『マラソン マン』だけど、サスペンス。夜の街を疾走するダスティン・ホフマンはどこに向かう!?
2017年2月6日 更新

『マラソン マン』だけど、サスペンス。夜の街を疾走するダスティン・ホフマンはどこに向かう!?

『マラソン マン』というタイトルなのに、なぜかサスペンスという意外性が面白いこの映画、主演は『クレイマー、クレイマー』『レインマン』のダスティン・ホフマン。脇を固めるのは、名優ローレンス・オリヴィエ、ロイ・シャイダー。脚本には、『明日に向かって撃て』『大統領の陰謀』のウィリアム・ゴールドマン。これだけメンツがそろえば、観ない理由はない。タイトルの妥当性はともかく、まずは観ていただければよいかと!

2,455 view
 事故に遭ったのは、72歳のクラウスという老人。死亡した老人の兄クリスチャン・ゼル博士は、知らせを受け、暗殺かと疑う。なぜ、暗殺かと疑うか。それはクリスチャンが元ナチスだったからだ。
 そこから、話は展開していく。ベーブは、恋人エルザと一緒にいる時に、2人組の暴漢に襲われる。ベーブの兄でアメリカ諜報員のドクは、元ナチスたちの自分への警告だと考える。ドクはその後、クリスチャンに会う機会を得るが、隠しナイフのようなもので刺されてしまう。瀕死の状態でベーブの部屋までたどり着くドク。
 だが、ドクは、そこで絶命するのだった・・・。
  
 (1823991)

ベーブの兄ドク役のロイ・シャイダーといえば、個人的に『ジョーズ』の印象が強いが、この当時40歳を超え、大学院生の兄役とは思えない雰囲気。というか、40歳前のダスティン・ホフマンの大学院生も微妙に無理があるかも。
 (1823994)

昨今のアメリカ諜報員は、海外ドラマなんかで観るとかなりタフなイメージだけど、こんなところで迂闊にも爺さんに刺されるなんてどうかなと思えなくもない。でも、まあ、その爺さんが狡猾な元ナチスということでアリとしようか。
 (1824012)

とはいえ、ベーブのところまで瀕死の状態で辿りついたのは、アッパレ。
 失意のベーブは、さらに事件に巻き込まれていく。数々の裏切りの中で、クリスチャンとの最後の対決にのぞむのだ。
 そこに希望はあるのか。
 (1823989)

『ヘンリィ五世』『ハムレット』など数々の名作に主演したイギリスの名優で、初めて一代貴族に叙されたローレンス・オリヴィエ。
でも、この顔、怖すぎます。
 (1824546)

あれ、元ナチスのお爺さん、歯医者なの?
って、いやいや、これ見ると、
どこが「マラソンマン?」と思ってしまう。
 (1823999)

問題のラストシーン。
どうも納得のいかないのは私だけ・・・?

サスペンス映画としての味わい・・・

 主人公ベーブについて言えることは、いくつかの不幸が重なっていて、それが気の毒だな、と。一つは事故を目撃したこと、そして兄貴がアメリカの諜報機関の人間だったということ。そんなこんなで、主人公が十分に理不尽な目に遭いそうなサスペンス的なお膳立てはできている。
 そして、登場人物たちのさまざまな思惑や複雑な背景を織り込みながら、ハードボイルドな展開も小気味よく、重要人物の裏切り具合もなかなか良い感じで、サスペンスフルに物語は進む。
 釈然としない部分はああるものの、まま流しつつ、ダスティン・ホフマンの力強さとローレンス・オリヴィエの狡猾さと乱暴者ぶりを見ながらラストへ。
 で、もって、そんな結末!?と思いながらも、まあ、なくはないかなあと考え直す余韻を残し、マラソンが趣味の男のサスペンス映画は終了するのだ。
 
<キャスト>
ベーブ(トーマス・リービ)・・・ダスティン・ホフマン 
クリスチャン・ゼル博士・・・ローレンス・オリヴィエ
ドク(ヘンリー・リービ)・・・ロイ・シャイダー
ジーンウェイ・・・ウィリアム・ディヴェイン
エルザ・オペル・・・マルト・ケラー

<スタッフ>
監督 ジョン・シュレシンジャー
脚本 ウィリアム・ゴールドマン
原作 ウィリアム・ゴールドマン
製作 ロバート・エヴァンス シドニー・ベッカーマン
音楽 マイケル・スモール
撮影 コンラッド・L・ホール
編集 ジム・クラーク

『マラソン マン』予告篇。

ダスティン・ホフマンを横なめする

 いわゆる名優。やはり、初期の作品のインパクトが強い。個人的には好きな俳優だが、近年は主演作が少ないのが寂しい。まあ、年齢的なものもあって仕方ないのかもしれないが、ロバート・デ・ニーロが今でも主役、脇役で縦横無人の活躍を見せているので、負けずに頑張ってほしい(まあ、デ・ニーロは別格か)。
 では、ダスティン・ホフマンの主要映画6本を動画でどうぞ。

<卒業>

『卒業』(1967年)のダイジェストを名曲「サウンド・オブ・サイレンス」(サイモンとガーファンクル)シングル盤とともにどうぞ。
☆英国アカデミー賞新人賞 受賞
☆ゴールデングローブ賞新人賞 受賞

<真夜中のカーボーイ>

『真夜中のカーボーイ』(1969年)予告編。
☆英国アカデミー賞主演男優賞 受賞

<大統領の陰謀>

『大統領の陰謀』(1976年)予告編。
48 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

人と人が分かりあうのに必要なのは、言葉ではないと実感する映画「レインマン」

人と人が分かりあうのに必要なのは、言葉ではないと実感する映画「レインマン」

映画「レインマン」は、ダスティン・ホフマンとトム・クルーズが演じる、兄と弟の物語です。打算的な弟が兄と旅をするうちに、人間的な部分を取り戻していく、人間再生のロードムービーです。ダスティン・ホフマンの完璧な役作りが、感動を誘います。
ybanzawa | 2,614 view
世にも恐ろしいウイルス感染を題材にした映画『アウトブレイク』

世にも恐ろしいウイルス感染を題材にした映画『アウトブレイク』

エボラ出血熱を遥かに凌ぐ致死性を持つウィルスの恐怖と、それに立ち向かう人々の姿を描いたパニック・スリラー映画です。
星ゾラ | 3,681 view
過去の起きた出来事によって引き起こされた復讐劇!!映画『スリーパーズ』

過去の起きた出来事によって引き起こされた復讐劇!!映画『スリーパーズ』

全米でベストセラーとなった小説を豪華キャストで映画化したサスペンス映画です。
星ゾラ | 8,953 view
とにかく泣ける映画!「クレイマー、クレイマー」

とにかく泣ける映画!「クレイマー、クレイマー」

とにかく泣ける映画!「クレイマー、クレイマー」 息子役のビリーの演技が秀逸!!
うーくん | 2,116 view
【訃報】女子マラソンの名指導者・小出義雄さん死去。有森裕子との師弟関係を振り返る

【訃報】女子マラソンの名指導者・小出義雄さん死去。有森裕子との師弟関係を振り返る

女子マラソンの指導者で、シドニー五輪金メダリストの高橋尚子さんらを育成したことで知られる小出義雄さんが24日、亡くなったことが明らかとなりました。80歳でした。
隣人速報 | 580 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト