【小さな逃亡者】この馬が出るとレースが面白くなる!人気の大逃げ馬!ツインターボ
2022年8月13日 更新

【小さな逃亡者】この馬が出るとレースが面白くなる!人気の大逃げ馬!ツインターボ

レースを必ず面白くしてくれるのが大逃げ馬。10馬身以上も差がつくと、後半必ずバテるだろうと思いつつも、いつもハラハラドキドキしてしまうのが常です。その代表格がツインターボ。4コーナーで失速して惨敗はお約束。しかし、重賞を3勝した実績もあります。そんな個性的アイドルホースの足跡を振り返ります。

125 view

人気逃げ馬の誕生

デビューから2連勝

ツインターボは、
父 ライラリッジ 母 レーシングジイーン
の間に誕生した、鹿毛牡馬です。

1988年4月13日生まれで、生産は福岡牧場
所属は、美浦トレセンの笹倉武久厩舎です。

デビューは1991年。遅れて4歳での新馬戦でした。馬体重は438kg。実はこの時が競走馬としての最高体重で、以後は400kg〜420kg台を推移します。

レースは、馬の赴くまま逃げた作戦が功を奏し、3馬身差で見事勝利。続くもくれん賞(500万下)も快勝し、デビュー早々、2連勝を果たしました。

3戦目は日本ダービーの前哨戦、青葉賞(OP)。この時も逃げますが、最後の直線で失速して9着。1着は、のちの菊花賞馬レオダーバンでした。

重賞初勝利

そして、デビューして4ヶ月目。初の4歳重賞、ラジオたんぱ賞(GIII)を迎えます。

レースは、予定通りの逃げでしたが、大逃げではなく後続と1〜2馬身の差を維持します。1000メートルの通過タイムも、59秒と平均ペース。無理ない逃げが奏功したのか、最後の直線に入っても、ツインターボの脚は衰えません。結局、最後まで後続に詰められることなく、2着のカミノスオードに1馬身半差をつけ快勝。重賞初挑戦初勝利を収めました。

秋は、勝利には恵まれなかったものの、セントライト記念(GII)を2着、福島記念(GIII)を2着と好走。後半失速して惨敗した有馬記念(GI)の14着を最後に、4歳の年を終わります。この頃から、トレードマークとなる青いメンコを着用するようになりました。

1991年 ラジオたんぱ賞(GⅢ) | ツインターボ | JRA公式

重賞を圧勝で連勝

七夕賞(GIII)・・・4馬身差

1992年の明け5歳は、体調不良で長期休養に入り、出走レースは1戦のみに終わりました。

6歳となった1993年は、前年の悔しさを晴らすかのように、立て続けに重賞レースに出走します。中山金杯(GIII)6着、中山記念(GII)6着、新潟大賞典(GIII)8着と勝利には恵まれませんでしたが、徐々に力を発揮していきます。

そして迎えた七夕賞(GIII)。ここで、騎手は中舘英二に乗り替わりました。

レースは、後続と3馬身近い差をつける逃げ。1000メートル通過が59秒を切る淀みないペースで、レースを作ります。徐々に後続と差を広げ、3コーナーでは8馬身近い差に。最後の直線に入っても末脚は衰えることなく、差は一向に縮まりません。最後は、アイルトンシンボリが差を詰めますが、届かず。結局、後続に4馬身差をつける圧勝でした。

1993年 七夕賞(GⅢ) | ツインターボ | JRA公式

オールカマー(GII)・・・5馬身差

次走は天皇賞の前哨戦、オールカマー(GII)。春の天皇賞馬ライスシャワー、前年の桜花賞馬シスタートウショウなど有力馬が参戦する中、ツインターボは3番人気に支持されます。

レースは、初っ端から大逃げ。いきなり後続と10馬身以上の差をつけます。1000メートルの通過が59秒5。道中は、なかなか差が縮まりません。最後の直線に入っても、まだ10馬身差。直線の短い中山では、セーフティーリードでした。最後の最後でやっと差を詰めますが、時すでに遅し。結局、2分12秒6の好タイムで、2着に5馬身差をつける完勝でした。

重賞を圧勝で2連勝。こうして、天皇賞・秋(GI)の有力馬として名乗りをあげました。

1993年 オールカマー(GⅢ) | ツインターボ | JRA公式

逃げバテで惨敗続き

天皇賞・秋(GI)では、重賞を連勝した勢いを買われ、3番人気に支持されます。レースは、もちろんツインターボが逃げる展開。ところが、今回は4コーナー手前で失速し、最後の直線ではズルズル後方に下がっていきます。結果は、まさかの17頭立て17着。前走の逃げ切りの圧勝とは対照的な、逃げバテの惨敗に終わりました。

そして、これ以降は全く勝てなくなり、"逃げバテ" がツインターボの専売特許のようなレースが続きます。

顕著だったのは、1994年の有馬記念(GI)。ナリタブライアンが圧勝したレースとして有名ですが、道中は、ツインターボが後続と20馬身以上もの差をつける大逃げを打っていました。しかし、3コーナー付近から急激に失速。4コーナー手前では多くの馬に追い抜かれ、終わってみれば、トップから30馬身差の13頭立て13着に終わりました。

地方競馬へ、そして引退

惨敗続きでもファンが多く、ツインターボの人気は不動のものでした。しかし、なかなか結果が出ず、8歳となった1995年、ついに公営の上山競馬へ移籍します。上山競馬は、温泉地として有名な山形県上山市にあった地方競馬で、2003年に廃止されています。

移籍後の初戦は、中央競馬出身の貫禄を見せ、見事勝利。しかし、その後は結果が出ず、9歳となった1996年に引退します。引退後は種牡馬入りしますが、5頭の産駒を残した矢先、1998年1月15日に心不全でこの世を去りました。

最も長く先頭を走り続けた馬

出走したすべてのレースで、競馬ファンを楽しませてくれたツインターボ。中央競馬のすべてのレースで逃げ、その道中のほとんどで先頭を走っていました。どの馬よりも長く先頭を走り続けた馬、と言っても過言ではないでしょう。

勝っても負けても、競馬ファンを笑顔にしてくれたツインターボ。今も、青いメンコの小さな逃亡者が、ひたむきに先頭を走る姿が目に浮かびます。短い生涯でしたが、いつまでも競馬ファンの記憶に、笑顔とともに残る一頭となることでしょう。
ツインターボ

ツインターボ

20 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

【逆三冠馬!?】ナリタブライアン三冠の裏の記録がすごかった!サムソンビッグ

ナリタブライアンのクラシック三冠で盛り上がった1994年。実はその裏で、逆三冠馬(最下位の三冠馬)になれそうだった競走馬がいたことはあまり知られていません。皐月賞ブービー、ダービー最下位、菊花賞最下位。最低人気で重賞を勝ってしまったこともある競走馬。その馬こそサムソンビッグです。
izaiza347 | 201 view
【GII3勝】最強の兄弟馬にも先着した実力馬マチカネタンホイザ

【GII3勝】最強の兄弟馬にも先着した実力馬マチカネタンホイザ

重賞4勝、うちGII3勝。GIでは一度も連に絡めなかったものの、7度の掲示板を記録。善戦ホースのイメージが強いマチカネタンホイザですが、実は、あのビワハヤヒデ、ナリタブライアン兄弟の両方に先着した、唯一の馬でもあります。そんな実力馬の足跡をたどります。
izaiza347 | 188 view
「インスタントジョンソン」じゃい(50)が9370万円馬券を的中!芸能界のギャンブル好きな方々をご紹介!!

「インスタントジョンソン」じゃい(50)が9370万円馬券を的中!芸能界のギャンブル好きな方々をご紹介!!

お笑いトリオ「インスタントジョンソン」のじゃい(50)がこのたび、競馬で自己最高の約9370万円の馬券を的中したことが明らかとなりました。
隣人速報 | 1,517 view
昭和・平成の競馬ブームの立役者である競走馬たち

昭和・平成の競馬ブームの立役者である競走馬たち

1970年代に起こった第一次競馬ブームと1980年代に起こった第二次競馬ブームの立役者となった競走馬たちを集めてみました。
【JC優勝】去勢して才能が開花!騸馬として初めてGIを勝ったレガシーワールド

【JC優勝】去勢して才能が開花!騸馬として初めてGIを勝ったレガシーワールド

レガシーワールドは、騸馬(せんば)として初めてGIレースを勝った競走馬です。デビュー当初こそ勝てなかったものの、去勢してからは高い競走能力を発揮し、ついにはジャパンカップを勝利しました。同期で同厩のミホノブルボンがクラシック路線を進む中、独自路線で強さを見せたレガシー。そんな実力馬の足跡を振り返ります。
izaiza347 | 99 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト