『三国志列伝 乱世の英雄たち』は「歴史」に埋もれた名作SLG。「セガ」の良さがプラスされた「三国志」を一度はプレイしてみよう!!
2017年1月24日 更新

『三国志列伝 乱世の英雄たち』は「歴史」に埋もれた名作SLG。「セガ」の良さがプラスされた「三国志」を一度はプレイしてみよう!!

「三国志」のSLG(シミュレーションゲーム)といえば、あのメーカーさんが有名ですよね。しかし「セガ」から発売された「三国志列伝」は一味違います。中国をイメージさせる「BGM」あり。レトロチックな「アニメーション」あり。なんといっても武将同士の「一騎討ち」がセガっぽくて斬新でした。時間があれば友達や家族や恋人と、まったり遊んでみてはいかがでしょうか。

5,261 view

1991年4月29日「セガ」からリリースされた

 (1544596)

1991年は「メガドライブ」の「シミュレーションゲーム(SLG)」ウィークでした。「バハムート戦記」「斬 夜叉円舞曲」「ラングリッサー」「アドバンスド大戦略」「太平記」「天下布武英雄たちの咆哮(メガCD)」etc。たくさん発売されたのを覚えています。
なかでも「三国志列伝 乱世の英雄たち」は「セガ」らしさ満載の「一騎討ち」システムなどが新鮮なタイトルで、多人数でプレイするのが楽しくてオススメです。

「三国志列伝 乱世の英雄たち」をスタート

セガ「三国志」のタイトル画面

セガ「三国志」のタイトル画面

このゲームは「BGM」がとってもいい感じで、すごく「三国志」しています。

はじめに「年代」を選びます

3つの年代から「シナリオ」を選択できます

3つの年代から「シナリオ」を選択できます

・プレイ人数は1~3人まで選んで遊べます。

・「アニメ」「表示速度」の設定は、ゲーム中に「コマンド画面」を出した後に「A」ボタンを押すと変更できます。

パーティープレイにも対応しています

2個のパッドで3人プレイ

2個のパッドで3人プレイ

ちなみに「メガドライブ」は「2パッド」しか接続する端子がありません。なので「三国志」を「3人」でプレイするのに「2パッド」・・・?
安心してください!できますよ!、「1Pは1パッド」「2P、3Pは2パッド」に対応しています。もし「2P」と「3P」が戦闘状態になったら「〇〇様はコントローラー1をお使い下さい」と画面に表示される新設設計にアッパレ!!。

基本的なゲームの流れ

「内政」「外交」「軍事」

「内政」「外交」「軍事」

ゲームは「状況視察」といって内政、外交、軍事をするターンと「行軍」という戦闘のターンを交互にプレイしていきます。
これは「外交」の画面

これは「外交」の画面

はじめは「軍事」の「訓練」を実行して武将の「士気」パラメータをMAXの「100」まで上げるのもいいかも、経験値がもらえて武将の「レベルアップ」にもつながります。

RPGのようにレベルアップする「武将」

「武将」は「レベルアップ」していきます

「武将」は「レベルアップ」していきます

コマンドの「訓練」や「探索」をすると経験値がもらえるようです。「行軍」ターンで移動を繰り返しても経験値がもらえます(※「武将」のレベルUP目的での移動の際は兵士の数を「徴兵」で0人にしないと「兵糧」が底をつきます注意)
「張飛」の初期パラメータ

「張飛」の初期パラメータ

張飛のイメージはこんな感じですよね。
「レベルアップ」したら

「レベルアップ」したら

いくつかの「パラメータ」に変化がみられますね(※「士気」は「訓練」で上げています)
「劉備」の初期パラメータ

「劉備」の初期パラメータ

やっぱり「徳」が高い。
「関羽」の初期パラメータ

「関羽」の初期パラメータ

「武力」「知力」「徳」と三拍子そろってますね。さすが!

お気に入りの「武将」を発見しよう

「探索」で新たな「人材(武将)」を発見

「探索」で新たな「人材(武将)」を発見

国ごとの年月別に「探索」コマンドで出現する「武将」は決まっています。ただし完全に決まっている?そうではないみたいですね。
「同じ国」で「同じ年月」「同じ武将」を使って「探索」をしても「ランダム」でセリフも変わります。たとえば代県という国に「劉備」と「張飛」がいます「探索」で「趙雲」が出現するときのパターンで「良い人材は見つかりませんでした」「趙雲と言う武将を見つけてまいりました~しかし私では説得に応じてくれません」「趙雲と言う武将を見つけてまいりました」と様々です。
「趙雲」が出現しました。やった!

「趙雲」が出現しました。やった!

理想の姿?しかし違和感が・・・!。いや、この姿こそが「趙雲」だな。
37 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』とは「セガ」から発売された「2人同時プレイも可能」な「ベルトスクロールアクションゲーム」。「1作目」にして準最高傑作

『ベア・ナックル 怒りの鉄拳』とは「セガ」から発売された「2人同時プレイも可能」な「ベルトスクロールアクションゲーム」。「1作目」にして準最高傑作

「セガ」の「看板タイトル」にもなりえるポテンシャルを秘めた原石。シリーズ最高傑作「ベア・ナックル2」へのレールは、すでに出来上がっていた。シリーズ1作目「ベア・ナックル 怒りの鉄拳」の「小ネタ」や「自己満足な遊び方」を紹介します。
『ラングリッサー』のシリーズ一作目が「メガドライブオリジナル」タイトルだって、知ってた?

『ラングリッサー』のシリーズ一作目が「メガドライブオリジナル」タイトルだって、知ってた?

「ファイアーエムブレム(ファミリーコンピュータ)」の一年後に発売され、「同ジャンル」のゲームとして、何かと比べられる要素も(「ジェイガン」と「ヴォルコフ」や「メディウス」と「カオス」など)見受けられた。「次世代ハード」に移行しても「続編」が発売され、「ナンバリングタイトル」として「ラングリッサー5」まで発売されるなど、その完成度は、この頃から既に評価されていた。
メガドライブ版ファミスタ?・・・実は全然違う野球ゲームだった『球界道中記』

メガドライブ版ファミスタ?・・・実は全然違う野球ゲームだった『球界道中記』

「ナムコ」の野球ゲームといえば『ファミリースタジアム(※ファミスタ)』 プロ野球ゲームのスタンダード的な存在だと思います。ファミコンには「ファミスタ」、PCエンジンには「ワールドスタジアム(※ワースタ)」、そしてメガドライブには『球界道中記』・・・ん? ナムコのメガドライブ参入第9弾ソフトである野球ゲーム「球界道中記」とはいったい!?
「メサイヤ」のメガドライブ参入第1弾ソフトは『史上最大の倉庫番』だった。そして以外にも知られていないブランドロゴの秘密とは

「メサイヤ」のメガドライブ参入第1弾ソフトは『史上最大の倉庫番』だった。そして以外にも知られていないブランドロゴの秘密とは

日本コンピュータシステム(※NCS)のゲームブランド名【メサイヤ】 「PCエンジン」や「メガドライブ」には欠かせない良質のオリジナルゲームを開発していたサードパーティでした。そのメガドライブ参入第1弾ソフトが『史上最大の倉庫番』とは意外にも知られていない事実です。誰もが「重装機兵レイノス」だと思ってたことでしょう!? そんなメサイヤのロゴマーク(※ブランドネーム)に込められた思いとは?
運命に抗え!!奴隷が主人公のRPG『闘技王キングコロッサス』

運命に抗え!!奴隷が主人公のRPG『闘技王キングコロッサス』

「孔雀王」の「萩野真」総合プロデュースの触れ込みで話題を集めたゲーム『闘技王キングコロッサス』は、セガのARPG。闘技奴隷となった主人公が、運命(さだめ)に立ち向かい、未来を切り開いていく姿は圧巻です。何気にモテモテの主人公に嫉妬してしまいそう。

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト