤真由美さんの復帰に拍手を送りたいと言ってくれたそうです。

大ケガから不屈の闘志でコートに戻った斎藤真由美さんにとって、最高の賛辞ですし敵とはいえリスペクトに値する一流の選手の証ですね。

斎藤真由美の現在

2004年に現役を引退後、2007年4月からは山形放送で放送される朝のラジオ情報番組「グッとモーニン!!」に毎週火曜日の「真由美のアタック!朝一番」に出演していました。
またバレーボール中継の解説を中心に、2016年1月にフジテレビ「春の高校バレー」で解説者としてもデビューしました。

2022年には群馬銀行グリーンウイングスの監督に就任し、後進の指導にあたっています。
辛い思いもたくさんされてきましたが、バレーボール斎藤真由美さんにとって人生の一部なのでしょう。

まとめ

今回は「女子バレーボール界に旋風を起こした斎藤真由美の壮絶な半生と現在」についてご紹介しました。
1989年のワールドカップで見た斎藤真由美さんは凄く輝いていて、その後こんなに大変な思いをしているとは知らなかったです。
いつも不屈の闘志で困難を乗り越え続け、真っすぐに生きる斎藤真由美さんの今後の活躍も楽しみですね。
19 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

ユニークな選手名や裏技で振り返る『初期のファミスタ』クイズ付き!!

1986年に発売され、現在に至るまで野球ゲームの傑作として認知されている「ファミスタ」シリーズについて振り返ってみましょう。
石田ゆり子が新成人へエール!自ら20代当時の写真を公開し、今も昔も変わらぬ美しさに反響多数!

石田ゆり子が新成人へエール!自ら20代当時の写真を公開し、今も昔も変わらぬ美しさに反響多数!

女優の石田ゆり子(47歳)が1月8日、自身の20代の頃の写真をインスタグラムに公開。ネット上では「とっても素敵ですね」「あまり かわってない〜!!」「ゆりこさん変わってない!」「今もあまり変わってないのがすごいですね!」など驚嘆の声が相次いでいる。
【宮沢りえ】美人ハーフモデルとして一世を風靡!かつて披露した官能シーンや貴乃花との婚約・V6森田剛との再婚もチェック!

【宮沢りえ】美人ハーフモデルとして一世を風靡!かつて披露した官能シーンや貴乃花との婚約・V6森田剛との再婚もチェック!

かつてその美貌で多くの男性ファンを魅了した宮沢りえさん。大胆にも全てを晒け出した写真集や貴乃花との婚約も大きな話題になりましたね。近年ではV6森田剛さんとの再婚といったニュースも見逃せません。今回の記事では、そんな宮沢りえさんにスポットを当て、そのご活躍ぶりをエッチな目線を加えて振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 1,718 view
河合奈保子の名曲「けんかをやめて」が新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』でフィーチャーされ大反響!!

河合奈保子の名曲「けんかをやめて」が新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』でフィーチャーされ大反響!!

80年代にトップアイドルとして活躍した河合奈保子が1982年にリリースした「けんかをやめて」が、新海誠監督の最新作『すずめの戸締まり』内で使用され、大反響となっています。
隣人速報 | 331 view
【山口小夜子】美人モデルやダンサー・女優としてご活躍!その死因やかつて露わにした官能シーンなどもチェック!

【山口小夜子】美人モデルやダンサー・女優としてご活躍!その死因やかつて露わにした官能シーンなどもチェック!

1970年代に登場され、ファッションモデルとして世界を股にかけてご活躍した山口小夜子さん。ダンサーや女優として、舞台・映画といった分野でも存在感を発揮しました。今回の記事では、そんな山口小夜子さんにスポットを当て、その軌跡をエッチな目線も加えて振り返っていきたいと思います。
tsukumo2403 | 1,136 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト