【北陸一の毒婦・球磨子語録】やんちゃすぎる桃井かおり主演『疑惑』
2017年1月25日 更新

【北陸一の毒婦・球磨子語録】やんちゃすぎる桃井かおり主演『疑惑』

1982年公開の映画「疑惑」。原作は松本清張。強烈な個性の持ち主、悪女と言うより悪!の鬼塚球磨子を桃井かおり、美しいがやはりクセのある女弁護士を岩下志麻が演じています。原作を超えた傑作を球磨子の名言と共に振り返ります。

41,913 view

「あんたみたいなのをペン乞食ってゆうのよ」

 (1769142)

秋谷(柄本明) 北陸日報記者。球磨子を完全に犯人だと思...

秋谷(柄本明) 北陸日報記者。球磨子を完全に犯人だと思っている。

via けん
逮捕前、自ら記者会見の場を設けて無実・身の潔白を晴らそうとする球磨子。記者会見で質問をしてきた北陸日報の秋川に対してこう侮辱した。

※ 「ペン乞食」とは、自分の思想や出世欲のためには事実を曲げて伝えるなどする、主に記者へ向けた侮辱の言葉だそうです。

「タチバナサヨコ、サオトメシズコとかだったら、ずいぶん違うんだよな~」

けん (1769133)

via けん
球磨子と佐原の初対面シーン。弁護をすることになった佐原が拘置所の球磨子の所に挨拶をかねて面会に行く。
「(自分の弁護を引き受ける弁護士がいないと知っているのか)弁護士が逃げ回ってるんだって?」何も言わない佐原に、自分の名前がいかにも強そうな(悪そうな?)名前だから犯人扱いされるんじゃないかと言う。

「私だって傷だらけよ!どこの傷がどこに当たってできた傷かあんた全部言えんの?言ってごらん?」

安西教授( 小沢栄太郎) 福太郎の遺体の鑑定をし、遺体...

安西教授( 小沢栄太郎) 福太郎の遺体の鑑定をし、遺体の状態から球磨子が運転、福太郎が助手席に座っていたとする。

via けん
福太郎の両膝の傷跡から、運転していたのは球磨子と証言した安西に対して噛み付く。
※この事件の有罪の決め手は夫婦のどちらが運転していたかとなっていた。球磨子は自分の傷は調べないでおかしい!と激怒。

「あんたも弁護士なんだから、そうゆうとこ聞きなさいよ、頭悪いんじゃないの?」

けん (1769150)

via けん
夫婦の乗った車の車内からスパナと福太郎の左の靴だけが見つかったことをどう思うか安西に尋問する佐原にも噛み付きます!頭悪いんじゃないの?…東大卒の佐原はたぶん生まれて初めて言われた言葉だと思います。

「だって、いー加減なんだもん、コイツ!」

藤原(森田健作) 事故を目撃し、運転していたのは球磨子...

藤原(森田健作) 事故を目撃し、運転していたのは球磨子だったと証言した。

via けん
運転していたのは球磨子だと言う藤原に「ただ有名になりたくて嘘の証言をしに来た」「あんたの証言で私、死刑になるかもしれないのよ?」などと言い裁判長に注意されての一言。

「だって、あんた無一文になったんでしょ?他に何やれることあんのよ?」

けん (1769155)

via けん
福太郎の生前、白河家の親族会議で、財産は一人息子(前妻の子)の宗治に全額渡すことが決定した。そのことを球磨子に話すと、当然ながら怒り狂い、保険に入れと福太郎に詰め寄ります。

「このチンコロがぁ!!」

68 件

思い出を語ろう

     
  • 記事コメント
  • Facebookでコメント
  • コメントはまだありません

    コメントを書く
    ※投稿の受け付けから公開までお時間を頂く場合があります。

あなたにおすすめ

関連する記事こんな記事も人気です♪

【PR】映画「砂の器」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

【PR】映画「砂の器」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

『砂の器』は、1974年公開の日本映画。原作松本清張。監督野村芳太郎、脚本橋本忍、山田洋次。丹波哲郎、加藤剛、森田健作、島田陽子、山口果林らが出演したこの作品を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。
【PR】映画「鬼龍院花子の生涯」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

【PR】映画「鬼龍院花子の生涯」をフルで無料視聴できる動画配信サービスを比較!

『鬼龍院花子の生涯』は1982年公開の日本映画。原作宮尾登美子。監督五社英雄、脚本高田宏治。仲代達矢、夏目雅子、仙道敦子、岩下志麻らが出演したこの作品を無料視聴できる動画配信サービスをご紹介します。
【幸福の黄色いハンカチ】第1回(1978年度)日本アカデミー賞を振り返る!【高倉健】

【幸福の黄色いハンカチ】第1回(1978年度)日本アカデミー賞を振り返る!【高倉健】

1978年と言えば、新東京国際空港(現・成田国際空港)が開港された年。日中平和友好条約が調印されたり、超高層ビル「サンシャイン60」が開館したりした年でもあった。そんな1978年の日本アカデミー賞を振り返ってみよう。
もこ | 548 view
悪霊島(横溝正史・原作)「鵺(ぬえ)の鳴く夜は恐ろしい‥‥」隠された禍々しい過去‥‥

悪霊島(横溝正史・原作)「鵺(ぬえ)の鳴く夜は恐ろしい‥‥」隠された禍々しい過去‥‥

ビートルズの「レット・イット・ビー」がバックに流れ「鵺の鳴く夜は恐ろしい」というキャッチコピーが鮮烈だった映画「悪霊島」は、1981年に公開された横溝正史シリーズのミステリー(角川映画)。二面性がキーワードのようになっており、役者も一人二役を演じるなど、スリリングな展開が見ものでした。またその後、1990年代にはドラマ化もされています。
Yam | 26,681 view
怖い悪女・毒女が印象的な懐かしい映画:岩下志麻主演の『鬼畜』・桃井かおり主演の『疑惑』・『八つ墓村』・『この子の七つのお祝いに』

怖い悪女・毒女が印象的な懐かしい映画:岩下志麻主演の『鬼畜』・桃井かおり主演の『疑惑』・『八つ墓村』・『この子の七つのお祝いに』

松本清張原作の映画『鬼畜』での岩下志麻さんの迫真の演技である鬼嫁の怖さはトラウマレベルでした。また「疑惑」での桃井かおりさんの悪女っぷりも強い印象に残っていますね。『八つ墓村』の小川真由美と『この子の七つのお祝いに』の岸田今日子の怖さも伝説的なトラウマ級レベルですね。
ガンモ | 24,207 view

この記事のキーワード

カテゴリ一覧・年代別に探す

あの頃ナウ あなたの「あの頃」を簡単検索!!「生まれた年」「検索したい年齢」を選択するだけ!
リクエスト