ファンタジー色の強い戦隊シリーズ!恐竜戦隊ジュウレンジャー
2017年1月31日 更新

ファンタジー色の強い戦隊シリーズ!恐竜戦隊ジュウレンジャー

スーパー戦隊シリーズ第16作目として、1992年2月21日から1993年2月12日まで放映された恐竜戦隊ジュウレンジャー。様々な面でスーパー戦隊シリーズの新時代を築いた恐竜戦隊ジュウレンジャーを思い出してみましょう。

7,415 view
子供だけでなく、大人をも魅了する特撮ヒーロー。中でもスーパー戦隊シリーズは、次々と新たな特撮ヒーローを生み出しています。
本格的なファンタジー世界を構築した恐竜戦隊ジュウレンジャーは、以降のスーパー戦隊シリーズにも踏襲されることとなった6人目の戦士のレギュラー化などスーパー戦隊シリーズの新時代を築き、当時の子供たちから絶大な支持を集めました。

恐竜戦隊ジュウレンジャー

恐竜戦隊ジュウレンジャー

恐竜戦隊ジュウレンジャー

『恐竜戦隊ジュウレンジャー』(きょうりゅうせんたいジュウレンジャー)は、1992年(平成4年)2月21日から1993年(平成5年)2月12日までテレビ朝日系列で毎週金曜17:30 - 17:55(JST)に全50話が放送された、東映制作の特撮テレビドラマ、および作中で主人公たちが変身するヒーローの名称。「スーパー戦隊シリーズ」第16作目に当たる。

あらすじ

太古の昔、地上には恐竜と恐竜から進化した人類である恐竜人類、妖精族が共に暮らしていた。しかし、1億7千万年前、恐竜人類の部族の長の一人が悪魔と契約し人類滅亡を画策する。古代恐竜人類の中で最も栄えた五大部族たちは、守護獣と共に悪魔と悪魔に魂を売った魔女バンドーラと戦った。激闘の末、悪魔を撃退し、惑星ネメシスにバンドーラとその手下たちを封印したものの、世界は大氷河に覆い尽くされ、恐竜は絶滅してしまった。
その後、恐竜人類は長い年月の間に消え、妖精族は新たに進化した人間に溶け込み暮らしていた。ところが、地球に再接近したネメシスに調査のために降り立ったスペースシャトルの乗組員たちが誤って封印を解いてしまい、バンドーラが復活。地球を荒れ果てた星にしようと企む。しかし、長い眠りについていた古代恐竜人類の戦士たちもまた、ジュウレンジャーとしてバンドーラたちと戦うために不思議仙人バーザによって目覚めたのであった。
6人目の戦士ドラゴンレンジャーの登場や、守護獣の真の姿である究極大獣神の復活を経て、ジュウレンジャーは地上に残された最後の恐竜の卵を巡る神と悪魔との決戦へと向かう。

主な登場人物

ゲキ/ティラノレンジャー

ゲキ/ティラノレンジャー

望月祐多
スーツカラーはレッド。24歳。ヤマト族プリンス。正義の戦士。変身後のジャンプ力は40m、走力は3.6秒/100m。優れた剣術と真っ直ぐな性格の持ち主であり、正義に燃える熱血漢のリーダー。神である守護獣を慕ってはいるが、一方で理不尽な命令に対しては反論すると同時に自分の正義も訴える等、芯の強さも見せる。
元々はヤマト王族の黒騎士の次男で、1歳の時に養子としてヤマト国王に引き取られたが、本人はその事実を兄であるブライの登場まで知らなかった。その養父母と10歳になる妹を1億7千万年前のバンドーラとの戦いで失っていることもあって、実の兄のブライを慕う気持ちは強い。
ゴウシ/マンモスレンジャー

ゴウシ/マンモスレンジャー

高安青寿
スーツカラーはブラック。27歳。シャーマ族ナイト。知恵の戦士。変身後のジャンプ力は38m、走力は4.2秒/100m。ブライを除くメンバーの中では最年長のサブリーダー。メンバーで唯一古代文字を読める。感情をあまり表に出さない冷静な青年だが、クールというよりもむしろ自然や子どもを愛する穏やかで心優しい面が目立つ。経験豊富で状況判断にも優れ、バンドーラからも「ジュウレンジャーを影で支えてるのはゴウシ」と評価されており、ブライ絡みになると冷静さを失うゲキを諌めることもある。第28話で描かれたアルバイトは交通整理。幼いころに両親を亡くしており、姉のオトメに育てられたが、1億7千万年前のバンドーラとの戦いの際に目の前で失ってしまったため、仲の良い兄弟・姉妹を見るとそのことを思い出す。
ダン/トリケラレンジャー

ダン/トリケラレンジャー

藤原秀樹
スーツカラーはブルー。19歳。エトフ族ナイト。勇気の戦士。「冗談じゃねえよ!」が口癖。変身後のジャンプ力は38m、走力は3.8秒/100m。斜に構えたところもあるが、陽気なお調子者で、ムードメーカー的な一面も持つ。若干短気でつっけんどんな面があり、第2話では年下のボーイとメイに危機感の欠如を叱られたり、すぐ弱音を吐くなど戦士としては未熟な部分もある。しかし、自身の軽率な行動で仲間が危機に陥ったときには深く反省するなど、根は素直で困っている人を放っておけないお人好し。第28話で描かれたアルバイトはラーメン屋の皿洗い、接客、配達。メンバーの中では一番早く現代に順応しており、漫画を読んで大笑いしたり、原宿でナンパをしたり、パソコン欲しさにバイトも真っ先に行なった。
ボーイ/タイガーレンジャー

ボーイ/タイガーレンジャー

橋本巧
スーツカラーはイエロー。15歳。ダイム族ナイト。希望の戦士。変身後のジャンプ力は34.5m、走力は3.2秒/100m。元気かつ律儀で、最年少ながらダンより戦士としての意識は高い面も見せる。第35話では6人に分身するタイガー分身の術を使うなど、我流で忍術まがいの動きを身に着けており、変身前でも身軽な動きを見せる。
メイ/プテラレンジャー

メイ/プテラレンジャー

千葉麗子
スーツカラーはピンク。17歳。リシヤ族プリンセス。愛の戦士。変身後のジャンプ力は30m、走力は5.2秒/100m。花を愛する可憐な少女で、子ども好き。常にメンバーを気遣い、リーダーのゲキを盛り立てることも忘れないまとめ役だが、少し生真面目すぎるところがたまにキズ。一人になっても戦い続ける頑張り屋な面もある。
ブライ/ドラゴンレンジャー

ブライ/ドラゴンレンジャー

和泉史郎
スーツカラーはグリーン。31歳。ゲキの実の兄であり、ヤマト族黒騎士の息子だが、王族の支流にあたるため劇中ではプリンスを名乗っている。力の戦士。変身後のジャンプ力は50m、走力は2.8秒/100m。両手先にエネルギーを集中して青い破壊弾を放つ技を使える。アクセントは「ブライ」となることが多い。第17話より登場。初期メンバー同様、1億7千万年前から復活した戦士。純粋かつ喜怒哀楽の激しい性格。8歳の時にヤマト王の養子となった弟・ゲキと生別し、父は野心の末にヤマト王に反逆して殺されている。後に国を脱出して妖精の森に住み着き、ヤマト王への憎悪と父の遺言に従い「王になる」という野心とプライドを心の支えにして特訓に励む日々を送った。成長するにつれ父の非は理解するようになるが、同時にやり場のない憤りを感じており、ヤマト王の死後はその矛先をヤマト王の養子となっていた弟・ゲキへと向けるようになっていった。
魔女バンドーラ

魔女バンドーラ

曽我町子
35 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

コミカルなギャグ戦隊!激走戦隊カーレンジャー

コミカルなギャグ戦隊!激走戦隊カーレンジャー

スーパー戦隊シリーズ第20作目として、1996年3月1日から1997年2月7日まで放映された、激走戦隊カーレンジャー。 不条理なギャグやスーパー戦隊シリーズのセルフパロディが盛り込まれた激走戦隊カーレンジャーを思い出してみましょう。
緋雪悠斗 | 5,421 view
スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

スーパー戦隊シリーズのお約束:偽者回・ヒロインのコスプレ七変化・巨大ロボの追加・悪の組織の内部抗争ほか

東映の特撮ドラマ「スーパー戦隊シリーズ」の初モノのエピソードと新しい要素の定番化(お約束)の歴史を振り返ってみましょう。恒例のニセ戦隊の話やスーパー戦隊ヒロインのコスプレ七変化ほか。クリスマスには戦隊シリーズの2号(3号)ロボが発売されてデパートで子供が買って買ってと泣き叫ぶのが昭和のお約束でしたね。
トントン | 35,225 view
実験要素に溢れた意欲作!忍者戦隊カクレンジャー

実験要素に溢れた意欲作!忍者戦隊カクレンジャー

スーパー戦隊シリーズ第18作目として、1994年2月18日から1995年2月24日まで放映された忍者戦隊カクレンジャー。 シリーズとして初めて本格的な和風テイストを取り入れ、レッド以外の女性メンバーをリーダーにするなど意欲的な要素を盛り込んだ忍者戦隊カクレンジャーを思い出してみましょう。
緋雪悠斗 | 5,245 view
戦隊が同時に2つも登場!?2018年のスーパー戦隊は史上初の「W戦隊」になると話題に!!

戦隊が同時に2つも登場!?2018年のスーパー戦隊は史上初の「W戦隊」になると話題に!!

2018年、2月11日より、スーパー戦隊シリーズの第42弾である「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」がテレビ朝日系列で放送されます。シリーズ史上初の「W戦隊」で挑む本作に、今注目が集まっています!
隣人速報 | 4,230 view
悲劇の特撮ヒロイン(20名):ヒロイン降板劇・オイルショックの影響・ヒロインの幸せを踏みにじる悪党ほか

悲劇の特撮ヒロイン(20名):ヒロイン降板劇・オイルショックの影響・ヒロインの幸せを踏みにじる悪党ほか

昭和ウルトラマンや仮面ライダーシリーズを中心に悲劇の特撮ヒロインを振り返ってみましょう。悪党に人生を踏みにじられる悲劇のヒロイン。ウルトラマンレオではヒロインを含め数多くの仲間が亡くなりますが、大幅に製作コストを削減しないと運営できない・・・大勢の俳優に出演料を支払う金がなくなったのか・・・恐るべき大人の事情が透けて見えます。大人の事情が悲劇のヒロインを生み出すパタンが結構多いですよね。
トントン | 51,427 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト