2017年1月9日 更新

子供の頃は正月一番の楽しみといえば「お年玉」、ところでお年玉の「玉」って何を意味する?

2017年が始まりました。日本らしい行事として、お節料理や初詣…色々思いつくと思いますが、ここでは「お年玉」を取り上げたく思います。子供の頃は正月一番の楽しみといえばお年玉でしたが、お年玉の「玉」って何を意味するのか、というお話です。

1,121 view
新年あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2017年が始まりました。日本らしい行事として、お節料理や初詣…色々思いつくと思いますが、ここでは「お年玉」を取り上げたく思います。

正月一番の楽しみといえば「お年玉」

子供の頃は正月一番の楽しみといえば「お年玉」でした。40歳の今となっては、正月にお年玉を用意する側になりましたが…さて今回は「お年玉」の玉って何?というお話です。
お年玉の「玉」とは?

お年玉の「玉」とは?

幼いころは、なんとなく「硬貨=玉」のような意識がありましたが・・・

ずばり語源は「魂」。タマシイなんです、実は。

つまり、「お年魂」

何の魂かというと、年越しの際に訪れる、次の1年の幸せをもたらす「年神(としがみ)」さまの魂です。

この年神さまへのお供えものの1つに丸い餅がありまして、これを「餅玉」と言います。年神さまへの餅玉が略して「年玉」となりまして、そこに敬う言葉「御」がついて「御年玉」、そこから「お年玉」と変化していきました。

「餅玉」⇒「年玉」⇒「御年玉」⇒「お年玉」

そう!昔はお金ではなく、神様へのお餅を分け与えたものだったのです。神さまのパワーが入っているであろう餅玉を分け合うことで、パワーを体に取り込む…それが「お年玉」だったのですが、いつしか、すぐ役立つお金にその場を譲り、子供に限定して渡すようになり、今のスタイルになりました。

この「年神パワーを体に取り込む」行為は、他の場面でも見られます。

例えば、鏡開き。

鏡餅は前回コラムで書かせていただきましたとおり、「神様」を示すアイコンです。これを開いて(「割る」と言わないのは、神様相手だから)、細かく砕かれた餅をみんなで分け合って食べる…これも、年神パワーの分配です。
年神パワーの分配

年神パワーの分配

お雑煮にも餅を入れるのも、同じ理由です。
時代が過ぎようとも、なんとなく正月料理にお餅が外せないのは、今も私たちがどこかで「魂」を感じているからかもしれませんね。

今回は、お年玉もお雑煮も元をたどれば「神」にたどり着く、というコネタでした。
14 件

思い出を語ろう

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?

「重陽の節句」9月9日は「男色の日」でもある!?

現代社会ではあまり馴染みがない9月9日の節句は「重陽の節句」。その一方で別の記念日として「男色(だんしょく・なんしょく)の日」でもあるということ、ご存知でしたか?
山崎敬子 | 356 view
給食でお馴染みだった「冷凍ミカン」は小田原駅が発祥、そして大洋漁業との関係。

給食でお馴染みだった「冷凍ミカン」は小田原駅が発祥、そして大洋漁業との関係。

小中高生の夏休みが終わりました。そんな学生たちの姿を東海道線で見て、ふとコネタを思い出しました。ミドルエッジ世代の給食シーンではお馴染みだったであろう「冷凍ミカン」。新幹線などでも売られていて、その場合は網に入っていることが多かった記憶があります。
山崎敬子 | 444 view
「古事記」と「映画」と「活弁」の意外な繋がり☆

「古事記」と「映画」と「活弁」の意外な繋がり☆

自分が勉強のご縁をいただいた「民俗学」。学問自体は近世に入ってから確立されたものですが、もともと江戸時代に日本のことを学ぶ一派がありました、『国学』です。国学といえば『本居宣長』、日本神話『古事記』の研究で知られています。この本居宣長の末裔が、日本文化の新たな扉を開いた一人でもあります。どの扉かというと、それは…映画。誰かというと、それは…小津安二郎(1903~1963)!
山崎敬子 | 341 view
桃太郎伝説からナマハゲまで、日本の様々な鬼のなかでも「ヘンテコな鬼」!?

桃太郎伝説からナマハゲまで、日本の様々な鬼のなかでも「ヘンテコな鬼」!?

鬼といえば、たとえば桃太郎伝説、大江山伝説(酒呑童子)、紅葉狩りといった「退治される鬼」として有名な伝説がある一方で、秋田県のナマハゲや鹿児島県のトシドンなど「来訪する神」としての存在もあります。真面目に考え出すと一晩で済まない存在ですが、面白い鬼も多いので今回はそれをいくつか紹介させていただきます。
山崎敬子 | 505 view
野球にサッカー、バレーボール…球技の神様は京都にいらっしゃるのをご存知ですか?

野球にサッカー、バレーボール…球技の神様は京都にいらっしゃるのをご存知ですか?

侍や武士、柔術、柔道、剣道・・・など色々のキーワードから武道の神様は結構認知されていると思われますが、こちらはご存知でしょうか?それは・・・球技の神様!はい、京都にいらっしゃいます。今回はこちらをば。日本に古くから存在する球技というと何か。それは…「蹴鞠」!
山崎敬子 | 124 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト