ホイチョイ・プロダクションの代表作に留まらずバブル期の日本を見事に掬い取った「ホイチョイ三部作」。今観ると元気がでますよ。
2017年10月17日 更新

ホイチョイ・プロダクションの代表作に留まらずバブル期の日本を見事に掬い取った「ホイチョイ三部作」。今観ると元気がでますよ。

バブル期を代表するクリエイター集団「ホイチョイ・プロダクション」。1987年から1991年の間に制作した3本の映画、通称「ホイチョイ三部作」は今観ても十分楽しめる作品です。いえ、むしろ暗い話ばかりの現在においては、今観るべき映画といってもいいでしょう。これほどオシャレでさわやかでナイーブで元気が出る映画というのはそうあるものではありませんよ。

17,525 view

ホイチョイ・プロダクション

ホイチョイ・プロダクションといえば、1981年からビッグコミックスピリッツに連載された4コマ漫画「気まぐれコンセプト」で知られるクリエイター集団です。
様々なトレンドを作品に取り入れることでバブル期に大ヒットしました。
気まぐれコンセプト

気まぐれコンセプト

「気まぐれコンセプト」の勢いをそのままにホイチョイ・プロダクションはバブル真っただ中の1987年から1991年の間に3本の映画を発表しました。
いわゆる「ホイチョイ三部作」ですが、ホイチョイ・プロダクションの代表作というだけではなく、バブル期の日本を見事に表現した青春映画となっています。今観ると元気がでますよ~!

では、いずれも大ヒットした3本の映画を順にご紹介します。

私をスキーに連れてって

当初は漫画家だと思っていたホイチョイ・プロダクションが映画を作った!ということで大変驚きました。
1987年のことですが、内容よりもスキーをトレンドとしてとらえブームにしてしまったところが、なんともホイチョイ・プロダクションらいしいところですね。

勿論、内容的にも素晴らしく、だれが観ても楽しめる作品となっています。
私をスキーに連れてって

私をスキーに連れてって

監督:馬場康夫
脚本:一色伸幸
製作:三ツ井康
出演者:原田知世、三上博史、原田貴和子、沖田浩之、高橋ひとみ
音楽:杉山卓夫
主題歌:松任谷由実「サーフ天国、スキー天国」
撮影:長谷川元吉
編集:冨田功
製作会社:フジテレビジョン、小学館[2]
配給:東宝
公開:1987年11月21日
上映時間:98分
主演は原田知世と三上博史ですが、当初は原田知世の相手役はスキーヤーが予定されていたのですが直前に出演をキャンセルしたため、急遽スキーができるという理由から三上博史が抜擢されています。

私をスキーに連れてって

【予告編】
もう何だか分からないけど、楽しくって仕方ないって感じの映画です。
こんな恋がしたい!こんな青春を送りたい!そう思った若者が挙ってスキーを始めるという現象が日本各地で起きました。
80年代のスキーブーム はこの映画から始まったといってよいと思いますが、同時にトレンディドラマブームの先駆けともなっています。

私をスキーに連れてって

バーン
有名な「バーン」のシーンですが、これ見ちゃうとマネしたくなりますよね。

そして、大ヒットの要因として忘れてはならないのが音楽です。ユーミンの曲がガンガン流れます。「恋人がサンタクロース」「ロッヂで待つクリスマス」「BLIZZARD」などなどユーミンにはスキーを感じさせる曲がたくさんありますからね。まさにツボってヤツです。

彼女が水着にきがえたら

「私をスキーに連れてって」にはヒットするだけの要因が多数ありました。2作目となる1989年の「彼女が水着にきがえたら」は、そうしたことをしっかり踏襲した作品ですが、それはホイチョイ作品の特徴にもなっていますね。
彼女が水着にきがえたら

彼女が水着にきがえたら

監督:馬場康夫
脚本:一色伸幸
出演者:原田知世、織田裕二
音楽:サザンオールスターズ
撮影:長谷川元吉、中村宏治
編集:冨田功
製作会社:フジテレビジョン、小学館
配給:東宝
公開:1989年6月10日
上映時間:103分
当時はとても新鮮、今見ても全く古臭く感じないイラストによるイメージポスター。前作同様ですが、まずこれがイイですね。
テーマは前回のスキーに変わって、スキューバダイビング。知ってるけどやったことがないという身近でありながらちょっと距離がある。この匙加減が絶妙です。
そして音楽はユーミンからサザンオールスターズへ。

2番煎じともいえそうですが、全くスキがありません。
主演は前作に続いて原田知世。その相手役として織田裕二が好演しています。
その織田裕二が「東京ラブストーリー」で「カンチ」として一世を風靡するのは2年後です。

波の数だけ抱きしめて

1991年の3作目となる「波の数だけ抱きしめてですが、もしかすると今観て一番面白く感じるのはこの作品かもしれません。
舞台は1982年の神奈川県・湘南。バブル前夜といった時期ですが、1991年当時は9年前の話というのは微妙な過去ということで違和感を覚えたものでした。
しかし、今観るとこれがいい!1982年、とてもいい雰囲気です。因みに時代考証として泉麻人がスタッフとして名を連ねています。
波の数だけ抱きしめて

波の数だけ抱きしめて

監督:馬場康夫
脚本:一色伸幸
製作:三ツ井康、相賀昌宏
製作総指揮:村上光一、堀口壽一
出演者:中山美穂、織田裕二、松下由樹、阪田マサノブ、勝村政信、別所哲也
音楽:松任谷由実
撮影:長谷川元吉
編集:冨田功
製作会社:フジテレビジョン、小学館
配給:東宝
公開:1991年8月31日
上映時間:104分
28 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【週刊 20世紀Walker】Vol23号 新企画!「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第2弾は「原田知世」

【週刊 20世紀Walker】Vol23号 新企画!「編集長と助手の昭和ヒットパレード!」第2弾は「原田知世」

さあ~【週刊 20世紀Walker】の新企画!その名も「編集長・山本圭亮と助手・富田葵の昭和ヒットパレード!毎週1アーティストをチョイスして編集長と助手のオススメを1曲ずつお送りする至ってシンプルな企画。一部では企画の内容より二人のやり取りが面白いとの怪情報も~w
小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【83年~86年】

小室哲哉が楽曲提供した意外な歌手を振り返る【83年~86年】

小室哲哉といえば、80年代中頃~後半にTMネットワークとして活動をしていたことで知られていますが、同時期にさまざまなタレントへ楽曲を提供する作曲家としても大いに活躍していました。今回はそんなTKが83年~86年に手掛けた提供楽曲を紹介していきます。
こじへい | 2,984 view
バブルの思い出がCMになって蘇る!!「私をスキーに連れてって」と「JR SKISKI」がコラボCMを制作!

バブルの思い出がCMになって蘇る!!「私をスキーに連れてって」と「JR SKISKI」がコラボCMを制作!

バブル期のスキーブームの立役者「私をスキーに連れてって」の公開から30年。JR東日本のキャンペーン「JR SKISKI」にて、「私をスキーに連れてって」に出演した原田知世と三上博史を起用したコラボ企画が実施中!
隣人速報 | 2,358 view
『私をスキーに連れてって』30年たった、あの人は今・・・

『私をスキーに連れてって』30年たった、あの人は今・・・

1987年11月21日に公開された映画。当時はバブル時期とスキーブームが重なり都心から近いスキー場は連日大混雑でした。特に苗場スキー場はリフトが1時間待ちなどざらでMAX状態。それに輪をかけ映画のヒットでスキー人口も増えたと言われました。そんな出演者の今を追ってみました。
ギャング | 113,350 view
吉田栄作・織田裕二・加勢大周の「トレンディ御三家」を筆頭としたトレンディ俳優15名!トレンディドラマに引っ張りだこだった当時の活躍ぶりを振り返る。

吉田栄作・織田裕二・加勢大周の「トレンディ御三家」を筆頭としたトレンディ俳優15名!トレンディドラマに引っ張りだこだった当時の活躍ぶりを振り返る。

「トレンディ」といえば芸人のトレンディエンジェルが出てくるほど、もはや死語の感が漂うワード。しかし80年代後半~90年代前半に華やかだったトレンディドラマでは、吉田栄作・織田裕二・加勢大周のトレンディ御三家を筆頭に、トレンディ俳優たちが引っ張りだこでした。まだ「イケメン」の言葉もなかった時代、女性たちを虜にした数々のトレンディ俳優たち。
青春の握り拳 | 51,551 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト