漫画で甲子園気分を味わおう!あだち充の野球漫画まとめ!
2020年8月13日 更新

漫画で甲子園気分を味わおう!あだち充の野球漫画まとめ!

甲子園を目指す野球漫画が多いあだち充さん。そんなあだち充さんの野球漫画をまとめてみました。甲子園のない夏、漫画で甲子園気分を味わってみませんか?

1,081 view

ナイン

ナイン(2) (少年サンデーコミックス) | あだち充 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon (2217350)

あだち充さんはデビュー当初、原作付きの漫画の作画を担当することがほとんどでした。デビュー時は講談社の雑誌。その後少年サンデー増刊号に掲載されますが、「週刊少女コミック」などの少女誌にも掲載していました。

あだち充さんのゆったしとした感じの独特な空気管は少女漫画に通じるものがありますもんね。そして「少年サンデー増刊号」に戻って連載したのが「ナイン」です。こちらは原作がなくオリジナル作品。1978年から1980年まで連載されていました。

主人公は俊足のセンター選手です。エースや4番が主人公ではない野球漫画は珍しいですよね。

1983年に単発でアニメ化もされています。

陽あたり良好!

 (2217352)

「陽あたり良好!」は週刊少女コミックで1980年から1981年まで連載されていました。

「ひだまり」という下宿所を舞台にしたストーリーです。主人公は女の子ですがヒーローが応援団で甲子園を目指す姿が描かれています。

こちらは少女誌で連載されたということもあり、野球漫画という感じではなく恋愛や人間関係がメインですが題材として甲子園が出てきますよ。

1982年にドラマ化、1987年にアニメ化もされています。

タッチ

タッチ 完全復刻版(1) (少年サンデーコミックス) | あだち充 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon (2217357)

「タッチ」はヒット作の多いあだち充さんの中でも一番のヒット作ですよね。週刊少年サンデーで1981年から1986年まで連載されました。コミックスは全26巻です。

ストーリーも説明するまでもないとは思いますが、上杉達也、和也の双子の兄弟と幼馴染の浅倉南の恋愛をメインにした野球漫画です。

最初は弟の和也が野球をやっていて「南を甲子園に連れていく」と約束します。ですが、その夢があと一勝で叶うという県大会決勝の日、和也は交通事故に遭い帰らぬ人となってしまいます。

あだち充さんは「タッチ」というタイトルに弟から兄への交代という意味を込め、早々に和也を死なせることを決意。ですが編集部には猛反対されたのだとか。担当編集は板挟みになっていたのですが、最後はあだち充さんについて、和也が死ぬ回の原稿は隠れて校了し、その後逃亡したそうです。そこまでしてストーリーを守ってくれたんですね。

あだち充さんは、和也が死んでからはなるべく暗くならないように「池中玄太80キロ」を参考にしたそうです。確かに、哀しいけど暗く重くはないストーリーなんですよね。さすがです。

和也の死からは達也が和也の夢のバトンを受け継ぎ、野球部に入部し甲子園を目指します。徐々に才能が開花し、高3の夏には見事甲子園の切符を手にするのでした。

アニメ化、アニメ映画化、実写ドラマ化、実写映画化、とさまざまなメディア化もされている人気作品です。

H2

H2〔文庫版〕 1 (小学館文庫 あI 61) | あだち 充 |本 | 通販 | Amazon (2217386)

タッチから6年後。1992年から1999年まで週刊少年サンデーで連載されました。

国見比呂、橘英雄という2人のヒーローと雨宮ひかり、古賀春華という2人のヒロインの恋愛を軸にした野球漫画です。「H2]というタイトルはヒーロー二人、ヒロイン二人を意味しています。そして全員イニシャルが「H]なんですよね。

タッチは甲子園を目指すところがゴールでしたが、比呂と英雄は甲子園の予選ブロックが異なるため、甲子園での対決となります。

高校2年、3年で甲子園に出場するので甲子園での試合が結構見られますね。また、最後は甲子園の準決勝で終わり、決勝は描かれていないのもあだち充さんらしく、想像力を掻き立てられますね。

4人の恋愛模様は連載開始当時には結末を決めていなかったそうです。比呂の思春期が遅れたことで幼馴染とのひかりとすれ違ってしまったというのがこの作品のテーマだそうです。結末を途中で考えたとは思えないほどラストもうまくまとまっていると思います。さすがですね。

1995年にアニメ化、2005年に実写ドラマ化もされています。

クロスゲーム

クロスゲーム(1) (少年サンデーコミックス) | あだち充 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon (2217558)

2005年から2010年まで週刊少年サンデーで連載されました。

主人公樹多村光と幼馴染の月島四姉妹の関係を描いた野球漫画です。第一部は小学生からスタート。光は野球少年でスポーツ用品店の息子。光と月島家の次女、若葉はとても仲が良かったのですが、三女の青葉とは犬猿の仲でした。正午の夏、若葉が突然の事故で亡くなってしまいます。光と青葉は同じく大切な存在を失ったのでした。

第二部は中学生からスタート。光はチームに所属していなかったのですがトレーニングは続けていました。そして高校生になってひょんなことから野球部に所属することになります。青葉もまた小さなころから野球が好きで中学、高校では野球部に所属していました。

あだち充さんのヒロインといえば女子らしい女子だったのですが、今作では野球少女がヒロインになります。青葉は女子なので甲子園には出れませんが練習には必ず出てきます。その姿に野球部員たちの気合も入り甲子園を目指していきます。

「クロスゲーム」は2009年にアニメ化されました。

アイドルA

アイドルA(1) (少年サンデーコミックススペシャル) | あだち充 | 少年マンガ | Kindleストア | Amazon (2217567)

24 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • ⚾🧤 2020/8/18 04:39

    群テレオリジナルがやれないのが無念
    球詠やドカベンが「五いっしょ三ちゃん」化はいつのことか?

    すべてのコメントを見る (1)

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【H2】比呂の本命は誰?四角関係をおさらいしてみよう!

【H2】比呂の本命は誰?四角関係をおさらいしてみよう!

少年サンデーで連載されていたあだち充さんの大ヒットマンが「H2」。野球漫画ですが比呂、ひかり、英雄、春華の恋四角関係を描いた漫画でもあります。比呂の本命は誰だったのかという論争がおこることも。解釈は人それぞれあると思いますが比呂の言動から本命は誰だったのか考えていきたいと思います。
saiko | 395 view
あだち充による野球漫画『MIX』に『タッチ』の主人公・上杉達也が登場!約30年ぶりに投球シーンが描かれる!

あだち充による野球漫画『MIX』に『タッチ』の主人公・上杉達也が登場!約30年ぶりに投球シーンが描かれる!

「ゲッサン」4月号(小学館)に掲載されているあだち充の野球漫画『MIX』に、同じくあだち充の漫画『タッチ』から主人公の上杉達也が登場している。「これが明青学園 上杉達也のストレート!」の実況とともに達也が投球している。
あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

あだち充が月刊少年サンデーに登場!そこで語られた『タッチ』のタイトルに込められた意味が衝撃的すぎる!

1981年から1986年まで『週刊少年サンデー』にて連載された野球漫画の名作、あだち充の『タッチ』。『月刊少年サンデー』の人気コーナー「カメントツの漫画ならず道」にあだち充が登場し、タイトルの意味をサラリと告白し、ファンを驚かせている。
あだち充史上最も気になるラスト!「ラフ」を振り返ろう!

あだち充史上最も気になるラスト!「ラフ」を振り返ろう!

週刊少年サンデーで連載されていたあだち充さんの「ラフ」。野球漫画の多いあだちさんですがこちらは水泳漫画。他の作品とはまた一味違う面白さがありました。
saiko | 914 view
名曲ぞろい!アニメ『タッチ』の主題歌&エンディング&挿入歌をもう一度聴きたい!

名曲ぞろい!アニメ『タッチ』の主題歌&エンディング&挿入歌をもう一度聴きたい!

アニメ『タッチ』の歌といえば真っ先に思いつくのが岩崎良美さんの『タッチ』ですが、長期間放映された『タッチ』だからこそ!もっとたくさんの歌がありましたよね。名作『タッチ』の名曲を振り返ってみたいと思います!

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト