80年代、90年代に人気!オサムグッズを覚えているか!?
2016年2月25日 更新

80年代、90年代に人気!オサムグッズを覚えているか!?

ミドルエッジ世代だったら、誰もが見たことがあるキュートなキャラクター「オサムグッズ」。多くの人がミスドの景品などを思い出す人が多いのではないでしょうか?そんなオサムグッズについて振り返ってみました。

29,577 view

80年代、90年代に人気!オサムグッズを覚えているか!?

ミドルエッジ世代だったら、誰もが見たことがあるキュートなキャラクター「オサムグッズ」。多くの人がミスドの景品などを思い出す人が多いのではないでしょうか?そんなオサムグッズについて振り返ってみました。
 (1585613)

オサムグッズとは?

イラストレーターである原田治氏がデザインした作品。可愛らしく誰にでも親しみの沸くキャラクターだったため、多くの企業イメージキャラに採用されていた。
 (1585617)

原田 治(はらだ おさむ、1946年-)は日本のイラストレーター。東京都中央区築地出身。

幼少の頃から絵画に興味を示し、洋画家で川端玉章の孫にあたる川端実に師事していた。青山学院中等部・高等部を経て多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後渡米し、ここでイラストレーションを学ぶ。ここでの生活が後の作品に「アメリカナイズされたテイスト」として影響を与えることとなる。

帰国後の1970年、創刊したばかりの雑誌「anan」(マガジンハウス)にイラストを掲載し、イラストレーターとして本格的に始動。1975年、マザー・グースを題材にしたキャラクターグッズ「オサムグッズ」の発売を開始。

雑誌「ビックリハウス」(パルコ出版)では、「明石町先生」というペンネームでイラストページを連載。編集スタッフの似顔絵イラストで構成された連載は人気を博した。また1979年、「ビックリハウス」の執筆陣であった安西水丸・ペーター佐藤・アートディレクターの新谷雅弘らとともにユニット「パレットクラブ」を結成。これは後に生地・築地に設置されたイラストレーター養成学校「パレットクラブスクール」の母体となっている。

現在はイラストレーターも加え、前述の「パレットクラブスクール」講師なども務める。また著作ではイラスト集の他、児童向け絵本の挿絵も行なっている。

松竹芸能に原田おさむという、同姓同名のピン芸人がいる。

ミスタードーナツ

やはりオサムグッズと言えば、ミスドでしょう。ポイントを集めてマグカップなどが欲しくて、ドーナツを食べまくった人も多いのではないでしょうか?
 (1585621)

やはりミスドもポイント景品と言えば、マグカップが定番
出典 ameblo.jp
 (1585622)

ミスドのオサムグッズの第1号は、1984年に出たジグソートランプ。
表がトランプ、裏がジグソーパズルになっている一石二鳥画期的グッズ!
 (1585624)

「元気が出るBOX」
1986年のグッズ。スプーン、フォーク、ナイフ、カップ、トレイ、ナプキン、キーホルダーが揃っており、お花見や遠足などにもピッタリだった。これとドーナツ6個がセットになって1800円って格安じゃないですか。
女の子にとって欲しくて欲しくてたまらなかったグッズです。
 (1585627)

「ハイカラ弁当箱」
1991年のグッズ。形もデザインも可愛さ100%。
遠足や運動会などにこれでお弁当を持って行ったら一目置かれた!?
 (1585630)

「スポーツタオル」
顔だけのデザインが多いオサムグッズですが、全身姿は珍しくキュートさに加えて、スポーティーな印象も加わります。
ミスドのオサムグッズは、1983年に出て以来、毎年恒例のように登場していましたが、2001年にファンに惜しまれつつ終了となった。
しかし、2013年にダスキン創業50周年記念限定として「原田 治×ポン・デ・ライオンプレート セット」が12年ぶりに登場してオサムグッズファンは盛り上がった。
 (1585633)

カルビーポテトチップス

 (1585635)

オサムグッズの名前は知らなくとも、このポテトのキャラクターは絶対見たことありますよね。ポテチのパッケージにプリントされていて、象徴的存在でした。
 (1585637)

40 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

オサムグッズ40周年 「オサムグッズの原田治展」開催!出品作品は約1000点!!

オサムグッズ40周年 「オサムグッズの原田治展」開催!出品作品は約1000点!!

オサムグッズは40周年を迎え、弥生美術館では「オサムグッズの原田治展」開催。1000点あまりの貴重なオサムグッズが展示され、80年代を思い出すアメリカンデザインのアイテムが続々と並ぶ。
red | 3,342 view
バブル期の味が戻ってきた!「エスニカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」の復刻発売が決定!!

バブル期の味が戻ってきた!「エスニカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」の復刻発売が決定!!

カルビー株式会社は、「エスニカン」「グリルビーフ」「お好み焼きチップス」を復刻し、3月12日に全国発売することを決定しました。これを記念し、“バブル期”を彷彿とさせるオリジナルグッズをプレゼントする「バブルでGo!Go!キャンペーン」が2018年3月12日~5月28日まで開催されます。
隣人速報 | 1,427 view
「90→60」何の数字かご存知ですか?カルビーのポテトチップスが抱える「2104年問題」とは?

「90→60」何の数字かご存知ですか?カルビーのポテトチップスが抱える「2104年問題」とは?

近年、お菓子の内容量が徐々に減少しているのに皆さんお気づきでしょうか?特にカルビーのポテトチップスは袋の大きさに比べて容量が少ないことが指摘されています。そんなポテトチップスに、このたび「2104年問題」なるものが存在することが判明しました。
隣人速報 | 5,084 view
「湖池屋ポテトチップス」期間限定“55周年ありがとうサイズ”を発売!受け継がれる55年の歴史と伝統イケイケ!GOGO!

「湖池屋ポテトチップス」期間限定“55周年ありがとうサイズ”を発売!受け継がれる55年の歴史と伝統イケイケ!GOGO!

1962年の発売より「湖池屋ポテトチップス」シリーズが2017年で55周年!「湖池屋ポテトチップス のり塩」、「湖池屋ポテトチップス うま塩」、「カラムーチョチップス ホットチリ味」の3商品において大容量の“55周年ありがとうサイズ”を発売!
名前の由来は?懐かしのポテトチップス『S&B 5/8チップス』

名前の由来は?懐かしのポテトチップス『S&B 5/8チップス』

エスビー食品が発売していたポテトチップス『S&B 5/8チップス』。 食べやすいサイズで女性を中心に人気を博した懐かしのお菓子。 ちょっと変わった名前の由来や現在の発売状況について紹介します。
きちんとチキン | 28,950 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト