声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part4(クレヨンしんちゃん、アンドロイド・アナ MAICO 2010)
2017年7月25日 更新

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part4(クレヨンしんちゃん、アンドロイド・アナ MAICO 2010)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart4

882 view

緒方恵美さんとは

 以下、名無しにかわりまして緒方恵美関連作品をお送りします

クレヨンしんちゃん

 1990年より「漫画アクション」後に「まんがタウン」で連載されていた臼井儀人の漫画作品。
 作者が亡くなってしまい2010年に一度は終了したものの、《臼井儀人&UYスタジオ》の名義で「新クレヨンしんちゃん」が連載されている。
クレヨンしんちゃん

クレヨンしんちゃん

 アニメは1992年から。

 《国民的アニメ》の称号をつける人がけっこういる一方で《子供に見せたくない番組》の常連でもある。
 配慮されているところはちゃんと配慮されており、みさえの《げんこつ》《ぐりぐり》やしんのすけのギャグのいくつかが封印されている。これが大人になるってことさ。年齢変わってないけど。

 このあたりの事情は作品の根っこの部分に影響を与えていたりもして、例として挙げやすいのがしんちゃんとひまわりの関係である。
 1997年の劇場版「クレヨンしんちゃん 暗黒タマタマ大追跡」ではお互いの足を引っ張りあうような状態にもなっており、兄妹というよりかは〝同類〟〝好敵手〟のような関係だった彼らであるが、2012年の劇場版「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス」クライマックスではひまわりが助けを呼び、しんちゃんもひまわりを助けるために様々な試練を乗り越え、兄であることなどを強く明言していくなどいわゆる兄妹愛を感じさせてくれる。
 これは「暗黒たまたま大追跡」クライマックスの2人のコンビネーションとは別種の絆であろう。
クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ!オラと宇宙のプリンセス

 なお序盤パートではしんのすけが「お兄ちゃんをやめる」「ひまわりなんかいらない」とけっこうなことを言っているので単純に〝ひまわりが弱体化した〟という説もある。

 映画は基本的に毎年つくられているのでこのように表現、作風の違いをチェックすることが可能である。慣れてくると何も見ずに映画1本の台詞を全部言えるとかいうレベルになってくる。逃げちゃダメだ。

 劇場版しんちゃんは案外深いテーマを含んでいるうえ、効果や演出が巧みであり、また監督やスタッフによる作風の違いなどもけっこう出てくる。ちまちま見ても一気見しても楽しめるのでおススメしたい。
オカマキャラも表現系の事情で消えているとかいないとか

オカマキャラも表現系の事情で消えているとかいないとか

クレヨンしんちゃん映画史上屈指のヒロイン(当社比)トッ...

クレヨンしんちゃん映画史上屈指のヒロイン(当社比)トッペマ・マペット氏

 ところで緒方さんはどれに出演しているの? 映画?

キャスト ケロケロ、小学生、メジャーのヨゥコ

 わかんねえよ!


 と思ったらわかりました。
メジャーのヨゥコ

メジャーのヨゥコ

 登場は173話。
 アクションデパートの販売員。担当は紳士服。髪型はみさえに近く色は大体風間君。
 メジャー遣いであり客のサイズをすさまじい速度で測ることができる。
 例によってしんちゃんのイラズラによりひろしが局部を露出させられたが彼女は冷静に〝サイズを測ろうとし〟しばらくひろしのトラウマになった。

 緒方恵美性はおそらく皆無。

 クレヨンしんちゃんはモブキャラクターや話の構成の問題から「濃いキャラクターが1話に数人出てくる」というパターンが多く、よって新人からベテランまで意外な声優が登場していたりする。

 へたなメインキャラクターより台詞数の多い濃いキャラもいるにはいるもののレア度は高く、だいたいは店員とか通りすがりとか偶然しんちゃんたちに〝出会ってしまった〟人たちである。
 ゆえにその声を聴き分けることは至難とされているが、できる人にはできるらしい。愛のなせる技なのかもしれない。

アンドロイド・アナ MAICO 2010

 1997年からラジオドラマが開始し、漫画、アニメとメディアミックス展開されたプロジェクト《MAICO2010》。
 そのうちWOWOWで半年間放映されたアニメが「アンドロイド・アナ MAICO 2010」。
 放映は1998年。ニッポン放送のオリジナル作品なので原作はニッポン放送プロデューサーの勅使川原昭。
アンドロイド・アナ MAICO 2010

アンドロイド・アナ MAICO 2010

 全体的な雰囲気はおそらく現在で言うところの《すーぱーそに子》あたりを目指していたのだろうと思うものの、デザインはややプリキュア風。
 ちょうど同じ1998年に「スーパードール★リカちゃん」ができているので何かしらの影響があるのかもしれない。そこまで派手でもないか……?

 ちなみにMAICOの声を担当しているのは丹下桜さんである。彼女と言えばカードキャプターさくら(木之本桜)。

 時代を先取りし過ぎている感があること、メディアミックス展開力など様々な問題があるだろうか現在のオタク界隈ではあまり名前の聞かない作品に思える。
 一方でメインキャスト、コンセプトのこと、それぞれの作品の雰囲気の違いを考慮すると良作なのではないか? という気配が漂っており近頃妙に気になってきている。

 いっそもう〝丹下さんの声が聴ける〟ということと、漫画版においては
29 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

クレヨンしんちゃんが「オトナ女子向けプロジェクト」を再発動!伊勢丹オンラインで色々売るゾ!!

クレヨンしんちゃんが「オトナ女子向けプロジェクト」を再発動!伊勢丹オンラインで色々売るゾ!!

伊勢丹オンラインにて、7月1日から期間限定で「CRAYON STYLE Crayon Shinchan Unlimited」の全商品がリバイバル販売!買い逃した方は必見!
隣人速報 | 828 view
声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part19最終回(ロックマンX、学校の怪談、ツヨシしっかりしなさい)

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part19最終回(ロックマンX、学校の怪談、ツヨシしっかりしなさい)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart19最終回!
Fレン | 248 view
声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part18(覚悟のススメ)

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part18(覚悟のススメ)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart18
Fレン | 249 view
声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part17(こどものおもちゃ)

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part17(こどものおもちゃ)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart17
Fレン | 198 view
声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part16(パワーストーン)

声優デビュー25周年 緒方恵美関連作品 part16(パワーストーン)

アニキ、男八段とすさまじいあだ名をつけられラジオトークにも定評のある声優、緒方恵美。人柄と逸話もすごいが、ボーイッシュからお姫様までこなす実力派の演技も魅力。声優デビュー25周年を迎える彼女の活躍を作品とともに振り返るpart16
Fレン | 106 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト